友人の親が逝去!香典の金額は?知っておくべき常識をチェック!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:
目次

友人の親が亡くなった場合、香典の金額はいくら包むのが常識的なのでしょうか?

 

年齢、地域性、葬儀の形態(一般葬か家族葬か)、親交の深さによって違いはあるのか、また、あるとしたらどのくらいの違いなのか。

 

イザという時に迷いがちな、友人の親が亡くなった場合の香典の相場金額についてリサーチしました。

 

仲の良い友人の親が亡くなってしまった・・・。

 

そんな時、友人としてすべきことはどんなことなのでしょうか。

 

香典の金額は?

 

こんな時、あなたならどうする?

気づいたらアラフォー!・・・ということは、親だって歳をとるわけです。

 

親しくつきあっていた友人の親がなくなる機会も増えてくるのかもしれません。

 

不謹慎ですが、その場合、友人として自分には何ができるんでしょうか?

 

具体的に一番気になるのは、香典の金額です。

 

⇒ 香典をいくら包むべき?金額の相場はどのくらいなの?

 

また、もしお通夜やお葬式の日程の連絡がきたとしたら、やっぱり出かけるべきなのでしょうか。

 

親しい間柄だけに、こういう時の非常識な行動が後になって二人の友情関係にも少なからず影響を与えるのではないかと思うのですが・・・。

 

通夜に出るべきか、葬儀に出るべきか

ネットなどでいろんな意見を参考にしてみたところ、やはり、わざわざ連絡をくれたのであればお通夜くらいは出席するべきだという声が多かったですね。

 

最近は、家族だけで小規模に、シンプルに葬儀を済ませる「家族葬」も増えており、親族以外の人にはあえて連絡しないというケースも増えているようですが、そういう事情でもないのであればやはり出かけるべきです。

 

「友人の親にはほとんど会ったことないんだけど・・・」という場合でも、友人を慰めるために行くべきだと私も思います。

 

葬儀というのは、一見、故人を見送るための儀式のように思われがちですが、実は遺族を慰めるという意味もあるんですよ。

 

私が逆の立場でも、やっぱり友人には来て欲しいなと思います。

 

きっとショックや葬儀の準備で睡眠も十分に取れていないだろうし、「大変だったね」と言葉をかけてもらえるだけでも少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。(好きなお菓子の一つでも差し入れてしてもらえたらもっと嬉しい)

 

⇒ 仏壇のお供えに菓子を。どんな物を?どんな形式で?

 

ではその場合、香典の金額はいくら包んで持参すれば良いの?

 

香典はいくら包む?

友人の親の場合、香典の金額は3,000円~5,000円というのが一般的な相場です。

 

これは、年齢や地域によっても差がないようですね。

 

ただし、「四」という数字は偶数であることから避けるべしとされていますので、実質的には3,000円か、5,000円かの二択ということになるんでしょうね。

 

どちらを選ぶかは、その友人とのお付き合いの深さや、亡くなった親との親交の深さで応じて決めるということです。

 

⇒ 親交の深さと香典金額の関係。兄嫁の親、香典の金額は?

 

家族葬か、一般葬か、永代供養か・・・ということは、あまり香典の金額には関係ないみたいですね。

 

ただ、もし、自分の親が先に亡くなっていてその友人から香典をもらったのであれば、その金額を目安に考えると良いでしょう。

 

連名で包む場合はどうする

では、例えば「複数人グループの仲良しさんで、そのうちの一人の親が亡くなった」というケースではどうでしょうか。

 

習い事で一緒だったグループや、ママ友のつながりなどをイメージしていただけるとわかりやすいでしょう。

 

親とはほとんど交流がなく顔を合わせたこともないという場合だと、わざわざ個々に香典を包むのもかえって気を遣わせてしまいそうで気が引けます。

 

「それぞれではなく連名で包んだほうがお互いに気がラクだよね、みんなで包もう」という話になった場合はそれぞれいくら出せばよいでしょうか。

 

この場合は、あらかじめ合計の金額を決めておいてそれを人数で割るというのが最もシンプルでわかりやすい方法です。

 

合計金額の目安は「1万円」。

 

香典を募る場合は、まとめ役となる人があらかじめ金額を伝えたうえで、賛同してくれる人からいただくという形にしましょう。

 

ただし、個別に葬儀に出る予定の方がいるならば、その人には個別で香典を用意してもらいましょう。

 

葬儀には会食も含まれますし、出席して欲しいと声がかかっているという時点で他の人とは立場が違います。

 

「他のみんなからの香典を預かってきた」という形で渡す袋と、自分自身の分の香典を入れる袋、合計で2つの包みを持っていくことになります。

 

「一同」で香典を包む場合の金額についてはコチラの記事でも紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

⇒ 一同で包む場合の香典の金額は?知っておくべき作法をチェック!

 

訃報を後日、知った場合は?

また、よくあるのが「友人の親が亡くなったことを後で知った」というパターン。

 

私も何度か経験していますが、おそらくは友人側の「気を遣わせたくない」という配慮なのでしょう。

 

自分が友人の立場だったとしても、親の葬儀に来てもらったり香典をいただくというのはちょっと申し訳ない感じがします。

 

その友人がしょっちゅう実家に遊びに来ていて、私の親とも親交があったというのであればすぐに知らせるでしょうし葬儀にも来てくれたら嬉しいなと思いますが、面識もなかったとなれば話は別です。

 

それでも、日本の古くからのしきたりで、「亡くなったことを知ってしまったからには香典を渡さなければいけない」という“義務感”のようなものが働いてしまいますから、会ったことがあろうがなかろうが出かけていく方が多いのでしょう。

 

そこで、喪主側の気遣いで“わざと”知らせずにいるというケースも多いわけですが、後で知った場合はどう対応するのが好ましいのか。

 

ケース別に見ていきましょう。

 

何か月も経った後、喪中はがきで知った

この場合は、香典は不要です。

 

理想的なのは、手紙で返事を書くこと。

 

「突然のことで驚いた」「今まで知らずにいて申し訳なかった」「何か力になれることがあれば言って欲しい」といった内容でしたためます。

 

亡くなった方と面識があって、何か思い出に残るエピソードがあるのであればその話題も加えてみましょう。(例:お母さんに夕食をごちそうになった時のことを今でもよく思い出します、など)

 

「母(父)のことを覚えていてくれたんだ」と、きっと嬉しくなるはずです。

 

亡くなって数週間の頃に、LINEやメールで連絡がきた

できれば、家を訪問して香典を渡しましょう。

 

葬儀やら片づけやらが終わってひと段落した状態で、改めて母(父)親の不在を痛感して寂しい気持ちになっている時期です。

 

ぜひ、会って励ましの言葉をかけてあげてください。

 

遠方で行くのが難しい場合は、お悔やみの手紙を添えて現金書留で香典を送りましょう。

 

直接連絡がきたわけではなく、人伝てに聞いた

このような場合は、あえて連絡しないほうが良いでしょう。

 

相手はきっと、知られたくないから言わなかったのです。

 

実際に会う機会があって、その時に本人の口からその話題が出たら励ましの言葉をかけてあげましょう。

 

その他、香典に関するマナーについてはこちらのサイトが非常にわかりやすいのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

⇒ 冠婚葬祭マナー&ビジネス知識「香典の相場 友人の親」

 

年齢と共に事情もちょっと変わってくるかも・・・

「友人の親が亡くなった時に包む香典の金額には地域差や年齢差はない」とお伝えしましたが、年齢を重ねてある程度の歳になるとベースとなる金額がUPします。

 

すなわち、20代、30代の前半には「5,000円」包めば良かったものが、40代を超えるとベースが10,000円になるのです。

 

こちらのサイトでも紹介されていますが、年齢が上がればそれに見合った金額を包まなけばいけません。

 

⇒ お坊さん便 「香典はいくらにすべき?関係別の相場を紹介」

 

いやらしい言い方ですが、香典の金額には社会的な立場、責任の重さが反映されているのです。

 

社会から今までいただいてきたものを、今度は自分のほうから還元していく・・・そんなイメージで考えると、20代と40代以上で香典の金額に差が生じてくるのも納得できるのではないでしょうか。 

 

年齢別の香典の相場についてはこちらもわかりやすいですね。

 

⇒ 便利・わかりやすい冠婚葬祭マナー「香典の相場 友人の親」

 

自分に続く後輩たちに良い手本を見せるためにも、ある程度の年齢になったら香典はケチるべきではありません。

 

自分はいつまでも若いつもりでいても、周りはそうは見てくれません。

 

20代から30代、30代から40代、40代から50代・・・と年齢の節目を迎える時には葬儀や法事で包むべき香典の金額も確認し直したほうが良さそうです。

 

【まとめ】相手の立場になって考えることが大事

友人の親の死というのは、会社の上司や取引先など、ビジネスライクなつながりとは違って対応が難しいケースです。

 

ここで紹介した対応のポイントは以下の通り。

 

  • 連絡をいただいたのであれば、かけつけるべし
  • 香典の相場は3000円or5000円
  • 連名で包む場合は、「1万円」をみんなで折半
  • 後で知った場合の対応はケースバイケース
  • 年齢と共に包むべき金額のベースも変わってくる

 

親を亡くすというのは、誰にとってもショックなことです。

 

それがどんな親であったとしても、どんなに親子関係が最悪だったとしても、自分を育ててくれた人には違いないのですから。

 

そんな時、自分だったら友達にどう接してほしいか?どんな言葉をかけてほしいか?

 

自分を相手の立場に重ね合わせて考えてみれば、自ずとどう行動すべきかが見えてくるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

いとこの配偶者、香典の金額はいくらが相場?親交の度合いとの関係性
一同で包む場合の香典の金額は?知っておくべき作法をチェック!
金額は一万円。香典として包むならどんな点に注意すべき?
甥っ子の葬儀に香典金額はいくら包むのがベストなの?
香典に偶数の金額はNG!!ダメな理由とふさわしい額は?
兄嫁の死・・・香典の金額は?兄嫁への感謝を香典の金額で
兄嫁の親、香典の金額は?親交の深さと香典金額の関係
姉の義父が亡くなった!香典の金額で姉に恥をかかせないためには?
姉の夫が亡くなった!香典の金額を左右するポイントを教えて!
大好きな叔父さんが亡くなった場合の香典の相場金額はいくら?
新盆の香典金額はいくらが目安?ナゼまたお金が必要なの!?
金額は決まった!香典袋もヨシ!入れ方はどうするんだっけ・・・!?
香典袋の裏の正しい書き方は?金額はこう書くのがオトナの常識だ!
お客様への香典の金額は、関係性で大きく変わるので注意
弟の嫁の親、微妙な距離感がある場合、香典の金額は?
香典の金額は奇数でと聞きましたが、、、
兄弟の配偶者への香典の金額、その相場は?
勤務先の同僚への香典の金額
49日に欠席する場合の香典の金額相場は?
三回忌には香典の金額だけでなく、欠席を伝える際にも十分な注意を!
法事に欠席する際、気を使うべきは香典の金額だけではない
子供の同級生の親に包む香典の金額は、距離感によって変わる
子供の同級生の急逝、そんな場合の香典の金額とは?
子供の友達の親御さんが亡くなった、香典の金額の相場とは?
社員の家族が亡くなったケースの香典の金額と、ちょっとしたアイデア
先生との付き合いの深さで香典の金額も変わる
生徒に包む香典の金額も相場と常識を大切に
施主は葬儀を仕切る側、香典は必要ない?
祖父の葬儀で香典の金額よりも大切なこと
上司に香典を包む、そんな場合の金額の相場
同僚やその家族への香典の金額相場は5,000円
叔父といっても付き合いは色々、香典の金額は相場だけに頼れない
タブーとされる香典の金額、最低のマナーは抑えましょう
妻の親が亡くなった、そんな場合の香典の金額は?
妻の祖父など、近い親族ほど香典の金額は大きくなる
長男が気にすべきは、香典の金額をいくらにすべきではない
妻の母となると、当然香典の金額は高額に!
取引先へ包む香典の金額は、友人のケースにならうべき
遠い親戚への香典の金額は、相場と経験から考えよう
仲人さんへの香典の金額は、知人のケースとは差をつけて
香典の金額は中袋に、ならばその書き方は?
意外と高額になる、ひ孫が包むべき香典の金額
娘の嫁ぎ先の祖母の香典は、考えうる限り最高の金額で!
娘の嫁ぎ先の親への香典、金額は考えられる限りのものを
婿の親への香典の金額は、どの程度がふさわしいの?
婿の祖父との関係に応じて、香典の金額は決まるもの
元上司など、関係が浅いケースの香典の金額の決め方は?
義理の親への香典は、実家の金額を参考に