遺影の写真は誰が、どんな基準で選べば良いの?美しさより大事にしたいコト

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

弔問に訪れた多くの人の目に触れるものだから、遺影に使う写真は自分らしく、美しく撮れているものを選びたいものです。

 

しかし、遺影の写真を選ぶ時には、自分はもうこの世にいない。

 

ならば、生前にどのように準備を進めておくのが良いのでしょうか?

 

遺影は、死後もずっと残る写真。

 

自分なりに納得のいくものを選びたいと思うのはみなさん共通の希望でしょう。

 

具体的にいつから、どう準備しておけば良いのでしょうか。

 

80代で亡くなったのに花嫁姿

もう何年も前のことですが、親戚のおばあちゃんが亡くなった時に親族で大笑いしたことがありました。

 

その方は80代で亡くなったのですが、遺影の写真がお嫁に来た時の写真だったんです。

 

「もっと最近の写真はなかったの?」

 

という話になったのですが、写真嫌いでほとんど撮ったことがなかったため、まともな写真は結婚した時のものしかなかったとのこと。

 

それを聞いた母は私に、「私の遺影はどうしようかな」「できればこの写真を使ってね」と、数年前に旅行先で撮った写真を手渡されたのですが、ちょっと複雑な気持ちになりました。

 

いずれその時がくることはわかっていますが、そんな写真を用意した次の日に万が一のことがあったら・・・と思うと、「はい、わかったよ」とはとても言えなかったのです。

 

遺影の写真。選ぶ基準は?

母のように事前に準備したい派の方も多いかもしれませんが、実際のところ、遺影の写真を選ぶ基準としてはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

 

「小さなお葬式」のサイトにわかりやすくまとめられていましたのでご紹介します。

 

⇒ 参考:遺影写真の用意のしかた

 

できるだけ最近の写真を選ぶ

私の親戚の例のように、何十年も前の写真しかないとなると弔問に訪れた方も「ん?」と違和感を覚えるでしょう。

 

スマホで撮った写真も使えるということなので、ここ数年の故人との思い出をたどってみましょう。

 

ピントが合っていて、その人が大きく映っている写真を選ぶ

写真嫌いな方だと、探すのはなかなか難しいかもしれません。

 

普段から、あまりかしこまらず自然の流れで写真を撮る習慣をつけておくと良いのではないでしょうか。

 

その人らしい写真を選ぶ

これは結構、難しい基準ですね。

 

何をもってその人らしいと言うかは曖昧なところですが、長年一緒に過ごしてきた家族から見て「ああ!この表情、○○らしいよね」と懐かしく思えるような、そんな写真がベストだということです。

 

自分で選ぶ?それとも誰かに選んでもらう?

最近は、終活の一環で「遺影の写真を撮る」というプランもあるようです。

 

プロのカメラマンに撮ってもらえるのですから、クオリティが高い写真に仕上がるのは間違いないでしょう。

 

本人が納得のいく写真を自分で残しておく。

 

この考え方は、なんとも現代っぽいなあと感じます。

 

しかし、それではちょっと味気ないのではないかとも。

 

自分が亡くなった後、家族たちが「この写真がいいんじゃない?」「ああ、○○に行った時のだ。懐かしいね」「うわー、ママ、めっちゃ若い!」みたいな会話をしながら写真を選んでくれるのもほほえましいです。

 

思い出の写真を探すその時間もまた、一つの供養のカタチかもしれません。

 

そう考えると、自分ですべてを決めてしまうのはかえって遺族たちに失礼な気もしてしまうのです。

 

これはもう個人の価値観の問題ですから選択は自由ですが、遺影の写真選び一つとってみてもいろんな方法があるのだということは覚えておいてくださいね。

 

【まとめ】写真選びも供養のカタチ。選び方は生前に話し合っておくのがベター!

遺影の写真の選び方について見てきました。

 

大事なポイントをまとめます。

 

  • 遺影の写真は自分で選ぶこともできる
  • 最近の写真で、故人が大きく映っているものが理想的
  • 写真選びも、一種の供養のカタチ

 

自分の「勝負顔」が映った写真か、はたまた家族が選んだ「私らしい」写真か。

 

どちらを選ぶかは自由。

 

ですが、どっちにするのか生前に話し合っておくことは大切ですね。

 

遺影を意識するだけで、これからの残りの人生では家族写真が増えていくかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

 

最終更新: 2020年2月21日写真立てのフレーム一つで、そこに映る人や景色の印象はずいぶんと違ったものになります。遺影用として使う写真立てはどのようなものが好ましいのでしょうか。宗教的なルールはあるのかないのか?今回は遺影用の写真立ての選び方について調べてみました。結婚式の写真を入れる場合は、ちょっとゴージャスなデザインの写真立てを選ぶ方も多いことでしょう。遺影も、あまり暗い雰囲気のものではなく...

 
 

最終更新: 2020年2月26日大き過ぎると違和感があり、かといって小さいと顔が見えない。遺影写真のサイズ選びはなかなか難しそうです。初めてのことだとおおさら勝手がわからず戸惑ってしまうものですが、遺影写真のベストなサイズとはどのくらいなのでしょうか。遺影写真は、故人の「人となり」がわかるような雰囲気のものを。選ぶ基準はなんとなくわかっていて「これがいいじゃないか」と候補に挙げられる写真もあったと...

 
 

最終更新: 2020年3月5日大事な家族が亡くなった時、悲しみに浸る余裕もないほど遺族には「決めるべきこと」「やるべきこと」が山積です。遺影写真の準備もその一つ。ですが、「これぞ」と思う写真がない・・・と悩んでしまうケースも少なくないようです。そのような場合は加工して使用することも可能!今回は、遺影写真の加工について、できること・できないこと、料金の目安についてまとめてみました。遺影の写真は、ある...

 
 

最終更新: 2020年3月14日故人の分身と言っても過言ではない遺影写真。葬儀用だと結構大きなサイズの写真が必要になりますが、気になるのはその費用です。どこに頼んで、どんな加工をするかによってその値段はピンキリ。今回は、遺影写真の値段について調べてみました。葬儀に訪れた多くの人が目にする写真だからこそ、遺影写真は美しく加工してあげたい。とはいえ数万円もかかるようだとちょっと考えてしまいますよね。遺...

 
 

最終更新: 2020年3月21日葬儀の席で故人の遺影を目にした時、「あれ?なんか変じゃない?」と違和感を覚えたことはありませんか。それはおそらく、写真の加工がイマイチだったのでしょう。特に多い失敗は、遺影写真の服装です。頭と身体を取ってつけたような感じなってしまうなら、むしろやらないほうがマシ。ですが、そもそも遺影写真の服装に決まりはあるのでしょうか?遺影写真は、不自然な仕上がりになってまで、服装...

 
 

最終更新: 2020年3月29日遺影写真は「故人の分身」とも言える大切なもの。故人の魂がこもっているかも・・・と考えると、「どうやって飾ったら良いの?」と飾り方に悩む方が多いことでしょう。そこでここでは、遺影の飾り方について調べてみました。亡くなった後も故人を近くに感じていられるような飾り方とは?葬儀の中心的な存在と言っても過言ではない、遺影写真。参列者はその写真を見て故人との思い出を偲ぶという側...

 
 

最終更新: 2020年4月6日終活の一環として、生前に遺影写真を用意する方も増えている昨今。京都周辺でも、生前に撮影する方に向けたプランが充実しています。それぞれどんな特徴があるのか?こでは、京都エリアで遺影写真を撮影&加工したい方にオススメのショップを3店ご紹介します。かつては、遺影写真といえば残された遺族たちが「故人らしい写真」を選ぶのが一般的でした。しかし時代は変わり、今は遺影写真にも「主体...