位牌の処分方法それぞれの費用と注意点をチェック!格安業者には要注意?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

両親が亡くなって、仏壇や位牌を引き継ぐことになったとして。

 

その先、あなたはずっと管理していくことができるでしょうか?

 

もし、あなた自身にお子さんがいない、もしくはいても負担をかけたくないということならば思いきって処分するという選択肢もあります。

 

そんな時、どこに依頼すれば良いのか?

 

もはや誰にとっても他人事ではない位牌の処分方法についてご紹介します。

 

位牌には、亡くなった方の魂が宿っているとも言われますし、そう簡単には処分できませんよね。

 

だからといって、自分に「もしも」があれば誰も引き継ぐことができない。

 

ならば、いっそ自分の代で決着をつけちゃいましょう!

 

処分方法① 魂を抜いてお焚き上げする

位牌の処分の仕方としてスタンダードなのは、お寺にお願いして「魂抜き」と「お焚き上げ」をしてもらうことです。

 

簡単に言うと、お坊さんにお経をあげてもらって魂を抜いた後、火で焼いてしまうという方法。

 

魂を抜けば位牌もただの「木の札」ですから、焼いて処分しても祟りなどは基本的にないはずなのでそこは安心して大丈夫です。

 

最近は位牌や仏壇を引き取って処分(供養とお焚き上げ)を代行してくれる業者もありますので、それだけニーズが高いということですよね。

 

お寺とつながりがない方も多いでしょうし、そういった代行サービスがあるのは安心だし便利。

 

費用も1点につき1万円くらい~なので、それで気がかりなことに決着をつけられるのなら安いものではないでしょうか。

 

処分方法② 永代供養に出す

ですが、中にはそのような業者に対して不信感を抱く方もいらっしゃるでしょう。

 

「本当にお寺で供養してくれるの?」「ただゴミとして出すだけなんじゃないの?」と。

 

心配な方は、お寺で永代供養をしてもらうという選択肢もあります。

 

これは、位牌を燃やしてしまうのではなく、お寺や霊園で預かってもらってあなたの代わりに供養をしてもらうという方法です。

 

とはいえそうやってどんどん引き受けていくと膨大な数になりますので、期限が来たらこちらもやはりお焚き上げをして処分することになります。

 

「最大で50年」というところが多いですが、そこまで供養してもらえるだけでもありがたいことですよね。

 

ただし、永代供養は10万円~50万円の費用がかかります。

 

金額的な面だけをみれば、魂抜きをして処分してもらうほうがベターかもしれません。

 

位牌の処分も終活の一つ

完全に処分するにしても永代供養をお願いするにしても、先祖代々の位牌をどうするか?という問題はあなたの次の代の人たちにとっても重要な問題です。

 

終活の一部として位牌の処分を検討する方も多いですが、その場合は必ず家族に相談しましょう。

 

たとえばウチの父は私のことを「仏壇の管理なんてとてもできないズボラな女」と思っているようですが、実際の私はかなり信心深いほう。

 

位牌も仏壇も、引き継げばしっかり管理できる自信はあるのに、父が「お前には無理だから」と勝手に処分してしまったとしたら心外です。

 

もしかしたら、、しばらく口をきかないかも・・・。

 

同じように、あなたのお子さんやお孫さんも、案外、先祖供養を大切にするタイプかもしれません。

 

仏事に関することは、独断ではなく残される家族の意思を確認すべきです。

位牌を処分してもらうにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

突然ですが、位牌ってどうやって処分するかご存知ですか?

 

また、その一連のプロセスにどれだけの費用がかかるか?

 

そういったケースは一生に一度あるかないかのことですから、全く見当もつかないという方も多いはずです。

 

そこで、位牌の処分方法や費用を調べてみました。

 

仏壇の買い替えのタイミングで位牌も新しくしたいとか、自分の終活の一環で仏壇や仏具をまとめて処分したいとか。

 

昨今なら、モダン仏壇への買い替えで位牌も新しくしたいというパターンもあるでしょう。

 

そのような場合、古い位牌の処分にもそれなりに費用がかかりますのでご注意を!

 

そのまま処分すれば0円だけど・・・

位牌は、言ってしまえばただの「木の札」です。

 

極端な話、新聞紙などに包んで燃えるゴミと一緒に出してしまえば、誰も「位牌がある!」とは気づかないでしょう。

 

つまり、費用をかけず0円で処分することもできないわけではないのです。

 

しかし、位牌があるということは、開眼供養をしてそこに故人の魂を入れてあるということ。

 

そんな大事なものを、ゴミと一緒に処分してしまうのはあまりにも失礼ですし、自分の中にずっと「ご先祖様をゴミと一緒に捨ててしまった」というモヤモヤが残るのではないでしょうか。

 

百歩譲って燃えるゴミに出して処分するとしても、せめて魂抜き(閉眼供養)はすべきです。

 

その場合の費用は、一柱10,000円~50,000円。

 

「お布施」という形で渡すことになるため、定価はありません。

 

だいたい30,000円を包んでお渡しする方が多いですが、宗派や地域によって相場は違いますので迷ったら親族やご近所さんに相談してみましょう。

 

お寺とお付き合いがない場合は

例えば、年老いた母親と住んでいたとして。

 

そのお母さまが亡くなった後、遺品の整理をしていたらタンスからご先祖様の位牌が出てきた・・・そんなケースもあるかと思います。

 

菩提寺として親しくお付き合いしているお寺がないと「どこで処分してもらえば良いだろう?」と迷うかもしれませんが、その場合は、お母さまの葬儀を行ったお寺さんに相談してみましょう。

 

「なんだかよくわからないけど、処分すると悪いことが起こるような気がする」というなら、お寺で永代供養の手続きをすることもできます。

 

そうすれば、最大50回忌まで供養を継続してもらえるんですよ。

 

ただし、その場合は50万円を超える費用が発生してしまうので、ちょっと考えたほうが良いかもしれませんね。

 

私だったら、両親や親しかった親族の位牌なら永代供養を選ぶでしょうが、関係が遠すぎて誰だかよくわからない親族の位牌に50万円・・・はちょっとなあと思ってしまいます。

 

魂抜きをしてお炊き上げしてもらうだけでも十分に供養になるので、そのような場合は処分してしまっても良いのではないでしょうか。

 

格安な業者を利用するという選択肢もある

ちなみに、最近は位牌の閉眼供養やお焚き上げを専門でやってくれる業者も登場しています。

 

しかも、その費用が格安!

 

お焚き上げだけなら約2,000円~、しかも郵送で受け付けてもらえるというからビックリな時代ですよね。

 

楽天市場では、「位牌供養・法要 位牌処分サービス」を20,000円で出品している仏具店もあるんですよ。

 

コチラの業者さんでは、住職による供養の様子をビデオ撮影して送ってくれるサービスもあるので、「供養の証」を頂けるという点で安心ですね。

 


位牌供養・法要 位牌処分サービス【位牌ご供養料+位牌処分料】

 

タイムラグはありますが、動画を見ながら手を合わせ、ご先祖様に供養の祈りを捧げることもできます。

 

お寺とのお付き合いが希薄となり、供養のカタチも多様化している現代ではありますが、目に見えないご先祖様の魂を感じる事、その冥福を祈る気持ちは大切にしたいものですね。

格安な位牌処分業者は危険?

「菩提寺がわからない」「お寺とのお付き合いが全くない」という方も多い現代。

 

管理できなくなったり、買い替えたりして位牌を処分する場合、一連の手続きを代行してくれる格安な業者も出てきています。

 

そういった業者を利用して位牌を処分する場合の費用目安や、お願いするにあたっての注意点について確認していきましょう。

 

位牌には亡くなった方の魂が宿っています。

 

そんな大事なものを、「格安だから」という理由だけでよく知らない他人に任せてしまって大丈夫なのでしょうか?

 

「1柱1,000円~」ってホントなの?

位牌の処分方法について調べていると、「1柱1,000円~で処分します」というように「格安」を謳う専門業者の広告がよく目につきます。

 

本来は、菩提寺にお願いして「閉眼供養→お焚き上げ」という手順で処分するのが伝統的なやり方ですが、最近はお寺と全くお付き合いがない方も多いので、こういった専門業者のニーズが高まっているんですね。

 

例えば「涙そうそう」という業者は、公式サイトで「お焚き上げ2,000円~」「閉眼供養2.5万円~」と記しています。

 

他社も同じような感じですが、中には全てひっくるめて1万円くらいでやってくれる業者もあるようですよ。

 

この手の「格安」を謳う業者は、「位牌を送ってくれればあとは処分しておきますよ」と謳っているところが多いのですが、正直、ちょっと不安じゃありませんか!?

 

顔も知らない相手に、ご先祖様の分身ともいえる位牌を軽々しく渡してしまって大丈夫なのでしょうか・・・。

 

格安業者を利用する場合はココをチェック!

いくら格安でも、位牌は特別なものですから金額だけにつられてほいほい渡す方って少ないんじゃないでしょうか?

 

処分業者側もそこはよくわかっているので、なんとか信用して任せてもらえるようにと工夫しているようです。

 

たとえば、こんなサービスがある処分業者は信用して大丈夫でしょう。

 

お寺の情報を開示している

「涙そうそう」さんでは、エリア別に提携しているお寺名を公表しています。

 

何か証明になるものを発行してくれる

「仏壇処分のクマダ」さんは「供養証明書」を、「涙そうそう」さんは「お預かり証&お焚き上げ証」を発行・送付しています。

 

供養の様子を記録して見せてくれる

楽天市場で人気の仏具店「仏縁堂」さんでは、供養の様子を動画で撮影。

 

メールで送られてくるアドレスからその様子を確認できるシステムになっているんです!

 

公式サイト上で法律について触れられている

「仏縁堂」さんでは、供養が終わったら「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「悪臭防止法」を順守して処分しますという旨が記されています。

 

細かい部分ですが、法律を守って処分してくれる業者なのかどうかも気になりますからね!

 

供養の形態もチェックしておこう

でも、なぜ格安業者は位牌をそこまで安く処分できるのか?って不思議に思いませんか?

 

正規のルートでお寺に依頼すればお布施として数万円かかる法要を、わずか数千円でやってもらえる・・・って、なんだか怪しい!?

 

その理由は、供養の形態にあります。

 

格安業者の場合、一柱ずつ個別に供養するのではなく複数の位牌を合わせて「合同供養」という形で処分するんです。

 

一定数の位牌が集まったら提携しているお寺でまとめて供養するという感じになるので、通常よりもお安くできるというわけ。

 

「ご先祖様の魂が入っていた大事なものだから、他の家のものと一緒に処分するのはちょっとなあ」と抵抗を感じる方もるでしょうし、そこは事前に確認しておく必要がありますね。

 

このように、「格安」といっても悪いことをしている業者ばかりではありません。

 

事前に口コミなどもリサーチして、100%信用できると思った業者を選べば安心しておまかせできるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


 

位牌には、亡くなった方の魂が宿っています。ですから、管理できなくなった位牌を処分するには、しかるべき儀式が必要。「お焚き上げ」もその一部ですが、気になるのはその費用。言ってしまえば「木の札を焼いてもらうだけ」なのですが、お焚き上げには数万円の費用がかかるってホントなんでしょうか?位牌には、もともと「開眼供養」を通じて亡くなった方の魂が入れられています。ですから、そのまま焼いて処分するというのは絶対...

 
 

亡くなった方とつながるための「アンテナ」のような役割を果たすと言われている位牌。どこのお宅に行っても当たり前のように仏壇に収められていますので、黙っていてもお寺さんが用意してくれるものだと思っている方も多いのでは?しかし、実際には位牌は自分で手配しなければいけません。では、それはいつまでに?どうやって手に入れるものなのでしょうか。すぐ近くにお節介おばさんの一人でもいれば助かりますが、そうでなければ...

 
 

マンション暮らしで、おしゃれなリビングに仏壇を置く方も多くなった昨今。位牌の世界にもちょっとした変化が起こっているようです。そもそも、「位牌はこうでなければいけない」というルールはあるのでしょうか。まずはその意味について考えてみましょう。併せて、ネット通販で人気のおしゃれ仏具もチェック!位牌というと、よく見る「黒塗りに金縁」のアレをイメージする方が多いことでしょう。でも、知ってましたか?最近の位牌...

 
 

位牌の魂入れや魂抜きをするには、お坊さんに読経をしてもらう必要があります。そこで渡すべきは「お布施」ですが具体的にどのくらいの金額だったら失礼にならないのでしょうか。位牌にまつわるお布施の疑問あれこれを一緒に解決していきましょう。「魂抜き ○○○〇円」という具合にメニュー化されているとわかりやすいのですが、たいていのお寺はそんな風にオープンにはされていません。みなさんは一体、どのくらいの金額を支払...

 
 

「サイズ感」は位牌選びで注意したいポイントの一つ。仏壇に対してあまりに大き過ぎても、逆に小さ過ぎてもちぐはぐな印象になってしまうでしょう。では、仏壇×位牌のサイズバランスはどのくらいがちょうど良いのでしょうか。選び方のコツをまとめてみました。最近はマンションのリビングに置くオシャレな仏壇が人気です。従来のお仏壇とは違ってサイズもコンパクト。となれば、位牌や仏具だってミニサイズ化しているはず?何事も...

 
 

アパートやマンション暮らしの方も増えた昨今、仏壇専用のいわゆる「仏間」のあるお宅は少なくなりました。そこで、リビングにコンパクトな仏壇を置きそこに位牌を安置するご家庭も増えています。仏壇そのものの捉え方も変わる昨今、なんともビックリなくらいにオシャレな位牌も登場!今回はリビングにピッタリなオシャレ位牌を探してみました。北欧インテリアのおっされ~なリビングに、古めかしい黒塗りの仏壇。・・・ってちぐは...

 
 

位牌とは、亡くなった方の戒名や没年月日が書かれている木の札のようなもの。改めて考えてみると、「なぜ必要なのか?」って疑問に思いませんか。位牌にはどんな意味が込められているのか。歴史を紐解くことでその意味を考えてみましょう。仏壇と位牌はセットのようなもの。ものによっては数万円、数十万円することもありますが、ただの木の札がなぜそんなに高価なのでしょうか。位牌はなぜ作られるようになったの?位牌は、一見た...

 
 

引っ越しで悩みどころなのは、仏壇や位牌の移動。普通の家具のように扱ってよいのか、はたまたなにか手続きが必要なのか。そのまま移動してしまった場合、祟りなどはあり得るのか!?今回は、引っ越し前に押さえておきたい仏壇&位牌のルールについて見ていきましょう。位牌には亡くなった方の魂が宿っていると考えられています。そんな大事なものを、ソファーやタンスと同じようにトラックに載せて移動させてしまっても大丈夫なの...

 
 

法要や引っ越しで位牌を別の場所に持っていかなければならない状況。初めてだと、「運び方がわからない!」と戸惑うかもしれません。故人の魂が宿っているものですから、乱暴に扱うのは絶対NG!でも、具体的にどう運べば無礼にならないのか。意外と知らない位牌の運び方についてまとめてみました。仏壇の心臓部ともいえる位牌。テキトーな運び方をしたら、夢にご先祖様が出てきそうでちょっと怖い・・・?お怒りを受けないために...

 
 

婚姻率・離婚率ともに高いことで知られる沖縄県。それと関連しているのか、位牌に関して奇妙なしきたりがあることも有名なんです。時代と共に変わりつつある沖縄の仏事、そして本土の人間から見るとビックリな位牌にまつわるルールについて見ていきましょう。人が亡くなったら供養する。それは本土でも沖縄でも同じことです。が、沖縄の供養の方法はちょっと独特過ぎる!?沖縄で「位牌」は特別なもの位牌は、沖縄では「トートーメ...

 
 

位牌はお寺から自動的にもらえるものではなく、遺族が用意しなければならないものです。意外にもネット通販でも普通に購入できますが、気になるのはその価格。経験がないと見当がつきませんが、位牌の価格相場とはどのくらいなのでしょうか?実際に通販サイトをチェックして、価格の相場感をつかんでみましょう。位牌をネット通販で購入する・・・ってなんだか罰当たりな感じもするような?ですが、仏具店で購入するよりも気の利い...

 
 

ご親族の家の仏壇で、引き出しに何か冊子のようなものがしまい込まれているのをご覧になったことはありませんか?あれが、いわゆる過去帳。一体、中にはどのようなことが書かれているのでしょうか。今回は、実は位牌との共通点も多い「過去帳」に関するあれこれをまとめてみました。私たちに両親がいるように、その両親にも両親がいて、さらにその両親にも・・・。と、自分のルーツをさかのぼっていくと、生かされていることへの感...

 
 

位牌に刻まれている「戒名」を見て、「はて?これって一体どういう意味があるんだろう?」と不思議に思ったことはありませんか。なぜ、人が亡くなると戒名がつけられるのでしょうか。そのお値段は?位牌に刻む際にかかる費用はおいくらほど?今回は、なかなか人には聞けないお値段あれこれについて調べてみました。人は亡くなると新たな名前を与えられます。それも、生まれた時のように“タダで”とはいかないようで!?一体、なぜ...

 
 

アノ世に旅立つためには、「戒名」という新しい名前が必要。これをいただくことによって、「仏様の弟子になります」という証になるのですが、戒名をいただくのは無料というわけにはいきません。数万円のお布施が必要になるため「戒名なし」を選択する方もいらっしゃるようですが、その場合の位牌はどんな感じになるのでしょうか。戒名なしの位牌の作り方について調べてみました。一般的に、位牌には故人の没年月日や戒名が刻まれて...

 
 

位牌について検索していくと、関連ワードとして「遺灰」というキーワードが出てくることがあります。読み方は同じですが、遺灰とは一体どのようなものなのか?その意味や扱い方、位牌との関係について調べてみました。海洋散骨などいわゆる「自然葬」が人気の昨今。「遺灰」という言葉もよく耳にするようになりました。「灰」というからには、何かを燃やして残るものなのでしょうが、その“何か”って一体ナニ?どちらも「イハイ」...

 
 

位牌は、仏壇の心臓部とも言えるもの。見た目はただの木の札のように見えますが、実はそこにはご先祖様の魂が宿っていると考えられているのです。しかし、木札を位牌にするためには「開眼供養」という特別な法要が必須。今回は、開眼供養のプロセスと費用についてまとめてみました。葬儀の際には白い位牌だったのに、四十九日法要では黒いものに変わっている。そこに気づいたアナタは鋭い!位牌には仮のものと正式なものがあり、故...

 
 

ネット通販でも位牌が手に入る時代。いわゆる「格安」と言われるのはどのくらいのお値段なのでしょうか。また、格安な位牌を購入することに何か問題はあったりしないのか?通販サイトで人気の商品も併せてチェックしていきましょう。なんでもかんでもネット通販がお安く便利な時代。位牌だって通販で簡単に発注できちゃいますが、それってなんだか罰当たり?ネットの格安位牌だって問題ありません古い世代の方だと、「ご先祖様の供...

 
 

親が亡くなって、初めて位牌を管理することになった。もしくは、先祖代々の位牌を引き継ぐことになった。・・・そのような場合、どこで・どう管理するのが正解なのか?なにか欠かせないメンテナンスのようなものはあるのでしょうか。位牌は、ご先祖さまの魂が宿るという特別なもの。仏壇の中で最も大切に扱うべきものですから、準備もなくいきなり引き継いだら戸惑って当然です。まずは基本的な管理方法を確認しておきましょう。基...