葬儀の際にはどんな服装を選ぶべき?守るべき服装のマナー

葬儀と言っても、若い方で親戚とも離れて暮らしているならば参列した経験もないままに成人されることもあるのでは。

 

私も成人するまでに経験した葬儀は、祖父の一回っきりでした。

 

で、結婚してから葬儀に参列せねばならない局面に行き当たってしまって。

 

周りは、和装、で私は何も支度がなくってスーツでした。

 

嫁に行く時にはブラックフォーマルは持参された方がいいです。

 

服装は立場ごとに、本当に色々あります

男性ならばブラックスーツで臨めば大体の立場の参列でもカバーできます。

 

ブラックスーツが無ければ、通夜にお伺いする位であれば濃い紺や黒めのスーツで、ネクタイは地味目の色でも大丈夫な場合があります。

 

今は忙しい方も多いので、葬儀に参列できないので通夜の方にお参りさせて頂けないか、と言われる方も多数となっています。

 

葬儀か、通夜に参列するというのが近年の「親族など葬儀の主体ではなく参列する側」の主流となるスタイルとなっています。

 

ですがこれは、都市部で出先で訃報を伺った場合などに限るのではと個人的には考えています。

 

家が職場から近くて、昼の休憩時間位ですぐに着替えてこれると周囲は分かっている場合は、ちゃんとせざるを得ません。

 

充分に身支度する時間が無くて止むを得ず、と周囲が納得できる場合は礼服以外での駆けつけを見逃して貰えるかもですが、準備できる環境ならそれは通りません。

 

女性の礼服も用意しておきましょう

さて、葬儀は突然やってきます。

 

絶対に、いい年なら用意した方がいいです、黒い礼服は。

 

私の失敗例ですが、結婚してから用意すればいいかと考えていたら本気で新婚旅行直後に亡くなりごとが起きました。

 

新生活で、まだ親戚の方ともまともに顔を合わせた事も無い状態での葬儀です。

 

しかも喪家側での参列でした。

 

手持ちの服の中で、何とかリクルートスーツで臨みましたがやっぱり場にそぐわなくて申し訳なくて。

 

会場は町中では無く、土地勘もなく、レンタルできる和服などがあるのかすら分からずでした。

 

結婚される皆さま、そして娘を嫁がせるお母さまにはブラックフォーマルも嫁入り道具にどうか加えてあげて下さいと声を大にして言いたいです。

 

家族葬だから簡単でいい?

家族葬の考え方にも寄るかも知れません。

 

私の祖母が亡くなった際には完全に身内だけの葬儀でしたので、通夜の時には地味な服装で通夜番を母としていた記憶があります。

 

長く入院していて、親族はもう母と祖母しか居ないと明白で、こられる方もほぼいないと分かり切っていましたから。

 

ですがこれはごく一部の事例で、家族葬に「招かれた」ならしっかりとした普通の黒い礼服でお伺いしなくてはいけません。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


葬儀の服装・マナーに関する記事一覧

 

葬儀に呼ばれた場合、親戚としてふさわしいものは何なのでしょう。そもそも、親戚とはどの範囲までの関係をこの場合は指すのでしょう。親戚だと言う方でも、ほとんど面識のない場合もありますし、親戚よりも親しい間柄の知人も居ますし。親戚の範囲ってどれくらいなの?一口に親戚を呼んで葬儀、と言われると、私ならば小規模の葬儀の事かなと思い込んでしまいます。でも、改めて親戚という言葉を考えた場合に、ほとんどの血縁が亡...

 
 

葬儀の服装、男性ならブラックスーツで白いシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下、黒くて光沢の少ない革靴です。カフスは付けるならオニキスなどの黒い石に銀の台座のものを選びましょう。女性の場合は、アクセサリーは気になりますよね。パールなら良いのか、コサージュは大丈夫なのかなどを見て行きましょう。アクセサリーは礼儀なのか洋装の喪服は、何かしらのジュエリーを付けることが正式と言われます。その考えから言うと、コサー...

 
 

葬儀の服装は女性はワンピース、スカートスーツに喪服売り場の黒ブラウスかカットソーです。男性はブラックスーツで白いシャツ、黒いネクタイです。その白シャツはどんなものを選べば良いのでしょうか。シャツの質を細かく見れば今はボタンダウンシャツを着用する人が多いですが、これは本来ならかしこまった場ではNGです。葬儀の服装としては、白ブロード素材の白無地シャツを選ぶのが一番です。白無地に近ければ、少しストライ...

 
 

男性はパンツしか選択肢はありませんし、悩む必要は無いですが、女性の場合はパンツかスカートか悩みますね。葬儀で、と喪服を買いに行って、売り場にパンツスーツと、スカートスーツがあった。普段はズボンで生活しているから、パンツスーツが動きやすそうで良いな…と思っても、ここは以下の事にご注意を。パンツスーツは、略式の喪服です!通夜にはパンツスーツでもまあOK通夜の場では、急なことで取り急ぎ駆けつけました、と...

 
 

葬儀に着用して行ってはいけないものとして、タイツが挙げられています。ですが、スカートスーツ、ワンピーススーツは冬場には寒いです。特に、四十九日でその後に納骨までする場合は寒さが厳しい事が考えられます。絶対に、ダメなのでしょうか。タイツでも仕方ないんじゃないでしょうか、寒い場合は寒い時期なら、タイツのシンプルな黒いものでも構わないんじゃないか、とのご意見も多くありました。私も、タイツでも構わないんじ...

 
 

男性はブラックスーツ、女性はスカートアンサンブルかワンピースタイプで肌の露出は少なく。シャツは男性は白、ネクタイは黒、黒くて光沢は控えめな靴に女性は黒いシャツに黒ストッキングに。服装の基本は把握されている方も、ハンカチの色となるとはて?と思い悩むようです。ハンカチは何色が適しているのでしょうか。基本は白白無地か、黒か灰色か紺かの無地、との意見が見受けられました。無地、と書いてあるのに、他のところで...

 
 

葬儀の服装には気を付けていても、髪型にまでは気が回らなかった。そんな残念な装いにならないように、男性、女性どんな髪型で参列するのが良いのかを見てみましょう。基本は控えめに、目立たず、乱さず、光らせずですよ。女性、黒髪のロングヘアの場合この場合は葬儀の場と服装にも馴染みますので、一つに括って首の後ろに流すだけで大丈夫です。バレッタでまとめる場合は光沢の無いものを選びましょう。基本はお辞儀をした時に髪...

 
 

葬儀の挨拶の内容を考えなくてはいけないし、式の流れも把握しなくてはいけない。喪主は気を遣う事が多くて大変です。何をすればいいのか、挨拶のタイミングはどこなのか、事にあたる前に大体でも流れを把握しておきましょう。喪主はだれが引き受けるもの?喪主となるのは、亡くなった人から見て最も身近な人物です。通常は故人の配偶者、子供、親、兄弟姉妹の順になります。子供が未成年の場合は、親族の一人が後見人になって代役...

 
 

葬儀の受付は、昔のマナーブックでしたら自宅葬を想定した受付の設営の仕方まで載っています。でも今は自宅葬は稀なので、葬儀会場を借りる場合での手順あれこれを書いていきます。受付を任された時は弔問客用の芳名帳、香典の記録帳、名刺入れ、筆記具などを置きます。葬儀社がしっかりと用意してくれますので、使いやすいように並べるなどで良いでしょう。雨天の場合は少し注意が必要で、傘を預かるスペースを確保しておくこと、...

 
 

葬儀の時間は、昔はとっても長くかかるものでした。今は自由な形の葬儀も増えていますので、それぞれの形で葬儀の時間は変わってきます。結婚当時に買った、15年前の昔のマナー本が手元にあるのですが当時は役立ちましたが今やネットの方が便利ですね。葬儀の長さ私が実際に葬儀に参列したのが十年以上前の事で、主人の祖父のものでした。ずっと同じ土地で暮らされていて、お知り合いも多く初めて百人以上が参列する葬儀に喪家の...

 
 

葬儀の服装にエナメルパンプスはダメと言われます。華美な服装は避けることから、エナメルの光沢感が煌びやかで良くないとの意味合いなのでしょう。服装、小物使いのほうにも併せて気をつけたいものです。残念な喪服を着ない為にとは言え、私はとっても残念な服を着て葬儀に出てしまった記憶があります。親戚が集まることなんてめったにないのに、その場所でちぐはぐなものを着用して澄ましていたことを考えると悔やまれてなりませ...

 
 

葬儀の際に手伝いが必要になることがあります。そんな時にさっと、エプロンを身に付けて手伝えないと残念な印象を持たれてしまうかも。その時に出すのはどんなエプロンが適しているのでしょうか。エプロンは持っておいた方がいいその場、その家庭の葬儀のしきたりって本当に様々あるものです。全部に対応するのは至難の業ですが、気配りとして持っておいた方が良さそうなものとしてエプロンがあります。これも白を使うご家庭もある...

 
 

葬儀の場合は参列者にお車代は普通出しません。遠方から結婚式に来られる場合はお車代は出しますが、葬儀は参列するものであって喪家側が負担はしません。ですが家の決まりなどで出し合っている可能性もありますので、その場合は周りの慣習に従いましょう。お寺の方には、勿論お車代は出します。葬儀のお車代とはお寺の方へお包みするもの遠方からの参列は、移動だけでもお金がかかるものです。更に香典もお包みするのですから、結...

 
 

葬儀の際に、気になるのはお布施の金額です。葬儀をされた方で、しかも親しい方がいるのなら突っ込んだ話もできますが、なかなか相談しにくいものです。全国のお布施の相場は約45万円と、言われていますが実際の内訳はどうなんでしょう。お布施に含まれるもの全国の相場約45万円、その数字にはお膳料、お車料、読経料、戒名代なども含んだ金額の平均だそうです。つまり、葬儀の際にお寺様、司祭様、牧師様、神主様など宗教者に...

 
 

葬儀で、故人へのお別れの言葉を依頼された。そんな時には身構えずぎずに、自分の素直な気持ちを綴れば良いです。どんな文章を用意すれば良いのか、以下で具体的に見ていきましょう。祖母に対するお別れの言葉故人と自分の関わりから出てくる素直な気持ちの言葉をつなげていきましょう。例えば祖母とならば自分と祖母の思い出のエピソードを、時系列に沿ってつなげていけばいいです。いつか来るとは思っていたお別れがこれほど早く...

 
 

お若い方なら、まだ喪服を揃えておらずに持ち合わせの服で葬儀に出なければならないこともあるでしょう。そんな緊急事態、落ち着いた色のものなら着用しても良いのかな、と疑問に思われるかも知れませんね。お通夜の席ならば取り急ぎ駆けつけましたの意味合いで、地味な平服で構いませんが葬儀となると避けるべきです。女性の場合はここにも注意女性の場合は、ブラックフォーマルを揃えていない場合でも黒いニットカーディガンや黒...

 
 

葬儀で着用するスーツはブラックスーツが基本です。家の中では黒っぽく見えていけるかな、と思ったスーツでも、いざ喪服に混じると色合いの僅かな違いが目立ちます。ストライプの入ったものはすぐに見れば分かられてしまいますよ。スーツ初歩の初歩から見ていきましょう書いている私自身が男性でないので、スーツと一口に言ってしまうと、何となく馴染みが薄いです。スーツ選びの基本ムックを買って、少し知識を入れました。ブラッ...

 
 

葬儀を行ってはいけない日があるのは、ご存じでしょうか。友引、年末年始、主要な遺族が遠方にいて葬儀を執り行えない。そんな様々な理由と、その背景を見てみましょう。火葬場が空いているかどうかに左右される?友引の日はそもそも火葬場が休みの事が多くあり、従って葬儀がダメな日をと言うよりは不可能な日と言えるでしょう。逆に、年末年始と重なってしまって、友引に葬儀をせざるを得ない場合だってあり得ます。火葬場が沢山...

 
 

愛知県名古屋市に本社を置く葬儀社、ティア。中部地方の平均葬儀費用を約70万円も下回る金額を出した開拓者精神にあふれたこの企業、どんな会社なのでしょうか。設立からこれまで1997年にティアを設立した富安徳久氏は、葬儀社アルバイト経験を経て、納得できる独自の葬儀スタイルを追求し続けています。葬儀の件数自体は伸びていて、今後も更に需要はある市場と言われているものの、葬儀の単価は低下傾向にあります。葬儀の...

 
 

ではかかるお金だけに気を付けていれば安全なの?と思っても、他にも気を配るべきところがあります。実際の事例などを参考に、困ったことにならないように相応の知識を身に付けて動きましょう。葬儀のトラブルお金編紹介されたプランだけで葬儀が行えると思っていたら、必要なものが含まれておらず結局高額になってしまう。そんな事例が一番多いのだそうです。これを回避するには、葬儀を依頼する際に総額を確認し合う事です。葬儀...

 
 

殆どの方が、装いは控えめに、化粧は薄く、香水は付けないようにとマナーに気を配られています。葬儀、ネイルで調べたところ、急な葬儀でサロンでしてもらったネイルをどうすればいいかのお悩みが多くありました。そのままではいけないですものね、さてどうやってカバーして行けば良いのでしょうか。上から、マニキュアを塗るベージュのマニキュアを重ねて塗ってしまう、そんな方法も緊急時にはありです。ですがものによってはカバ...

 
 

葬儀でのネクタイ選び、色や柄が少し位入っていても良いのかなど気になる疑問を検証します。色は皆さん分かっていらっしゃる、黒で無地が正解ですが、そのほかに締め方なども見ていきましょう。黒無地ネクタイは常備しておきましょう黒い無地のネクタイは一つは用意しておきましょう。ネクタイの結び方はシンプルなプレーンノットなどにしておきましょう。結び目を強調して大きく作ってはいけません。葬儀は華やかさを出す場ではあ...

 
 

葬儀のよくある質問、疑問については数限りなく出てくることと思われます。何からどうして良いのかさえ良く分かりませんよね。葬儀の経験のある方に聞く、身近に聞ける方が居なければ葬儀社さんに色々と質問しながら動いて行くのが良いでしょう。一番の疑問はお金?葬儀って正直どれだけかかるの、そこが一番不安ですよね。平均的な数字を以下で紹介しますと、密葬30万位まで、家族葬100万円程度、一般葬200万円程度とされ...

 
 

葬儀社のランキングは色々ありますので、少し調べれば数字が見えてくるでしょう。事業規模が大きく、口コミも好評、そんな葬儀社を選べば安心できますし。高評価を得ている葬儀社さんを、それぞれの特色を踏まえてご紹介します。ランキングの集計方法は様々ネットの口コミ件数での一位なのか、売り上げ一位なのか、または有名な雑誌の葬儀社ランキング一位なのか。世には様々なところを切り出したランキング一位があります。調査母...

 
 

葬儀の場でかなり気になる衣装。流行りのボトムはガウチョだったりスカンツだったり、普段、スカートを着慣れない方も多いのではないでしょうか。ワンピースを着こなすにあたって、押さえておけば安心な豆知識をまとめてみました。スカートじゃないと駄目なの?パンツスーツは不適切です、とマナーサイト、本にも沢山載っていますのでこれは避けるべきでしょう。何故かと言えば、これは略式の礼装に当たるからです。身内の葬儀の場...

 
 

最近は、通夜、葬儀、告別式、初七日法要まで一度に行うことも時間と距離の都合から増えてきました。そんな中で、葬儀の会葬者への御礼状つまり挨拶状も、告別式終了後または初七日法要の終了後、会葬御礼品と共に手渡しすることが多くなりました。本来は一人ひとりに宛名を書いて出すものでしたが、葬儀の形の変化でこちらにも変化が見られるようになったのです。葬儀の挨拶状、形式は内容は会葬の御礼を伝えるもので、葬儀社にあ...

 
 

葬儀の案内文はどうやって、作成するものなのでしょうか。案内文のテンプレートは、葬儀社さんが分かり易いものを作ってくださいますので簡単な紹介のみに絞っています。案内は参列して頂きたい方のみにするのではなく、葬儀の規模によってはお断りを速やかにお伝えすることも重要となります。一般会葬をお断りする場合の文例案内文で、一般会葬をお断りする場合の文例は、故人の姓名を書き、何日に逝去、通夜葬儀の日時、式場、式...

 
 

葬儀にまつわることは地域や宗派によって大きく変わります。引き出物もその一つ、額もそうですし手渡すタイミングもずいぶん違うのです。ですから、葬儀の引き出物はどうするのか?周囲の人々とよく相談すること。これが重要になってくるのです。地域によって引き出物もずいぶん変わる自分が住んでいる地域以外で葬儀に出席すると、引き出物の内容がずいぶん違う、こんなことはよくあるもの。以前、自宅を離れて単身赴任をされてい...

 
 

遠方での葬儀に香典を届ける方法は3通りあります。しかし、共通するのは相手のことを思いやるということ、それを形にするということです。遠方だし葬儀のことは後から知ったから、香典だけ届ければいいだろ、こんな態度が表れるようではいけません。遠方に香典を届ける方法は3通り大切な人の葬儀がおこなわれると聞いたものの、遠方に住んでいるため参列できない。ならば香典だけでも、何とかして届けたいと思うものですね。こん...

 
 

葬儀に欠かせない花は、何種類もありますが、基本は葬儀社任せ。自身で花を選ぶというものではありません。どうしても、自身で花を選びたいならば、花の種類は花屋さんとよく相談を。何の花でもいいんじゃないの?いいえ、そんなものではないのです。香典だけではなく、特別なものを特別お世話になった方の葬儀だから、香典だけではなく、何か形のあるものをお供えしたい。そんな場合は、お供えの花「供花」を送るのが一般的、そし...

 
 

葬儀の開始時間は、何時にしなくてはならないなど特に決められてはいません。ただ、一般的なスケジュールに合わせると、ある程度の開始時間に絞られてくるもの。しかし、季節によっては多少、葬儀の開始時間がずれることもあり得るのです。一般的な開始時間は、あるものの葬儀の開始時間、これは決まっているものではありません。喪主、導師、火葬場、これらの都合をすり合わせることで、葬儀の開始時間が決まります。葬儀・告別式...

 
 

親しい方の葬儀ならば、欠席の連絡はぜひ入れたいもの。そんな場合はシンプルに欠席の事実だけその場は伝え、後日弔問に伺うとか、葬儀には代理人を立てるとか、弔電や花を贈るとか、失礼に当たらない方法を取るようにします。欠席でも気持ちを伝える方法は様々やむを得ず、葬儀に欠席せざるを得ない。弔事の場合、そんなことがあったとしても通夜に出席するという方法があります。通夜か葬儀どちらかに出席し、香典を持参すれば失...

 
 

結婚指輪の着用は葬儀の場では許されるのですが、その他のアクセサリーは基本NGです。また、いくら結婚指輪であっても華美なデザインのものは同じくNG 。他の人からどう見えているか?葬儀の場では特にそんな観点が必要となるのです。黒色で光り物は付けないのが基本です葬儀の際の身なりについてはフォーマルで色は黒、光り物は付けないこと。以上の3点が基本となってきます。男性の場合は礼服を、女性の場合はフォーマルな...

 
 

葬儀と結婚式、どちらを優先すべきとか喪中はどうすべきとか、様々な決まりがあるものです。まあ面倒、そんな風に考えがちですが葬儀も結婚式も常識が試される場。それだけに一般的な決まりは守るべきですし、頭には入れておくべきなのです。喪中に結婚式への出席は控えるべき?友人の結婚式に出席する旨を伝えて、すっかりその気になっていたのに直前に身内が亡くなった。何とも間が悪い、、、しかし、このようなことは起こりうる...

 
 

葬儀から告別式、この2つは一連の流れになっていますので、特に区別をせずに出席するもの。葬儀は宗教的、告別式は社会的、そんな色外が強いといっても、そこまでこだわりを持つ人は少ないですし、持たないのが一般的です。通夜に出席するケースが増加中通夜、葬儀、告別式、そして出棺。故人とのお別れの儀式は、通常このように進みます。訃報を耳にして親しい人との最後のお別れ、いったいどのタイミングで出席すればいいのでし...

 
 

葬儀には黒真珠、こんな風にいわれますが、黒真珠といっても色目や大きさで様々な種類があるもの。マナー的にはOKでも、人によってはNGに感じるケースもあるもの。特にナーバスになるべき葬儀の場、身なりには万全の注意を払いたいですね。相手をしのぶのにファッションは必要か?冠婚葬祭でのマナーは非常に難しいものですが、とりわけ慎重にならざるを得ないのが葬儀の場。訪問する相手がナーバスになっているときだけに、身...

 
 

葬儀に参列する際のマナーをチェックしだすと、本当にキリがありません。そこで目立つ点でタブーを犯さないようにするのが大切。葬儀に参列する際に、必須の香典袋や身なりを中心にマナーをチェック、タブーを避けるようにしましょう。細い葬儀のマナーを見だすとキリがないもの葬儀は服装や言葉遣いなど、様々なマナーが問われる場。参列する際に大きな間違いを犯してしまうと、恥をかいてしまいます。しかしこのマナー、葬儀の際...

 
 

せっかく葬儀に参列してくれるというのに、断り方を間違えれば角が立つ。そんな風に考えがちですが、葬儀を家族葬にすると伝えれば、参列の断り方が問題になるということはありません。葬儀の方法も、多様化しつつあることは広く知られているからです。参列を断るのも一般的になりつつある近年、増えてきた葬儀の形式が家族葬。可能な限り参列者を減らすことで、葬儀にかかる費用を減らす。同時に子どもや孫といった、本当に近しい...

 
 

どの範囲の親戚まで、葬儀に参列してもらうか?明確な決まりはありませんが、目安となる範囲は3親等、そこから調節をして参列して欲しい人に声をかければいいでしょう。では葬儀に参列しなくてはならないのはどの範囲か?こちらにも正解はないのです。どこまでの範囲に声がけするかの決まりはない葬儀の日取りが決まったら、近しい人々に連絡を入れるもの。では、近しい人々とはどれぐらいの範囲なのか?と考えると結構難しいもの...

 
 

葬儀に参列する際に用意するハンカチは、スムース地の白色がベストです。白いハンカチは、それほど高価なものではないですし、葬儀だけでなく結婚式にも使用することができる持ち物。一枚購入して、礼服のポケットに常備しておきましょう。ハンカチなど持ち物は少ないから葬儀に参列する側の持ち物は、数珠と香典袋、ハンカチ、財布、そして携帯電話ぐらい。このように持ち物も少ないですから、男性の場合は基本は手ぶらで。女性の...

 
 

おこなわれる葬儀の形式にあわせて、数珠を用意する必要はありません。大切なことは、いつも使っている数珠を葬儀に忘れないということ、そのために持ち物はひとまとめにしておくこと。そして持ち物を忘れても「焦らない」ということです。一口に数珠といっても種類は様々葬儀に参列するならば、数珠は持ち物として必須なのか?持っていくとするならば、どんな数珠がふさわしいのか?これはなかなか難しい問題です。仏教徒ならば、...

 
 

取引先の誰かの葬儀がある、こんな話を耳にしたら、まず会社に報告をする必要があります。取引先との付き合いの深さでどのような対応をするか、大抵は社内規定で決まっているからです。さて問題は、それ以外のケースの葬儀への対応なのですが、、、。会社をあげて対応する場合ならば、丸投げで仕事上大切な、取引先の方が亡くなった。これが、全社を挙げて対応しなくてはいけないぐらいの取引先ならば、まあ総務にでも任せておけ。...

 
 

葬儀で手伝いを依頼されそうな場合には、それにふさわしい服装が必要。フォーマルな服装のままでは手伝いにはふさわしくない、そんなふうに考えるべきなのです。葬儀の際の服装は多くの人にチェックされるもの。充分な注意を払いたいものです。葬儀の場の服装は、皆んなに見られています葬儀の場とは、親族が一同に集まる機会。故人を悼む場でありながら、親族がそれぞれを品評するような機会だったりします。そして、とりわけご婦...