密葬ってどんな葬儀?家族葬との違いとトラブル回避の注意点

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

葬儀の形式にはいろいろなやり方がありますが、「密葬」とはどのようなものでしょうか。

 

いわゆる家族葬のようなものなのか?

 

普通の葬儀とはどのように違うのか。

 

ここでは密葬の基本と注意的についてまとめてみました。

 

密葬=秘密の葬儀。

 

なにやら怪しいイメージを持たれるかもしれませんが、密葬はごく一般的によく行われるスタイルの葬儀です。

 

密葬と家族葬、違いは何?

よく、有名人の訃報を伝える番組などで「葬儀は密葬で執り行われました」みたいな表現を使われることがありますよね。

 

密葬とは、亡くなった方の家族やごく親しい人たち(親族、友人)のみで行われる葬儀のこと。

 

同じようなスタイルに「家族葬」がありますが、決定的な違いは、密葬は後で「本葬」を行うケースが多いということです。

 

親しい人たちだけでまずお別れして、その後で正式にたくさんの人をお招きして故人を偲ぶという感じですね。

 

なぜそんなまどろっこしいことをする必要があるのか?

 

そこには、有名人の場合は葬儀の規模が大きくなり過ぎてしまうためにすぐには準備が整わないという事情があります。

 

そのため、まずは親しい人だけでゆっくりお別れをして、荼毘に伏しておくというわけです。(つまり、火葬までは事前にやってしまうということです)

 

事前にどこまで伝えておくかが難しい

密葬の場合、本葬は火葬が終わった後ですから、本葬のみに出る方は故人の遺体とご対面できません。

 

それに対して、「なぜ知らせてくれなかったんだ!」と苦々しく思う方もいるでしょう。

 

かといって、本葬の前にあまり広く知らせてしまうと、密葬が密葬でなくなってしまいますよね。

 

どこまで知らせるか、また、死の情報リークをどうやって食い止めるかは悩ましい問題です。

 

上記のようなトラブルを避ける意味でも、親しい関係者(「なんで知らせてくれなかったのか」と騒ぎそうな相手)には密葬をすることを事前に伝えておくと良いでしょう。

 

「混乱を防ぎたい」というのが故人の気持ちだったということを伝えれば、相手だって納得してくれるはずです。

 

本葬をやらないってあり得るの?

では、密葬で本葬をやらないという選択肢はあるのでしょうか。

 

実は、最近は本葬をやらないというスタイルも珍しくないそうです。

 

そうなると、家族葬との違いがわかりにくくなりますが・・・、広義には密葬も家族葬に含まれると考えて良いでしょう。

 

本葬をやらないと、後で故人の死を知った人々が家に次々に弔問に訪れるということになるかもしれません。

 

それはそれで対応が大変ですよね。

 

香典返しだって用意しなければいけませんし。

 

なので、その場合は「密葬だったので」と伝えて、香典や弔問は辞退しましょう。

 

また、「自分が死んだら密葬にして欲しい」という気持ちがあるなら、事前に家族に伝えておくべし!

 

私もそう思っている一人なのですが、自分の死で他人様を煩わせるのは申し訳ないですし、自分をネタに飲み会をされたりするのもイヤなので・・・。

 

親にも夫にも、私が死んだら葬儀は家族だけでやってね!って伝えてあります。

 

 

死後の葬儀までも自己プロデュースできる時代。

 

自分の「死」をもっとリアルなものとして考えることで、人との関わり方や自分が今なすべきことがよりクリアになってくるかもしれませんよ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


同じカテゴリの記事

親戚としての服装に相応しいものって?
アクセサリーはどこまで良いの?
シャツ選びに注意するべき点
マナーを考えた女性のスーツ選びのポイント
タイツはダメなんでしょうか
ハンカチはどんなものを持参すれば良い?
葬式に合う髪型とNGな髪型
挨拶など喪主が気を付けることアレコレ
受付を任された時、または受付を済ませる際の注意
葬式は全部でどれくらいの時間がかかるのか
エナメルパンプスはダメと言われます。
喪服以外で気にすべきはエプロンの色。白?黒?
お車代ってどれくらい?そもそもお車代って必要なの?
お布施の金額、本当のところはどうなの?
お別れの言葉は大切です!弔辞を頼まれた時に注意すべき点
グレーのスーツでも大丈夫なの?
スーツは黒っぽければ少しストライプが入ってても良い?
お葬式をするのがダメな日があるとは知りませんでした。
業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。
トラブル発生!問題回避の為に事例を知っておこう
ネイルは駄目と分かっているんだけれど。。。
ネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点
「よくある質問・疑問」に答えます
セレモニー会社の人気ランキング見極めのコツ
ワンピース着こなしのコツ
挨拶状を出す際の注意点
案内文はどんな内容を書けば良いのか
引き出物をどうしようか迷ったらどうすればいいのか
遠方で参列できない場合の香典について
花の種類と手配は基本的には専門家に任せるのが吉
開始時間として、一般的な時間帯は?
欠席する場合、失礼にならないマナーがあります。
結婚指輪はOKとされているのですが注意が必要な場合もあります
告別式を含めた一連の流れが知りたい。
黒真珠という考えは基本的には間違っていないのですが
参列の断り方で悩む必要はなくなった
どの範囲まで参列してもらうべき?
白いハンカチは、やはり活躍します
数珠などの持ち物は、あらかじめひとまとめに
それほど深い付き合いがない取引先への対応方法
手伝いに、ふさわしい服
手土産も供物も、不要です
受付の挨拶、といっても特別なことはない
初七日は続けておこなってしまいます
上着に、チェスターコートを1枚
身内だけの家族葬は、事前準備が大切です
セレモニー会社の選び方は、口コミや見積もりを参考すべきか
費用の相場は、189万円弱ってほんと?
ふさわしい男性のバッグは
通夜なしのメリットやデメリット
電報をもらった場合のお礼はどうすれば良いのでしょうか。
妊婦出席しても大丈夫?出席する際の注意点
濃紺のスーツで出席するのは失礼なことなのでしょうか。
ハーフアップはアリかナシか?
補助金制度があるというのは本当なのでしょうか?
無宗教葬にも個性を!具体的に、なにをするのか
友引や仏滅の日でも問題ナシ!その根拠とは?
友人代表の弔辞は何を、どうしたためれば良いの?
有志一同だといくら包めばOK?意外と知らないマナー
旅行と重なったら旅行はキャンセルすべきなのでしょうか。
和装は注意点が多い!知っておくべき常識をチェック
遺族に失礼にならないように途中退席する方法