大掛かりになりがちな、車椅子の介護リフォーム

車椅子対応の介護リフォームは、非常に大掛かりになりがちです。

 

そこで活きてくるのがケアマネージャや工務店の経験。

 

車椅子のための介護リフォームするエリアを絞ったり、いっそ済む場所自体を変えてしまったり、知恵を借りてみましょう。

 

車椅子対応のリフォームは大掛かりに

介護リフォームで最も大掛かりなものとは、車椅子でも快適に過ごせる家にすること。

 

リフォームすべき箇所は玄関、建具、廊下、階段、トイレ、風呂、、、。

 

全面的に家をバリアフリーにリフォームすることになるのです。

 

こうなると、とっても介護保険の枠の中では収まりきらないもの。

 

それどころか、お金がいくらあっても足らないということになります。

 

ならば、限られた箇所で車椅子が使えるように集中的に介護リフォームすることになるのです。

 

ここで必要となってくるのが経験。

 

家のどの箇所を車椅子でも使えるようにすればよいか、経験から来るアドバイスが必要となります。

 

頼りになるのがケアマネージャ、そして介護リフォームの数をこなしてきた工務店。

 

介護を受ける人、する人両方をよく理解した人たちのアドバイスが必要になるのです。

 

どのエリアを集中してリフォームするの?

車椅子でも快適な生活がおくれるリフォーム。

 

ならば、まずは生活エリアを決めることが第一です。

 

このエリアは介護を受ける人が自身で車椅子を操作できるのか。

 

それとも、介護者なしでは車椅子を動かせないのか。

 

これで、ずいぶん変わってくるものです。

 

自身で車椅子が操作できるなら、それこそ家中、少なくても1階部分は全面的なリフォームが必要。

 

車椅子生活を送る人の目線を第一にしたリフォームが必要となります。

 

自身で車椅子が操作できないならば、非常に限られた箇所のリフォームでも大丈夫。

 

この場合は、介護者の目線を第一にしたリフォームが必要です。

 

次に大切になってくるのは予算面。

 

当然ながら限られた予算の範囲内で、介護リフォームを提案できる業者が必要。

 

そんな業者をどうやって探すのか?

 

これは、ケアマネージャに相談するのが一番良いでしょう。

 

いっそ、住居自体を変えてしまうとか?

全面的にリフォームが難しいとなると、次に考えることは住居自体を変えること。

 

シニア向けの分譲マンションや、ケア付きの高齢者住宅を選択するということです。

 

これらは最初から車椅子での生活を考慮して間取りも設計されています。

 

もしくは、注文住宅を建てる際に、最初からバリアフリー化、ワンフロア化。

 

これを意識した間取りにすることがおすすめです。

 

後から、高額な費用をかけて全面的に介護リフォームをするぐらいなら、最初からそんな間取りにしておくこと。

 

そんな先を見越さなくても、、、こんな声もありそうです。

 

しかし、バリアフリーの家が快適なのは介護が必要な人だけではありません。

 

特に子どもにとっても過ごしやすいのがバリアフリーの家。

 

車椅子でも快適に過ごせる住居なのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


大掛かりになりがちな、車椅子の介護リフォーム 関連ページ

介護リフォームの助成金をもらうために必要なこと
介護リフォームの補助金を申請すること自体はカンタンなのです
介護リフォームで活躍する人々が持つ資格とは?
介護リフォーム業者選びのポイントは事例を知ること!
施工例だけではわからない、介護リフォーム業者の良し悪し
介護リフォームにかかる費用の相場は低めなのですが、、
アンケートに寄せられた理想を介護リフォームの実際に当てはめると?
介護のためにリフォームで間取り変更は大変!
介護リフォームの基ながら、奥が深い手すりの設置
介護リフォームは医療費控除の対象ではない?
宇都宮市は補助金で介護リフォームの1割を負担してくれる
介護リフォームでエレベータを付けたいけど数百万円もする!
大阪市の介護リフォームに対する助成制度の内容は?
お風呂には介護リフォームの注意点が沢山ありますね!
介護リフォームで、最初に手を付けたい階段
介護リフォームで重要になるのは、やはり会社選び
介護リフォームにかかる価格の概算をご紹介!
介護リフォームで控除を受けるには、確定申告が必要
口コミが一番頼りになる?介護リフォーム
介護リフォームにかかった費用は、所得から控除されます
伸びは期待できるものの、市場自体が小さい介護リフォーム
介護のためのリフォームは申請すれば安くなる!その方法は?
高齢者の介護リフォームに必要となるものは、何か?