費用が安い老人ホームの探し方。まずは料金の内訳をチェック

費用が安い老人ホームは、高いホームと何が違っているのでしょうか?

 

老人ホーム選びの一つの基準は、「費用」。少しでも安いところに入居したい!でも、サービスが杜撰なところは心配だし・・・。

 

そもそも、費用の安い・高いは何によって決まるのか?

 

老人ホームの料金の内訳や、安い優良施設の探し方についてリサーチしました!

 

完全介護サービスつきの老人ホームが一番快適なのはわかっていますが、費用のほうも相当なものですよね。

 

安い老人ホームで、そこそこ幸せな老後生活を送りたい。

 

その夢を叶えるのは難しいことなの!?

 

「安い」って何が安いの?

30代も半ばを過ぎると、親や自分の老後のことが心配になってくるもの。

 

安い費用で快適な老人ホームに入居できるのが理想ですが、介護職の人手不足が問題になっている時代にそんな贅沢は言えません。

 

とはいえ、老後までに潤沢な貯蓄を用意する自信もない・・・。

 

やはりひと月あたりの費用が数千円でも安いところを探さざるを得ないわけですが、そもそも老人ホームの「安い」「高い」は何に左右されるのでしょうか。

 

まずは、入居する際に支払う「入居一時金」。

 

これは「無料」というところもあれば、億単位の金額を請求されるところもあり、一律ではありません。

 

次に、月々に支払う利用料。

 

「入居一時金はべらぼうに高いけど、月々の費用は安い」という老人ホームもあれば、逆のパターンもあります。

 

誰が支払うのか、によっても事情は違ってきますが、複数の老人ホームを比較した上で無理のない方を選びましょう。

 

そして、上記とは別に介護費用や医療費などが加算されます。

 

介護については国や自治体の補助を受けることができますが、金額はその人の健康状態に応じて決まりますので、ケースバイケースです。

 

「軽費老人ホーム」とは?

では、月々の費用が高い老人ホームと安いホームでは、サービスの面でどのような違いがあるのでしょうか。

 

ここで注目したいのは、「軽費老人ホーム」と呼ばれる福祉施設。

 

地方自治体や社会福祉法人によって運営されるもので、その名の通り「安い費用でサービスを受けられる」老人ホームのことです

 

ナゼ安いのか?というと、食事や排せつなどのサポートはサービスに含まれていないから。

 

あくまでも、「生活の中の最低限のことは自分でできること」が前提になっているので、ある程度自立した方でなければ受け入れてもらえないということですよね。

 

さらに、大きく分けると「A型」と「B型」があり、A型は「食事アリ」、B型は「食事ナシ」。

 

当然、B型のほうが費用も安いわけですが・・・そうなると自炊をしなければいけないということ!?

 

ボケ防止にはなりそうですが、栄養バランスの面などを考えると食事つきのほうが安心なようにも感じますよね。

 

某有名雑誌に、東京の軽費老人ホームの月々の自己負担額の例が紹介されていたので参考までにご紹介しておきましょう。

  • A型・・・約13万円(居住量2万円、食費5.5万円、雑費5.5万円)
  • B型・・・約7.5万円(居住量2万円、雑費5.5万円)

「自炊すれば食費は月5.5万円もかからないよ!もっと節約できるよ。」

 

という方なら、B型に入ったほうがオトクですよね。

 

逆に、食事を自分で調達するとなるとかえって食費がかさんでしまいそう・・・という方はA型のほうがトータルの出費を抑えられるでしょう。

 

このように、A型/B型の選び分けには食べる量や嗜好を考慮することが大切!

 

単に老人ホーム側に支払う金額だけを見て「安い」「高い」と判断することはできないということですね。

 

便利!安い老人ホームを比較できるサービスが人気

う~む、どうやら老人ホームの費用の安い・高いはそもそも「自分のことをどこまで自分でできるのか?」で違ってくるらしい!

 

「どこまで生活のお手伝いをしてくれるのか?」が費用の高低を左右するわけです。

 

でも・・・数ある老人ホームのサービス内容や費用を自分で調べて比較して・・・って面倒くさいですよね!?

 

そこで人気なのが、老人ホームの比較サイトです。

 

入居したい地域など希望条件を指定して絞り込みをかけると、費用が比較的安い老人ホームを2~3件厳選して資料を送ってくれるというシステム。

 

引っ越し業者やハウスメーカー選びの際にもこういった比較サイトは大変重宝しますが、老人ホーム選びにも使えるとは・・・。

 

時代は便利になりましたね。

 

費用の安い老人ホームを効率よく探したい!という方は「HOMES介護」で検索を!

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


↓の記事も読むと、老人ホーム選びの不安が和らぎます。

 

贅沢な老後を望むわけではないけれど、それなりに楽しく過ごしたい。その“それなり”の基準をどこに置くかで選ぶべき老人ホームの種類も違ってきます。まずは、平均的な老人ホームではどのくらいの費用がかかるのか、そこをチェックすることから!老後にかかる費用をあらかじめ貯蓄しておくためにも、平均を知ることは大切なことです。老人ホームの費用の平均は?・・・両親を入居させるにしても、自分の老後を考えるにしても、こ...

 
 

老人ホームに入居する際に発生する「一時金」とはどのような費用なのでしょうか。一体、何に対して支払う費用なの?今回は、意外と知られていない老人ホームの「入居一時金」の目的や金額の相場、退去した場合に返還される金額の計算方法についてみてみます。老人ホームに入ったら、トータルでどのくらいの費用がかかるんだろう?ある程度の年齢になれば、誰でも不安に思うことです。施設のタイプによっても異なりますが、どうやら...

 
 

老人ホームに入居した場合、一ヶ月あたりの費用はどのくらいになるのか・・・誰もが気になるところでしょう。老人ホームの種類やサービス内容、本人の要介護度、所得によって金額にはかなりの幅がありますが、ここではごく標準的な目安金額をご紹介します。施設によって一ヶ月あたりの費用に含まれている内容も違いますので、じっくり比較・分析を!穏やかな老後を送るためには、どんな老人ホームに入居するかが超・重要!一ヶ月あ...

 
 

「介護費用も含めて、老後の暮らしに3000万円は必要」なんて話をよく耳にしますが、老人ホームに入居した場合は年間どのくらいの費用がかかるのでしょうか。民間施設は公的な介護施設よりも高いというのは知っていても、具体的な金額の違いについては計算したことがないという方も多いはず。そこで今回は、各種老人ホームの月額利用料から年間費用を算出してみました!親の老後も心配だけど、自分の老後はもっと不安!それなら...

 
 

「老後は老人ホームに」と思っている方も多いと思いますが、その費用はどこから捻出するおつもりですか?「年金で」という心づもりでいても、それが十分にもらえない時代になってしまったらどうしましょう!?今回は、若いうちから意識しておきたい老人ホームの費用と年金の問題について考えてみましょう。今の若い世代が高齢者になる頃には、年金はずいぶんと減額されてしまうらしい。そんな話を聞いたことはあるけれど、イマイチ...

 
 

老人ホームに入居するには月10万円ほど(もしくはそれ以上)の費用がかかるわけですが、それを年金だけでまかなうのは難しい!となれば、それなりの蓄えが必要・・・だけどその金額が潤沢ではない!そんな時、なにかしら行政から補助を受けることはできるのでしょうか。意外と知らない老人ホームの費用に対する補助金制度についてリサーチしました!わりと楽観的に考えてしまいがちな、老後のお金のこと。例えば老人ホームに入居...

 
 

40歳になったら、年金に加えて介護保険まで徴収されてしまいます。健康なうちはその必要性を実感できないかもしれませんが、高齢になってイザ介護を受ける段になった時にそのありがたみが分かるはず!老人ホームに入居した場合の費用面でも恩恵を受けられるシステムなんですよ。今回は、意外と知らない介護保険と老人ホームの費用の関係について解説します。いつの間にか始まっていた制度。・・・介護保険に関してそんな印象をお...

 
 

老人ホームでかかる年間の費用にも医療費控除を適用することができます。医療費控除とは、医療費がたくさんかかっている場合に所得税の一部が還付される仕組みです。ケガや病気の治療だけではなく、老人ホームの費用にも適用されることをご存知でしょうか?老人ホームでかかった費用で医療費控除を受ける場合に知っておきたい基礎知識や注意点をメモしておきます。税金には様々な控除制度がありますが、どれも基本的には「困ってい...

 
 

老人ホームの費用をフォローするにはどれだけの貯金が必要なのでしょうか。老人ホームの費用は年金でなんとかなるだろうと楽観的に考えている方も多いようですが、それはハッキリ言って甘い!老後もそれなりの生活レベルを保って楽しく暮らそう・・・と思うと、やはり貯金は必要です。老後の生活、そして老人ホームの費用まで考えた場合、貯金はどのくらいあれば安心なのでしょうか。老後のコトは、考え始めるとどんどん不安がつの...

 
 

老人ホームの費用は一括でまとめて支払うことができます。それは月払いと比べてどんな風にオトクなのでしょうか。世の中のたいていの物はまとめ買いが安いですが、実は老人ホームの費用も一括払いがオトク?具体的に、その「一括」には何が含まれているのか?また、何がどうオトクなのか。トータルで見た時に損をしないためにも、老人ホームの費用の支払い方法について知っておきましょう。普通の賃貸住宅だと、家賃は月払いですよ...

 
 

老人ホームの費用は「月額」や「年額」が独り歩きしがちなもの。ですが、その内訳にこそ各施設の本質が表れるものです。複数の老人ホームを比較・検討する際には、費用の内訳も見比べてみることが大事!さて、具体的にはどんな項目が含まれているのでしょうか?老人ホームの費用は、普通の生活+αで介護サービスがつくというイメージ。具体的な内訳を見ると、その生活をうっすらとうかがい知ることができます。最初のハードルは「...

 
 

老人ホームの費用を支払っている場合、確定申告することによってどんなメリットがあるのでしょうか。住宅ローンを抱えている方にはおなじみの、確定申告による「控除」の制度。実は老人ホームの費用についても控除を受けられることをご存知でしょうか?施設で受けたサービス(介護、食費などの費用)、おむつ代などが対象となりますので、申告しないと損!老人ホームに入居しているご家族を金銭面でサポートしている方は、確定申告...

 
 

費用が格安な老人ホームの探し方が知りたい!費用が格安な老人ホームに入居したい!という場合、一体どうやって探せば良いのでしょうか?どこに相談すれば確実な情報を集められるのか?今回は、他人事ではない老人ホームの探し方について3つの観点からアドバイスします。「費用が格安」の誇大広告に騙されないためにも、まずは安全な相談窓口を見つけることからスタート!老人ホームの情報はどこに行けば手に入るのでしょうか?イ...

 
 

老人ホームで実施されている健康診断の項目や費用負担について。施設内での感染症を防ぐために、そして入居者が長く健康でその余生を全うできるように・・・老人ホームでは定期的な健康診断が実施されています。気になるのはその費用。これは介護保険でまかなえるのか、それとも入居者の自己負担?意外と知らない老人ホームの健康診断の内容や費用についてみてみます。老若男女、「健康」は人生の財産!だからこそ、どんな立場にあ...

 
 

公営の老人ホームの種類とそれぞれの費用目安について。公営の老人ホームは民間のホームに比べて費用が安い分、人気も集中しています。では、一般的に「公営」として知られている老人ホームにはどんな種類があって、具体的な費用はどのくらいのなるの?また、民間の施設と比べてどのくらいの金額差があるのでしょうか。「公営」「民間」っていろんな場面で出てくる分類ですよね。ここで注目したいのは、介護サービス分野での公・民...

 
 

終身タイプの老人ホームの費用目安や、入居する前に知っておくべき注意点。老人ホームの契約には様々な種類があり、期間が決まっているケースもあれば終身介護のところもあります。可能ならば終身で・・・と希望される方が多いと思いますが、それだけ費用もお高い!しかも、場合によっては途中で契約を打ち切られてしまう可能性もあります。老人ホームジプシーになるのを避けるために知っておくべき注意ポイントとは!?とりあえず...

 
 

老人ホームの短期版、ショートステイの利用費用について調べてみました。老人ホームというと、高齢の方が長期にわたって“住まう”タイプの施設をイメージする方が多いかもしれません。しかし、いわゆるショートステイも老人ホームの一種。費用面もリーズナブルですし、いろんなレクリエーションがあって楽しい!と、積極的に参加される高齢の方も多いのだとか。ここでは、ショートステイの費用やメリット&デメリットについてまと...

 
 

障害者が老人ホームに入居する場合の費用や、幸せな老後を過ごすために知っておくべき注意ポイントについて。自宅で介護をするのは限度があるから、老人ホームにお願いしたい。そう思っても、障害者であることを理由に断られてしまうのではないか、費用が高額になるのではないかと躊躇している方もいらっしゃることでしょう。歳を取れば障害の有無に関わらず人は徐々に「当たり前のこと」が自力でできなくなっていくわけですが、老...

 
 

生活保護で老人ホームを利用する場合の費用負担について疑問を持ちました。老人ホームは、施設の種類にもよりますが月に数万円~の費用が発生します。年金でまかなうこともままならないのに、それを生活保護で支払うことはできるのでしょうか?そもそも、生活保護とはどのような人が受けられる制度で、どのくらいの金額がもらえるのか。意外と知らない制度の仕組みや受けられる補助の内容、老人ホームの利用の可否について調べてみ...

 
 

老人ホームAを退去して別の施設に移る場合。もしくは、残念ながらお亡くなりになってしまった場合。老人ホームを退去する際には、原状回復のための費用が発生することがあります。賃貸住宅の契約と似ていますが、施設によっても異なりますので事前の確認が超・重要!どこまでの費用負担を求められるのでしょうか?お世話になった老人ホームとは、できれば円満にサヨナラしたいところ。ですが、退去時の費用負担を巡ってトラブルが...

 
 

寝たきり状態の方が老人ホームに入居する場合の月額費用について。「寝たきり」の状態になった場合、老人ホームの費用はどのくらいかかるのでしょうか。自分の事が全くできないばかりか自力で身体の向きも変えられないとなると、それだけ介護スタッフさんのサポートを受ける頻度も高くなるということ。当然、利用料も高くなりそう!それならば老人ホームに頼らず自宅で介護・・・という選択肢もありますが、それでもタダとはいきま...

 
 

費用が払えないから老人ホームに入居できない。そんなことになったらどうしましょう!?「ボケたら老人ホームにでも入れちゃってよ」・・・両親からそんな言葉を投げかけられたことはありませんか?老いたら誰でも施設に入るものと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、当然のことながら老人ホームの費用はタダではありません。運よく入居できても、「費用を払えない」という状況に追い込まれる可能性もあるのです。もし払...

 
 

ハワイで老人ホームに入居する場合の費用目安が知りたくて。「老いたら、温かい南の島でのんびりとした老後を過ごしたい」という夢をお持ちの方も多いようですが、例えば日本人がハワイで老人ホームに入居することはできるのでしょうか?また、その場合の費用は?「海外なら安く入居できるだろう」と思われがちですが、どうやらそんなに甘くはなさそう!?気になるハワイの老人ホーム費用について考えてみます。若い頃からあくせく...

 
 

夫婦で老人ホームに入居する場合の費用目安について調べてみる。老人ホームは基本的には一人で入居する場所、というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実は夫婦で一緒に入居できるタイプの施設もあります。ただ、費用は高くなりますし、全ての老人ホームが受け入れ可能なわけではありません。今回は、夫婦で入居できる老人ホームのタイプや費用目安についてまとめてみました。人生の大部分を一緒に生きてきた「人生の同志」...

 
 

フィリピンで老人ホームに入居する場合の費用目安に興味があったので調べてみます。国民の4人に1人が65歳以上という超・高齢化社会の日本に対して、フィリピンでは60歳以上は全体のわずか6.7%。しかも介護士資格が人気だということですから、「物価の安いフィリピンの老人ホームで介護を受けたい」と希望する方も少なくないとか。実際、フィリピンには日本人向けの老人ホームもあり一時期は注目を集めましたが、今はどう...

 
 

老人ホームに入居するための保証人代行を依頼した場合の費用はいくらかかるのでしょうか?国民の4人に1人は65歳以上という世の中ですから、身よりのない高齢者も増えています。老人ホームに入居する際に保証人になってくれる人がいない、費用の管理が自力でできないというお悩みを抱えている方も多いそうですよ。そこで今回は、時代のニーズに答える新しいシステムに注目!老人ホームの保証人代行サービスの気になる中身と費用...

 
 

費用が無料で老人ホームに入居することは可能なのかどうか、調べてみました。費用が高額だという印象の強い老人ホームですが、実際は各世帯の経済状況に合わせた負担で入居できるようになっています。公的な施設であれば、実質的に無料に近い負担で入居できるケースもありますし、民間の老人ホームでも「入居一時金が無料」のところも増えていますね。ただ、そこには落とし穴もありますので注意が必要のようです。誰でも、できれば...

 
 

老人ホームの介護費用が軽減・免除される条件について調べてみました。金銭的に困窮していて、「介護保険が適用されても老人ホームの費用を支払っていくのが難しい」というケースもあるでしょう。その様な場合は、世帯の収入に応じて減免・免除の措置を受けることができるようです。ただし、費用の免除を受けるためには特別な申請が必要!知らずにいると年間数十万円の損失になりますのでご注意を!同じ老人ホームで同じような内容...

 
 

両親が老人ホームに入居する場合の費用目安は?それをどうやって負担すれば良いのでしょうか。一人入居するだけも、月に少なくとも10万円前後の費用がかかる老人ホーム。両親がそろって老人ホームに入居するとなれば、かなりの費用負担を強いられることになります。世の中のみなさんはそれをどうやって捻出しているのでしょうか?また、両親&子供が幸せな最期を迎えるために、元気なうちから心がけるべきこととは?「口うるさい...

 
 

老人ホームの費用にも充てられる介護ローンについて。介護はある日突然始まるもの。親の介護費用や老人ホームの入居費で家計が破たんする・・・なんてことが現実問題として誰にでも起こり得る世の中です。そこで、最近は老人ホームの費用をフォローできる介護ローンも登場!しかし、住宅ローンと同様、融資を受けるためには満たすべき条件があるようです。そのため事前確認が必須だということが分かりました。老人ホームに入居する...

 
 

居酒屋の「和民」でおなじみのワタミは、介護分野でも手広く事業を展開しています。しかし、みなさんもご存知の通り、運営する老人ホームでの死亡事故や食中毒などなにかとネガティブな話題が多い企業でもあります。そんなイメージを払拭するために、ワタミは費用がリーズナブルな老人ホームを新規開業したとか!?具体的な費用や、コストカットのポイントについて調べてみました。ワタミについては、どうしてもブラックなイメージ...

 
 

ベネッセが運営する老人ホームの特色や費用について気になり調べてみました。「こどもちゃれんじ」のしまじろうキャラでおなじみのベネッセは、教育業界だけではなく介護分野でも大きな影響力を持っている企業です。そんなベネッセが運営する老人ホームは、実際の入居者からどう評価されているのでしょうか。また、気になる費用は?色々な事業を手広く手掛けている企業は、なにかと叩かれがち。ベネッセもそんな企業の一つですが、...

 
 

秋田だからといって老人ホームの費用が特別に安い、そんな訳ではありません。そして公的な老人ホームが費用がかからないというのも、全国的に同じこと。そして秋田でも人気が高いものなのです。ただ都市部と秋田が違う点、これは選択肢の幅が広い点でしょうか。秋田だからといって、特別な傾向はないもの秋田県だからといって、老人ホームの費用が安いというわけではありません。確かに土地の価格や物価から考えれば、安いのが当然...

 
 

愛知県の老人ホーム・ランキング1位に輝くのは、トヨタグループが出資し他施設。評判通りの老人ホームなのですが、その分費用が非常に高いのが難点です。ただ、全国的に見ると愛知県でかかる費用は低いものとなっています。まだ、恵まれた環境にあるのです。老人ホームランキング1位は愛知県らしい施設中部地区の中心・愛知県だけあってその数は1,200あまり、非常に多くの老人ホームがあるのです。しかし、人口も多いので、...