位牌の処分方法それぞれの費用と注意点をチェック!格安業者には要注意?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

両親が亡くなって、仏壇や位牌を引き継ぐことになったとして。

 

その先、あなたはずっと管理していくことができるでしょうか?

 

もし、あなた自身にお子さんがいない、もしくはいても負担をかけたくないということならば思いきって処分するという選択肢もあります。

 

そんな時、どこに依頼すれば良いのか?

 

もはや誰にとっても他人事ではない位牌の処分方法についてご紹介します。

 

位牌には、亡くなった方の魂が宿っているとも言われますし、そう簡単には処分できませんよね。

 

だからといって、自分に「もしも」があれば誰も引き継ぐことができない。

 

ならば、いっそ自分の代で決着をつけちゃいましょう!

 

処分方法① 魂を抜いてお焚き上げする

位牌の処分の仕方としてスタンダードなのは、お寺にお願いして「魂抜き」と「お焚き上げ」をしてもらうことです。

 

簡単に言うと、お坊さんにお経をあげてもらって魂を抜いた後、火で焼いてしまうという方法。

 

魂を抜けば位牌もただの「木の札」ですから、焼いて処分しても祟りなどは基本的にないはずなのでそこは安心して大丈夫です。

 

最近は位牌や仏壇を引き取って処分(供養とお焚き上げ)を代行してくれる業者もありますので、それだけニーズが高いということですよね。

 

お寺とつながりがない方も多いでしょうし、そういった代行サービスがあるのは安心だし便利。

 

費用も1点につき1万円くらい~なので、それで気がかりなことに決着をつけられるのなら安いものではないでしょうか。

 

処分方法② 永代供養に出す

ですが、中にはそのような業者に対して不信感を抱く方もいらっしゃるでしょう。

 

「本当にお寺で供養してくれるの?」「ただゴミとして出すだけなんじゃないの?」と。

 

心配な方は、お寺で永代供養をしてもらうという選択肢もあります。

 

これは、位牌を燃やしてしまうのではなく、お寺や霊園で預かってもらってあなたの代わりに供養をしてもらうという方法です。

 

とはいえそうやってどんどん引き受けていくと膨大な数になりますので、期限が来たらこちらもやはりお焚き上げをして処分することになります。

 

「最大で50年」というところが多いですが、そこまで供養してもらえるだけでもありがたいことですよね。

 

ただし、永代供養は10万円~50万円の費用がかかります。

 

金額的な面だけをみれば、魂抜きをして処分してもらうほうがベターかもしれません。

 

位牌の処分も終活の一つ

完全に処分するにしても永代供養をお願いするにしても、先祖代々の位牌をどうするか?という問題はあなたの次の代の人たちにとっても重要な問題です。

 

終活の一部として位牌の処分を検討する方も多いですが、その場合は必ず家族に相談しましょう。

 

たとえばウチの父は私のことを「仏壇の管理なんてとてもできないズボラな女」と思っているようですが、実際の私はかなり信心深いほう。

 

位牌も仏壇も、引き継げばしっかり管理できる自信はあるのに、父が「お前には無理だから」と勝手に処分してしまったとしたら心外です。

 

もしかしたら、、しばらく口をきかないかも・・・。

 

同じように、あなたのお子さんやお孫さんも、案外、先祖供養を大切にするタイプかもしれません。

 

仏事に関することは、独断ではなく残される家族の意思を確認すべきです。

位牌を処分してもらうにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

突然ですが、位牌ってどうやって処分するかご存知ですか?

 

また、その一連のプロセスにどれだけの費用がかかるか?

 

そういったケースは一生に一度あるかないかのことですから、全く見当もつかないという方も多いはずです。

 

そこで、位牌の処分方法や費用を調べてみました。

 

仏壇の買い替えのタイミングで位牌も新しくしたいとか、自分の終活の一環で仏壇や仏具をまとめて処分したいとか。

 

昨今なら、モダン仏壇への買い替えで位牌も新しくしたいというパターンもあるでしょう。

 

そのような場合、古い位牌の処分にもそれなりに費用がかかりますのでご注意を!

 

そのまま処分すれば0円だけど・・・

位牌は、言ってしまえばただの「木の札」です。

 

極端な話、新聞紙などに包んで燃えるゴミと一緒に出してしまえば、誰も「位牌がある!」とは気づかないでしょう。

 

つまり、費用をかけず0円で処分することもできないわけではないのです。

 

しかし、位牌があるということは、開眼供養をしてそこに故人の魂を入れてあるということ。

 

そんな大事なものを、ゴミと一緒に処分してしまうのはあまりにも失礼ですし、自分の中にずっと「ご先祖様をゴミと一緒に捨ててしまった」というモヤモヤが残るのではないでしょうか。

 

百歩譲って燃えるゴミに出して処分するとしても、せめて魂抜き(閉眼供養)はすべきです。

 

その場合の費用は、一柱10,000円~50,000円。

 

「お布施」という形で渡すことになるため、定価はありません。

 

だいたい30,000円を包んでお渡しする方が多いですが、宗派や地域によって相場は違いますので迷ったら親族やご近所さんに相談してみましょう。

 

お寺とお付き合いがない場合は

例えば、年老いた母親と住んでいたとして。

 

そのお母さまが亡くなった後、遺品の整理をしていたらタンスからご先祖様の位牌が出てきた・・・そんなケースもあるかと思います。

 

菩提寺として親しくお付き合いしているお寺がないと「どこで処分してもらえば良いだろう?」と迷うかもしれませんが、その場合は、お母さまの葬儀を行ったお寺さんに相談してみましょう。

 

「なんだかよくわからないけど、処分すると悪いことが起こるような気がする」というなら、お寺で永代供養の手続きをすることもできます。

 

そうすれば、最大50回忌まで供養を継続してもらえるんですよ。

 

ただし、その場合は50万円を超える費用が発生してしまうので、ちょっと考えたほうが良いかもしれませんね。

 

私だったら、両親や親しかった親族の位牌なら永代供養を選ぶでしょうが、関係が遠すぎて誰だかよくわからない親族の位牌に50万円・・・はちょっとなあと思ってしまいます。

 

魂抜きをしてお炊き上げしてもらうだけでも十分に供養になるので、そのような場合は処分してしまっても良いのではないでしょうか。

 

格安な業者を利用するという選択肢もある

ちなみに、最近は位牌の閉眼供養やお焚き上げを専門でやってくれる業者も登場しています。

 

しかも、その費用が格安!

 

お焚き上げだけなら約2,000円~、しかも郵送で受け付けてもらえるというからビックリな時代ですよね。

 

楽天市場では、「位牌供養・法要 位牌処分サービス」を20,000円で出品している仏具店もあるんですよ。

 

コチラの業者さんでは、住職による供養の様子をビデオ撮影して送ってくれるサービスもあるので、「供養の証」を頂けるという点で安心ですね。

 


位牌供養・法要 位牌処分サービス【位牌ご供養料+位牌処分料】

 

タイムラグはありますが、動画を見ながら手を合わせ、ご先祖様に供養の祈りを捧げることもできます。

 

お寺とのお付き合いが希薄となり、供養のカタチも多様化している現代ではありますが、目に見えないご先祖様の魂を感じる事、その冥福を祈る気持ちは大切にしたいものですね。

格安な位牌処分業者は危険?

「菩提寺がわからない」「お寺とのお付き合いが全くない」という方も多い現代。

 

管理できなくなったり、買い替えたりして位牌を処分する場合、一連の手続きを代行してくれる格安な業者も出てきています。

 

そういった業者を利用して位牌を処分する場合の費用目安や、お願いするにあたっての注意点について確認していきましょう。

 

位牌には亡くなった方の魂が宿っています。

 

そんな大事なものを、「格安だから」という理由だけでよく知らない他人に任せてしまって大丈夫なのでしょうか?

 

「1柱1,000円~」ってホントなの?

位牌の処分方法について調べていると、「1柱1,000円~で処分します」というように「格安」を謳う専門業者の広告がよく目につきます。

 

本来は、菩提寺にお願いして「閉眼供養→お焚き上げ」という手順で処分するのが伝統的なやり方ですが、最近はお寺と全くお付き合いがない方も多いので、こういった専門業者のニーズが高まっているんですね。

 

例えば「涙そうそう」という業者は、公式サイトで「お焚き上げ2,000円~」「閉眼供養2.5万円~」と記しています。

 

他社も同じような感じですが、中には全てひっくるめて1万円くらいでやってくれる業者もあるようですよ。

 

この手の「格安」を謳う業者は、「位牌を送ってくれればあとは処分しておきますよ」と謳っているところが多いのですが、正直、ちょっと不安じゃありませんか!?

 

顔も知らない相手に、ご先祖様の分身ともいえる位牌を軽々しく渡してしまって大丈夫なのでしょうか・・・。

 

格安業者を利用する場合はココをチェック!

いくら格安でも、位牌は特別なものですから金額だけにつられてほいほい渡す方って少ないんじゃないでしょうか?

 

処分業者側もそこはよくわかっているので、なんとか信用して任せてもらえるようにと工夫しているようです。

 

たとえば、こんなサービスがある処分業者は信用して大丈夫でしょう。

 

お寺の情報を開示している

「涙そうそう」さんでは、エリア別に提携しているお寺名を公表しています。

 

何か証明になるものを発行してくれる

「仏壇処分のクマダ」さんは「供養証明書」を、「涙そうそう」さんは「お預かり証&お焚き上げ証」を発行・送付しています。

 

供養の様子を記録して見せてくれる

楽天市場で人気の仏具店「仏縁堂」さんでは、供養の様子を動画で撮影。

 

メールで送られてくるアドレスからその様子を確認できるシステムになっているんです!

 

公式サイト上で法律について触れられている

「仏縁堂」さんでは、供養が終わったら「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「悪臭防止法」を順守して処分しますという旨が記されています。

 

細かい部分ですが、法律を守って処分してくれる業者なのかどうかも気になりますからね!

 

供養の形態もチェックしておこう

でも、なぜ格安業者は位牌をそこまで安く処分できるのか?って不思議に思いませんか?

 

正規のルートでお寺に依頼すればお布施として数万円かかる法要を、わずか数千円でやってもらえる・・・って、なんだか怪しい!?

 

その理由は、供養の形態にあります。

 

格安業者の場合、一柱ずつ個別に供養するのではなく複数の位牌を合わせて「合同供養」という形で処分するんです。

 

一定数の位牌が集まったら提携しているお寺でまとめて供養するという感じになるので、通常よりもお安くできるというわけ。

 

「ご先祖様の魂が入っていた大事なものだから、他の家のものと一緒に処分するのはちょっとなあ」と抵抗を感じる方もるでしょうし、そこは事前に確認しておく必要がありますね。

 

このように、「格安」といっても悪いことをしている業者ばかりではありません。

 

事前に口コミなどもリサーチして、100%信用できると思った業者を選べば安心しておまかせできるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


 

位牌には、亡くなった方の魂が宿っています。ですから、管理できなくなった位牌を処分するには、しかるべき儀式が必要。「お焚き上げ」もその一部ですが、気になるのはその費用。言ってしまえば「木の札を焼いてもらうだけ」なのですが、お焚き上げには数万円の費用がかかるってホントなんでしょうか?位牌には、もともと「開眼供養」を通じて亡くなった方の魂が入れられています。ですから、そのまま焼いて処分するというのは絶対...

 
 

亡くなった方とつながるための「アンテナ」のような役割を果たすと言われている位牌。どこのお宅に行っても当たり前のように仏壇に収められていますので、黙っていてもお寺さんが用意してくれるものだと思っている方も多いのでは?しかし、実際には位牌は自分で手配しなければいけません。では、それはいつまでに?どうやって手に入れるものなのでしょうか。すぐ近くにお節介おばさんの一人でもいれば助かりますが、そうでなければ...

 
 

マンション暮らしで、おしゃれなリビングに仏壇を置く方も多くなった昨今。位牌の世界にもちょっとした変化が起こっているようです。そもそも、「位牌はこうでなければいけない」というルールはあるのでしょうか。まずはその意味について考えてみましょう。併せて、ネット通販で人気のおしゃれ仏具もチェック!位牌というと、よく見る「黒塗りに金縁」のアレをイメージする方が多いことでしょう。でも、知ってましたか?最近の位牌...

 
 

位牌の魂入れや魂抜きをするには、お坊さんに読経をしてもらう必要があります。そこで渡すべきは「お布施」ですが具体的にどのくらいの金額だったら失礼にならないのでしょうか。位牌にまつわるお布施の疑問あれこれを一緒に解決していきましょう。「魂抜き ○○○〇円」という具合にメニュー化されているとわかりやすいのですが、たいていのお寺はそんな風にオープンにはされていません。みなさんは一体、どのくらいの金額を支払...

 
 

「サイズ感」は位牌選びで注意したいポイントの一つ。仏壇に対してあまりに大き過ぎても、逆に小さ過ぎてもちぐはぐな印象になってしまうでしょう。では、仏壇×位牌のサイズバランスはどのくらいがちょうど良いのでしょうか。選び方のコツをまとめてみました。最近はマンションのリビングに置くオシャレな仏壇が人気です。従来のお仏壇とは違ってサイズもコンパクト。となれば、位牌や仏具だってミニサイズ化しているはず?何事も...

 
 

アパートやマンション暮らしの方も増えた昨今、仏壇専用のいわゆる「仏間」のあるお宅は少なくなりました。そこで、リビングにコンパクトな仏壇を置きそこに位牌を安置するご家庭も増えています。仏壇そのものの捉え方も変わる昨今、なんともビックリなくらいにオシャレな位牌も登場!今回はリビングにピッタリなオシャレ位牌を探してみました。北欧インテリアのおっされ~なリビングに、古めかしい黒塗りの仏壇。・・・ってちぐは...

 
 

位牌とは、亡くなった方の戒名や没年月日が書かれている木の札のようなもの。改めて考えてみると、「なぜ必要なのか?」って疑問に思いませんか。位牌にはどんな意味が込められているのか。歴史を紐解くことでその意味を考えてみましょう。仏壇と位牌はセットのようなもの。ものによっては数万円、数十万円することもありますが、ただの木の札がなぜそんなに高価なのでしょうか。位牌はなぜ作られるようになったの?位牌は、一見た...

 
 

引っ越しで悩みどころなのは、仏壇や位牌の移動。普通の家具のように扱ってよいのか、はたまたなにか手続きが必要なのか。そのまま移動してしまった場合、祟りなどはあり得るのか!?今回は、引っ越し前に押さえておきたい仏壇&位牌のルールについて見ていきましょう。位牌には亡くなった方の魂が宿っていると考えられています。そんな大事なものを、ソファーやタンスと同じようにトラックに載せて移動させてしまっても大丈夫なの...

 
 

法要や引っ越しで位牌を別の場所に持っていかなければならない状況。初めてだと、「運び方がわからない!」と戸惑うかもしれません。故人の魂が宿っているものですから、乱暴に扱うのは絶対NG!でも、具体的にどう運べば無礼にならないのか。意外と知らない位牌の運び方についてまとめてみました。仏壇の心臓部ともいえる位牌。テキトーな運び方をしたら、夢にご先祖様が出てきそうでちょっと怖い・・・?お怒りを受けないために...

 
 

婚姻率・離婚率ともに高いことで知られる沖縄県。それと関連しているのか、位牌に関して奇妙なしきたりがあることも有名なんです。時代と共に変わりつつある沖縄の仏事、そして本土の人間から見るとビックリな位牌にまつわるルールについて見ていきましょう。人が亡くなったら供養する。それは本土でも沖縄でも同じことです。が、沖縄の供養の方法はちょっと独特過ぎる!?沖縄で「位牌」は特別なもの位牌は、沖縄では「トートーメ...

 
 

位牌はお寺から自動的にもらえるものではなく、遺族が用意しなければならないものです。意外にもネット通販でも普通に購入できますが、気になるのはその価格。経験がないと見当がつきませんが、位牌の価格相場とはどのくらいなのでしょうか?実際に通販サイトをチェックして、価格の相場感をつかんでみましょう。位牌をネット通販で購入する・・・ってなんだか罰当たりな感じもするような?ですが、仏具店で購入するよりも気の利い...

 
 

ご親族の家の仏壇で、引き出しに何か冊子のようなものがしまい込まれているのをご覧になったことはありませんか?あれが、いわゆる過去帳。一体、中にはどのようなことが書かれているのでしょうか。今回は、実は位牌との共通点も多い「過去帳」に関するあれこれをまとめてみました。私たちに両親がいるように、その両親にも両親がいて、さらにその両親にも・・・。と、自分のルーツをさかのぼっていくと、生かされていることへの感...

 
 

位牌に刻まれている「戒名」を見て、「はて?これって一体どういう意味があるんだろう?」と不思議に思ったことはありませんか。なぜ、人が亡くなると戒名がつけられるのでしょうか。そのお値段は?位牌に刻む際にかかる費用はおいくらほど?今回は、なかなか人には聞けないお値段あれこれについて調べてみました。人は亡くなると新たな名前を与えられます。それも、生まれた時のように“タダで”とはいかないようで!?一体、なぜ...

 
 

アノ世に旅立つためには、「戒名」という新しい名前が必要。これをいただくことによって、「仏様の弟子になります」という証になるのですが、戒名をいただくのは無料というわけにはいきません。数万円のお布施が必要になるため「戒名なし」を選択する方もいらっしゃるようですが、その場合の位牌はどんな感じになるのでしょうか。戒名なしの位牌の作り方について調べてみました。一般的に、位牌には故人の没年月日や戒名が刻まれて...

 
 

位牌について検索していくと、関連ワードとして「遺灰」というキーワードが出てくることがあります。読み方は同じですが、遺灰とは一体どのようなものなのか?その意味や扱い方、位牌との関係について調べてみました。海洋散骨などいわゆる「自然葬」が人気の昨今。「遺灰」という言葉もよく耳にするようになりました。「灰」というからには、何かを燃やして残るものなのでしょうが、その“何か”って一体ナニ?どちらも「イハイ」...

 
 

位牌は、仏壇の心臓部とも言えるもの。見た目はただの木の札のように見えますが、実はそこにはご先祖様の魂が宿っていると考えられているのです。しかし、木札を位牌にするためには「開眼供養」という特別な法要が必須。今回は、開眼供養のプロセスと費用についてまとめてみました。葬儀の際には白い位牌だったのに、四十九日法要では黒いものに変わっている。そこに気づいたアナタは鋭い!位牌には仮のものと正式なものがあり、故...

 
 

ネット通販でも位牌が手に入る時代。いわゆる「格安」と言われるのはどのくらいのお値段なのでしょうか。また、格安な位牌を購入することに何か問題はあったりしないのか?通販サイトで人気の商品も併せてチェックしていきましょう。なんでもかんでもネット通販がお安く便利な時代。位牌だって通販で簡単に発注できちゃいますが、それってなんだか罰当たり?ネットの格安位牌だって問題ありません古い世代の方だと、「ご先祖様の供...

 
 

親が亡くなって、初めて位牌を管理することになった。もしくは、先祖代々の位牌を引き継ぐことになった。・・・そのような場合、どこで・どう管理するのが正解なのか?なにか欠かせないメンテナンスのようなものはあるのでしょうか。位牌は、ご先祖さまの魂が宿るという特別なもの。仏壇の中で最も大切に扱うべきものですから、準備もなくいきなり引き継いだら戸惑って当然です。まずは基本的な管理方法を確認しておきましょう。基...

 
 

自分の結婚式に出るのを楽しみにしていたおばあちゃんが、式を目前にして亡くなってしまった。そんな場合、せめて位牌だけでも式に参列させてあげたいと思ったりするんじゃないでしょうか。しかし、結婚式に位牌を持ち込むのはルールとしてアリなのか、それともNG?位牌は、亡くなった方の魂が宿っているもの。いわばその方の分身のようなものですから、結婚式にもぜひとも出席させてあげたい!その想いは叶うのでしょうか。結婚...

 
 

和風の木造建築が少なくなり、鉄骨系のモダンな住宅が人気の昨今。いわゆる「仏間」のある家は少なくなり、リビングに仏壇を置く家庭が増えています。そんな変化に伴って仏壇のデザインも進化!「現代仏壇」というモダンなデザインのものが増え、そこに安置する位牌のスタイルも変化しているんですよ。でも現代仏壇×位牌ってどんな感じなのでしょうか?現代仏壇とは、いわゆるモダン仏壇と呼ばれるもの。モダンって、今までの仏壇...

 
 

なんでもかんでも「国産がいい」と言われた時代は今は昔。昨今では、国産か海外産かの見分けがつかない商品も多くなっています。ですが、位牌はやはり今でも国産品が根強い人気のよう。ネット通販のランキング上位も、国産品が占める傾向があるようです。なぜ、位牌は海外製ではダメなんでしょうか?年配の方だと、「海外製の位牌なんて・・・」と嫌う方が多いのも納得できます。ですが、グローバル化した今の時代にあってはかつて...

 
 

位牌はただの木の札なのに、そこはかとない存在感や“畏れ”のようなものを感じさせますよね。それはそこに、故人の魂が宿っているから。まさに「先祖の分身」とも言われる所以ですが、最初からそこに魂が宿っていたわけではありません。魂入れという儀式を経て正式な位牌となるのですが、その「魂入れ」とはどのような儀式なのでしょうか。位牌は、亡くなった方と通じるためのアンテナのようなものとも言われています。しかし、世...

 
 

「新しいものに買い替えるから、古いものはゴミ袋に入れてポイッ」・・・とはいかないのが、位牌の難しいところ。位牌には亡くなった方の魂が宿っていると言われていますし、死者と交信するために必要不可欠なものとも。処分するには、「魂抜き」という法要が必要になりますが、その費用は?魂抜きの意味や費用の相場について調べてみました。ルールがあるようでいて、それほど厳密ではない仏事の世界。最もわからないのはお金に関...

 
 

一般的に、四十九日法要と位牌の開眼供養(魂入れ)を兼ねて行うケースが多いようです。ということは、遅くとも四十九日までには本位牌が手元に届くように発注しなければいけないということですよね。作成期間から逆算すると、発注はいつまでに済ませるべき?まずは作成時間を確認しておきましょう。どんな物でも、注文するときには納品日を確認しますよね。それは位牌も例外ではありません。実店舗で注文するにしてもネット通販を...

 
 

葬儀の祭壇では白かった位牌が、いつ間にか黒に変わっている。一体、いつの間に?・・・誰か親しい人の死に際してそんな疑問を抱いたことはありませんか。祭壇に安置されている位牌は、どんなプロセスを経て黒になるのか。意外と知らない位牌のあれこれをおさらいしておきましょう。位牌といえば「黒」というイメージが強いかもしれません。職人の“塗り”が施された外観は非常に美しく、一つの工芸品としても親しまれていますよね...

 
 

日本人の好きな花ランキングでは常に1位に輝く桜。位牌でも、国産の桜を使った品は圧倒的な人気を誇ります。桜を使った位牌には具体的にどんな魅力があるのか、他の樹種を使ったものとどう違うのか。人気の位牌を参考に、その魅力にフォーカスしてみましょう。ほんのりピンクで優しい雰囲気を持つ桜材。位牌にこの樹種を用いたなら、包み込むような優しさで悲しみも静かに癒えていくことでしょう。桜材の魅力とは?桜は、日本の国...

 
 

四十九日は、一つの大事な区切り。亡くなった方がいよいよアノ世へと旅立つ日ですから、遺族にとっては特別な意味を持つ日です。この四十九日以降、位牌の形態も変わるということをご存知でしょうか。このタイミングに合わせて位牌の開眼供養を行うケースが多く、四十九日以降は「本位牌」に置き換えることになるのです。お葬式の時、祭壇に安置される位牌の色が何色か思い出せますか?実はアレは“仮”の位牌。葬儀の後、四十九日...

 
 

全ての子供がオトナになれる世界が理想ですが、実際は持って生まれた運命ゆえに数年で幕を閉じてしまう人生もあります。親としては、仏壇を見る度にやりきれない想いに胸が苦しくなることでしょう。せめて、位牌だけでも心安まるようなデザインのものを。ここでは子供用の位牌について調べてみました。位牌は、亡くなった子供の分身のようなもの。その子を抱くように、そっと手の平に包んで存在を確かめられるようなコンパクトな物...

 
 

仏壇や位牌について調べてみると、素材にはいろんな種類があることがわかります。よく目にするのは「紫檀」という素材。どこで採れる、どんな木なのでしょうか。また、ナゼ仏壇や位牌によく使われているのか。今回は、意外と知らない紫檀の特性について注目してみます。時代を超えて永く受け継がれていくものですから、位牌の素材はどんな樹種でも良いというわけではありません。耐久性はもちろんのこと、飽きのこないデザインであ...

 
 

故人の思い出に浸りたい時、何かを相談したい時。そっと位牌を掌に収めてその存在を感じられる。そんな“手元供養”が人気を集めています。手のひらサイズのコンパクトなミニ位牌のバリエーションも充実していますが、写真付きだったら故人の存在をさらに近くに感じることができるでしょう。写真付きの位牌にはどんな種類があるのでしょうか?伝統的な位牌は、黒塗りの木の札に没年月日や戒名が刻まれているだけのそっけないもの。...

 
 

あまりに古すぎる位牌を処分して新しいものをお迎えしたい。または、終活の一環で位牌をどうにかしたい。そんな場合、古い位牌はどのようにして処分すべきなのでしょうか。その捨て方や処分方法については意外と知られていないもの。ご先祖様に失礼にならない正しい捨て方について見ていきましょう。位牌は、故人の魂が宿るという特別なもの。それをそのままゴミに捨てるなんてもっての他です。じゃあ、どうやって処分すれば良いの...

 
 

「位牌」とひとまとめにしていますが、比較してみるといろんな種類があります。それぞれどう使い分けられているのでしょうか。形、素材、色・・・あれこれ種類を比較していく中で、どんな位牌を選ぶのが良いのかきっと答えが見つかるはずです。位牌といえば黒くて、金の縁取りがしてあって、なにやら台座みたいなものがあって・・・?そのイメージは、もしかしたらすでに古いかもしれません。カタチ様々!位牌も進化しています。お...

 
 

ペットを我が子のように可愛がる方も増えています。唯一無二の存在だからこそ、最期を迎えた後はしっかり供養してあげたい。ということで位牌や仏壇を用意する方も多く、通販でもラインナップが豊富!まるでインテリア小物のようにも思える、オシャレなペット位牌をセレクトしてみました。ツライ時、悲しい時、嬉しい時。いつも近くにいてくれた家族だからこそ、亡くなった後もその存在を近くに感じていたい。ペットの位牌が通販で...

 
 

自分が生んだ子供のように、もしかしたらそれ以上に愛情を注ぎ、誰よりも自分の味方でいてくれたペット。法律的には「物」扱いなのだとしても、亡くなったらきちんと供養してあげたいですよね。そこで今回は、ペット用のオススメの通販アイテムをピックアップ!人間と違って宗派などの制限がない分だけ、デザイン重視でかわいい位牌を選べるのはペット用ならではの楽しみです。ずっと近くにいてくれたペット。人によっては、(人間...

 
 

曹洞宗に真言宗、浄土宗、日蓮宗と、同じ仏教といえども宗派は様々。では、その違いは位牌にどう表れているのか?パッと見てわかる違いはあるのかないのか。意外と知らない、位牌×宗派の関係について調べてみました。位牌を買う時、デザインやサイズに加えて注意すべきは宗派の違い。必ず「宗派は?」と聞かれるようですが、その理由とは?宗派色々。位牌はどうなる?宗派が違っても位牌のスタイルは基本的には同じで良いのだとか...

 
 

形あるもの、いつかは壊れますし古びていきます。それは位牌も同じこと。どんなに大切に扱っていても、修理が必要なることはあるでしょう。では、それは具体的にどんなシチュエーションなのか?位牌が壊れる(かもしれない)状況や、修理の方法、かかる費用の目安についてまとめました。大切にしていたつもりでもある日、気づいたら壊れていた。そういうことってよくありますよね。あまり触れる機会のない仏具だって、それは同じ・...

 
 

「仏教」といっても実は宗派がいろいろあり、教えや供養のしきたりは少しずつ違っています。ここで注目したいのは、仏教の中でもメジャーな浄土真宗。「浄土真宗は位牌が要らない」という説がありますが、それって本当なのでしょうか?また、位牌が不要な理由とは?大本の開祖は同じでも、そこから分岐していって教えの違いが時に争いの種になったりもする。それが宗教のちょっぴり怖いところですが、実は仏教にも「宗派」があるの...

 
 

仏教がお釈迦様を開祖として敬うのに対して、神道にはいわゆる「開祖」はいません。亡くなった人や動物を“神”として崇める感じなので、亡くなった後の儀式も仏教とは違っていて、位牌の形状や取扱いも独特。ここでは、神道ならではの位牌のルールに注目してみました。人は死んだらどうなるのか。宗教の違いを理解するには、そこにフォーカスするとわかりやすいかもしれません。亡くなった方は“何”になるの?みなさんおなじみの...

 
 

位牌=死後に作るものというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、実は生前に作ってしまう方も少なくありません。生前に位牌を作るという行為にはどんな意味があって、またどんな種類のものを選ぶのがベストなのでしょうか。生前に位牌を作るなんて、 なんだか縁起が悪いんじゃない?・・・仏教の知識ゼロの私などはそんな風に思ってしまうのですが、実際はそんなことはありません。むしろ、その方が“徳”が高くなるって...

 
 

「位牌」といっても、多種多様。ネットの通販サイトを見ても、あまりにも種類があり過ぎて選べない!という方も多いことでしょう。供養の在り方が多様化している昨今は特にその傾向が強まっているようですが、使われている素材はどんな樹種なのでしょうか。ここでは、位牌の代表的な素材についてまとめていきます。モダン仏壇が人気を集めるようになり、そこに安置する仏具のデザイン性もグッと進化しています。位牌も、そのうちの...

 
 

位牌は、基本的には「仏壇に置きっぱなし」という形になりがち。当然、ホコリも溜まります。自慢の美しさを長く維持するためには日頃のお掃除やメンテナンスが大事ですが、掃除の仕方によっては位牌を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。特殊な木材を使っていたり、高価な塗や金箔が施されてあったり。位牌は、普通の家具とは異なる性質をもった非常にデリケートなもの。お掃除の仕方も、家具と同じじゃダメです!素材の特...

 
 

位牌って、ものによってはものすごく高そうだけど相場はどのくらいなの?・・・と興味津々な方も多いはず。まずはランキングサイトで売れ筋商品をチェックしてみましょう。どんな位牌がどのくらいの価格で、どれだけ人気なのか。そこから、じわりと相場感がつかめてくるはずです。「位牌って葬儀屋さんが手配してくれるものだと思ってた。だから、自分たちで選ぶとなってちょっと戸惑ったし、四十九日に間に合うかどうか冷や冷やし...

 
 

位牌=「何万円もする超・高価なもの」「定価があるようでいて、ない世界。全てはお坊さんの匙加減」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし、位牌は普通の商品のように通販で入手できます。しかも、激安品もアリ!今回はみんな大好きネット通販で見つけた激安位牌をピックアップしてみました。漆塗りの本格的なものだと十万円超えも珍しくない、位牌の世界。伝統工芸品の一つでもあるので、どうしても「高い」と...

 
 

位牌について検索していると、「白木」というキーワードによく出会います。これは、いわゆる「位牌」とどう違うのか?白木というからには、よく見る黒いタイプのものとは違っているの?意外と知らない位牌の種類や仏教的なしきたりについて調べてみました。位牌といえば、仏壇の中心にあって、黒くて、何か文字が書いてあるアレ?・・・と、いわゆる「本位牌」をイメージする方が多いでしょう。しかし、実は葬儀の時に祭壇に置かれ...

 
 

位牌は、四十九日を境に「白木→本位牌」に魂を遷し替えるのが一般的。ですが、金銭的、もしくはその他なんらかの事情で本位牌を手配できないケースもあるかもしれませんよね。その場合、白木のままにしておいても問題ないのでしょうか?ここでは、白木のままにしておくことの是非について考えてみました。“仮”とはいえ、白木の位牌だって見た目は立派。必要な事項(戒名や享年など)は記載されているわけだし、ずっと白木のまま...

 
 

一般的に、位牌は「一人一基」で用意するもの。ですが、最近は夫婦連名の「夫婦位牌(めおといはい)」を選ぶ方も多いようです。これは一体どんなもので、いつ・どのタイミングで作るものなのか?夫婦連名の位牌を作る場合に知っておきたいルールをまとめてみました。「一緒のお墓に入ろう」ひと昔(ふた昔くらい?)のドラマのプロポーズでよくあった言葉ですが、「一緒の位牌に入ろう」なんて聞いたことないような?夫婦連名の位...

 
 

仏壇って、こまごまとしたものが所狭しと並べられているイメージ!あの並べ方はテキトーで良いんでしょうか?いえいえ、実はちゃんとしたルールがあります。では位牌はどのあたりに安置されているのか。位牌その他の並べ方をおさらいすることは仏壇の意味を再確認することにもつながっているのです。そもそも、仏壇とは何なのか。その意味を知ることで、位牌をどこに置くべきかがわかってくるかもしれませんよ。仏壇の主役は誰?誰...