デイサービスの費用は、平均額とそれほど大きな誤差は出ない?

デイサービスにかかる費用の平均は、要介護度3で月額2万円強。

 

地域などで多少の上下はあるものの、平均の費用を大きく上回ることはありません。

 

決して軽くはないデイサービスの負担額、しかし誰もがメリットを受けられるものだけに、上手く利用したいものです。

 

デイサービスを受けるメリットとは?

高齢者が要介護の状態になってしまうと、高齢者はもちろん介護をする側も、家に引きこもりがちなってしまうもの。

 

こうなると、社会から孤立しがち、お互いに息が詰まるような毎日となりがちとなりです。

 

そこで、利用したいのが「デイサービス」。

 

日中に特別養護老人ホームやデイサービスセンターに通うことで、介護を受ける側・する側両者の負担を軽くします。

 

デイサービスを利用することにより、介護疲れを軽くすることができる、仕事や家事との両立を可能にする。

 

介護を受ける側は同じ高齢者とのつながりができる、気分転換になる。

 

高齢者の割合がこれからますばかりの日本において、欠くことができないのがデイサービスということができるのです。

 

デイサービスは、どこで受けても費用は平均的なもの

そんなデイサービスだけにぜひ受けたいものですが、気になるのが費用の面。

 

どれくらいの費用でデイサービスを受けることができるのでしょうか?

 

デイサービスは介護保険の定期用範囲となっていますから、利用者の負担は2割。

 

そして、1から5まである要介護の度合と、デイサービスを受ける時間の長さで3段階に負担する費用が決められています。

 

例えば要介護1の場合、3時間以上5時間未満の利用となると、負担する費用は400円から450円。

 

この費用は、デイサービスを受ける施設や住んでいる地域によって多少上下するのです。

 

施設が大規模なほど、物価が安い地域ほど費用は安くなるもの。

 

しかし、大枠は厚生労働省が定めた範囲になっているので、ばらつきがあるとはいえ費用負担にそれほど大きな差はありません。

 

これが最も重い要介護5、長時間の7時間以上9時間未満の利用ならば、負担する費用は1,100円から1,300円となります。

 

ただし、デイサービスを利用する施設までの送迎や、そこで出る昼食やおやつは別途費用がかかるもの。

 

加えて、デイサービスの際に入浴などのサービスを別途受けると、これもまた費用がかかってくるのです。

 

デイサービスにかかる平均金額を算出してみると?

それでは、デイサービスにかかってくる費用の平均額はいくらぐらいになるのでしょうか?

 

要介護度3の場合ならば、平均でデイサービスの費用は950円。

 

これに、入浴介助で50円、食事やおやつ代、おむつ代で800円。

 

ですから、デイサービス1回あたり平均で1,800円程度かかると考えればよさそうです。

 

週に3日、月に12日の利用として、費用の平均は2万1,600円程度。

 

これは、決して軽くはない費用負担といえるでしょう。

 

しかし、デイサービスは介護を受ける側にとっても、おこなう側にとっても大きなメリットがある制度。

 

上手く利用して、介護をおこなっていきたいものですね。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


↓の記事も読むと、デイサービスの成功率がアップします。

 

デイサービス費用が高い、そう思ったら見直すべきは利用時間と日数の軽減。デイサービスの施設を変えても費用の高さという問題は、それほど軽くなりません。高いと思った場合に見直す点は他にもあるのですが、有効なのは利用時間と日数なのです。費用が高いと感じたらすべきこととは?デイサービスの費用はどんな所で差が出てくるか?まずは要介護度、一番軽い要介護度1と重度の5ならば、約1.5倍の差になってくるもの。加えて...

 
 

レクリエーション費用は行事があるたび、費用がかかるたびに利用者に請求されるもの。デイサービス自体と異なり介護保険の対象外となっていますから、負担は大きくなりがちです。ただレクリエーションも立派な介護、存分に活用すべきなのです。デイサービス自体の費用は統一されているものの介護保険の適応分について、ある程度統一されているのがデイサービスの費用です。確かに市町村の規模や利用する施設によって、多少の上下は...

 
 

デイサービスの費用は、介護度によって上下しますが、これは施設ごとに見ても、そう差は出ないもの。差が出るのは、介護度とは関係ない費用、食事などデイサービスの中でも実費負担となる部分となっています。デイサービスの費用は大体決まっているもの介護をおこなう人の負担を軽くしてくれるだけでなく、受ける人の日常にも張りが出る。そんなデイサービス、多くの人が同じ質のものを受けられるように、費用はある程度統一されて...

 
 

介護施設への入居は費用がかかると考えがちですが、デイサービスの費用も高額なもの。特に利用の度合いによってデイサービスは高額になりますから、介護施設の利用と費用がそれほど変わらないというケースも介護度によって出てきます。回数や時間で費用が上下するデイサービス介護施設で暮らすべきか、デイサービスを利用するべきか?これは、非常に難しい問題です。例えば費用の面から考えた場合、介護施設だと非常に高額な費用と...

 
 

障害児を対象とした一時預かりは「放課後等デイサービス」と呼ばれ、様々なプログラムが実施されています。障害児を持つ親御さんが気になるのが、デイサービスの費用負担。これは約1割と定められていますから、非常に利用しやすくなっているのです。障害児を対象としたデイサービスとは?デイサービスと耳にすると、要介護状態のお年寄りのためのものと思いがちですが、それだけではありません。障害児を対象にしたデイサービスも...

 
 

認知症対応型のデイサービス費用は、通常のデイサービスより高めにはなります。しかし、費用自体は大差ありません。ただ、認知症対応のデイサービスを探すのが一苦労。一人で抱え込まないで、公共の窓口でまず相談です。まずは、認知症も対応できるデイサービス探し物忘れがひどくなるだけならばまだしも、徘徊や幻覚、暴力・暴言などなど、認知症は非常に厄介な症状です。家族の介護も限界となりデイサービスなどに助けを求めても...

 
 

デイサービスの費用自体は、介護保険が適用されるので負担は小さいものなのです。しかし、デイサービスのメニューの大半の費用は、保険適用されない自己負担のもの。思い負担は、自己負担分ということができるのです。介護保険が負担を軽くしてくれる介護を必要としている人が、施設で日中過ごすのがデイサービス。介護を受ける人にとっては、単調で孤独になりがちな日常の刺激になる。介護をする人にとっては、過剰になりがちな負...

 
 

デイサービスの費用に送迎の料金も含まれている、そう考えている人も多いはずですが、それは送迎のエリア内の場合のみ。エリア外からデイサービスを利用する際の費用は実費となり、非常に重い負担となってくるものです。エリア外に住んでいる場合の送迎はどうする?デイサービスの利用には送迎の費用が含まれている、そんな風に思っている人も多いかもしれません。しかし、送迎してくれるエリアはデイサービスの施設ごとに決められ...

 
 

特養に入居するのと、デイサービスを利用するのと。介護費用の差は約7万円です。その差の費用で特養ならどの程度、デイサービスより負担が軽減されるかを考えて、どちらを選ぶかを決めるべき。費用だけではない差が隠れているのです。特養とは何かをまず知りましょう「特養」とか「老健」とか、高齢者向けの施設にも色々あって難しいですね。特別養護老人ホームが特養、介護老人保健施設が老健、、、といっても全く違いがわかりま...

 
 

デイサービスで入浴介助を受けた場合、かかる費用は数10円。入浴介助は非常に使い勝手がいいものです。加えてデイサービスのメリットは、費用面だけではありません。利用者が他の利用者と触れ合うこと、これも大きなメリットなのです。特に大きな、入浴介助の負担日常の移動、食事、排泄、介護が必要になった人には手がかかるもの。全て家族でやろうとすると、負担は相当なものとなってしまいます。例えば入浴、車椅子で風呂場ま...

 
 

デイサービスの施設に宿泊させてもらうサービスが、お泊まりデイサービス。費用は数1,000円と抑えられているのですが、サービス内容に不安が残るのがお泊まりデイサービス。費用面はもちろん、不安面の改善が待たれます。施設に空きがない場合の、お泊まりデイサービス介護の負担が重くなったので特養・老健といった施設にお願いしたい。介護をする側にとっての切実な願いです。しかし施設に空きがないというのが特養などの現...

 
 

別の用途に使われていた施設をデイサービスに利用するには、用途変更をおこなわねばならず別途費用が必要となります。用途変更の目的は、デイサービスに相応しい施設になっているかどうかをチェックすること。費用は1坪1万円程度です。そもそも用途変更とは、何のため?建築基準法では、建物にそれぞれ用途というものが決められています。決められた用途以外のことに建物を使いたい、こんな場合に必要なのが用途変更。届け出して...

 
 

リハビリ特化型のデイサービスの利用は介護保険の対象。ですから費用負担は軽く済むものです。しかし、リハビリ特化型のデイサービスは施設によってメニューがずいぶん異なるもの。費用負担よりも、メニューを重視して施設選びをおこないましょう。費用負担は軽いリハビリ特化型デイサービス要介護1?3くらいの段階で、介護は不要だけれど、リハビリや体力づくりに力を入れたい。こんな場合に利用したいデイサービスは「リハビリ...

 
 

介護が必要な人でも使えるようなキッチンが、近年では増えてきています。ですから、キッチンをリフォームする際に、介護を見越したプランを練るというのも方法の一つ。そんなキッチンは障がいがなくても使いやすいものなのです。障がいがなくても使いやすい、キッチンとは?介護とは若干ニュアンスが違う気もするのですが、近年では腰掛けても使えるキッチンが注目されています。このタイプのキッチンは、低めに設定されたワークト...