老人ホーム選び方の基本!自分に合た老人ホームの選び方ポイント

老人ホームの選び方について考えてみました。

 

全国のあちらこちらに新しい老人ホームが建築されていますが、ちまたのみなさんはどんな基準で施設を選んでいるのでしょうか。

 

老人ホームの選び方というのは、業界の知識のある方、もしくは介護の経験がある方でなければわからないものです

 

。いつかは通る道ですから、他人事でいられる人は一人もいないはず。

 

今のうちに、老人ホームの選び方について確認しておくことも大切だと私は思いました。

 

老人ホームは数あれど、自分や親族が入居できる施設は限られているというのが現実。

 

何を基準に、どう選べば良いのか・・・迷った時は外部にSOSを出すのが解決の近道です。

 

どんどん人の手を借りよう!

老人ホームに入るためには、どんな条件を満たさなければならないのか?

 

自分(もしくはその身内)は入居できる状態なのか?

 

また、何を基準にどんな施設を選べば良いの?

 

・・・介護の世界は経験がなければ全く未知の領域ですので、老人ホームの選び方は本当に難しいと思います。

 

これだけはハッキリ言えますが、素人が一人で悩んでいても埒が明きません。

 

まずは各市町村の相談窓口に助けを求めましょう。

 

福祉課、地域包括支援センター、高齢者総合相談センターなどが担当になっており、お住まい地域の老人ホームに関する情報を提供してくれるはずです。

 

特定の施設を紹介してもらうことはできませんが、少なくとも今の状況を考慮して選び方のアドバイスはしてもらえるでしょう。

 

また、在宅介護で訪問介護サービスを受けているのであれば、担当のケアマネージャーさんに相談するのがベスト!

 

独自のネットワークを活かして、その業界の人でなければ知り得ない情報を提供してくれるかもしれません。

 

とにかく、どんどん外部の人に頼って力を貸してもらうことです!

 

元気なうちからコツコツ情報収集

人は歳を取りますし、老いれば身体の自由も利かなくなってきます。

 

誰もが通る道ですから、できればそれを見越して早い段階でプランを練っておくのが理想的。

 

老人ホームも然りで、事前に情報を集めておくに越したことはありません。

 

今はインターネットという便利なツールがあり全国の老人ホームを比較するサイトも充実していますので、老人ホームの選び方はかつてに比べると格段にラクになっています。

 

積極的に情報を収集してどんどん資料を請求しましょう。

 

ネットが使えない方は、お子さんにサポ―トをお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

老人ホームの選び方を通じて、親子で「これから」のことを話し合う良い機会にもなります。

 

子供は「父さんと母さん、老後はどうしたいんだろう。」と気になっていてもなかなか自分からその疑問を口には出せずにいるもの。

 

ぜひ、親のほうから話を振って、お互いの意思確認をしておきたいものです。

 

資料だけじゃダメ!入居体験は必須です。

レストランに食事に行った時、「ネットの画像だと、もっとオシャレな感じのお店だったのに」と違和感を覚えたことはないでしょうか?

 

今は写真の技術が格段に上がっていますので、加工次第で実物以上に見せることは簡単!

 

老人ホームの選び方でも、ネットやパンフレットの情報だけを鵜呑みにするのは危険です。

 

パンフレットではクリーンで明るい雰囲気に見えたけど、実際に行ってみたらなんだかどんよりした施設だった・・・なんてこともあり得ます。

 

ほとんどの老人ホームでは入居体験を設けていますから、必ず利用して実際の様子を五感で確かめることが大切!

 

コレ、老人ホームの選び方の基本中の基本です。

 

逆に言えば、体験入居がない老人ホームはちょっと信用できないですね。

 

人生の最後のステージとなる場所ですから、「現地」「現物」「現実」でしっかりご確認を!

老人ホームで叶えたいことは?選ぶポイントを整理してみた!

立地、交通のアクセス、費用、サービスの内容・・・等々。

 

老人ホームを選ぶポイントは色々ありますが、ともすれば家族目線での選び方に偏りがちなもの。

 

できれば、入居するご本人の意志を第一に汲んであげたいものです。

 

家族も入居者もHAPPYになれる老人ホームを選ぶポイントについて考えてみました。

 

何かを優先すれば、別の何かを諦めなければならない。

 

老人ホームを選ぶのは、想像しているよりも大変なことです。

 

できればご本人が元気なうちに家族で話し合い、希望をすり合わせておくのが理想的ですね。

 

とにもかくにも「雰囲気」が大事!

全国、あっちにも、こっちにも・・・と新しい老人ホームが建設されている時代。

 

「どこの老人ホームが良いんだろう?」と迷ってしまいますよね。

 

選び方のポイントとして声を大にして言いたいのは、第一に雰囲気を重視して欲しいということ!

 

学校でも会社でも、それぞれの場に特有の「空気感」ってありますよね。

 

私たちはそれを肌で感じ、なんとな~く「自分もなじめそう」または「どうもしっくりこない。なじめなさそう」と判断しています。

 

職場や学校のクラスはあらかじめ決まっているから自分では選べないケースがほとんどで、それでも「まあ、仕方ないか」と諦めてその環境を受け入れていくしかありません。

 

しかし老人ホームは違います。

 

そこが終の棲家になるかもしれないわけですから、雰囲気は選ぶポイントとして超重要!

 

介護している家族としては「どこでも良いから、とにかく入れるところに・・・。」と思ってしまいがちですが、可能な範囲内でご本人の意志を尊重してあげましょう。

 

食事の献立、レクリエーションの内容、入居している方やスタッフの雰囲気、老人ホーム独自で力を入れている活動・・・等々、施設ごとに面白いほどのカラーがあります。

 

いろんな活動に積極的に挑戦してみたい!というバリタリティあふれるお年寄りもいれば、逆に「一人で静かに過ごしたい」という方もいるはず。

 

老人ホームに何を求めるのか、何を優先したいのか?ぜひ、ご本人と話し合う機会を持ちましょう。

 

やっぱりココがネックになる?費用とサービス内容

とはいえ、どんなに気に入った老人ホームがあっても費用があまりにも高額だと入居できませんよね。

 

一時金としてどのくらいなら用意できるのか、月々いくらまでなら支払えるのか。

 

やはり、老人ホームを選ぶポイントとして「予算」は外せません。

 

また、どんな介護サービスを受けられるのかというのも選ぶポイントとして重要。

 

特に、民間の老人ホームは介護サービスが開示されていないケースも多いのが現状です。

 

職員の数や資格保有者の割合、利用できる介護サービスの中身、認知症患者の受け入れの可否、入居者の要介護度の内訳や年齢層・・・等々。

 

そこで最近は、国土交通省がサービス付き高齢者向け住宅の事業者にサービス内容の開示を求めるなどの動きも出ています。

 

高い一時金を支払って入居してから「こんなハズじゃなかった」なんてことにならないように、事前の情報収集がカギを握ると言えるでしょう。

 

その老人ホーム、本当に大丈夫?

さきほどの「情報」に関してもう一つ。

 

費用やサービスの内容に加えて、老人ホームの「企業」としての体質や信頼度も選ぶポイントとして無視できない要素です。

 

例えば、料金が特別に高いわけではないのに空室が妙に多かったり、退去率が高かったりするとちょっと不安を覚えませんか?

 

「老人ホームがどこも入居待ちのご時世に、なんで部屋が空いているんだろう?人気がないのは、信頼されていないということ。もしかして、過去に何かトラブルでもあった施設なのかな?」

 

そんな疑いの目を持つことも大切です。

 

過去にその老人ホームで何か事件がなかったかどうか、利用者たちはどう評価しているのか、ネットで情報を検索してみましょう。

 

大切な人を預けても大丈夫な施設なのかどうかを見極めること。

 

これは、老人ホームを選ぶポイントの中で最も難しく、判断を誤りやすい肝所だと言っても過言ではないでしょう。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


↓の記事も読むと、老人ホーム選びのポイントが分かります。

 

ご両親から「歳を取ったら、老人ホームに入れてくれ」なんて言われたことがあるという方も少なくないでしょう。しかし、老人ホームは誰でも簡単に入居できるわけではなく、入れないケースも多いのです。今回は、入れない理由を3つピックアップ!若いうちからできる対策はしっかり打って、老後に備えたいと思います。老人ホームに入るのが大変・・・って、よく聞きますよね?それは一体ナゼなのか?どうして簡単には入れないのでし...

 
 

愛犬を連れて老人ホームに入居する場合の注意点について。「犬を置いていけないから」という理由で老人ホームへの入居を拒否し、ある日突然死んでしまう。・・・そんなお年寄りも珍しくない時代だそうですが、飼い主さんがいなくなってしまったら愛犬はどうなってしまうのでしょうか?今は、ペットと一緒に入れる老人ホームもある時代。「これから」のこと、今から考えてみます。愛犬は、小言ばかりでうるさい奥さんよりも、めった...

 
 

老人ホームで取り入れられている運動の内容やその効果について調べてみました。多くの老人ホームでは生活プログラムの中に「運動」を取り入れていますが、具体的にどんなことをどのくらいの時間をかけて行うのでしょうか。また、日常生活に運動を取り入れることでどのような効果があるのか?今回は、老人ホームで行われているプログラムの内容に注目してみます。以前、NHKの番組で、老人ホームの入居者たちがボランティアの若者...

 
 

食事が美味しい!と感じられるのは元気な証拠。逆に言えば、元気で長生きするためには「食」を大事にすべきだということです。老人ホーム選びでも食事の問題は超・重要!老人ホームの栄養士が担っているのは「食べさせること」だけではありません。栄養士の手腕を推し測る意味でも、献立チェックは必須です!住み慣れた自宅を離れて暮らすわけですから、老人ホームに入居したばかりの頃は口には出さなくても寂しさは感じているはず...

 
 

介護保険を使って老人ホームに入居する場合に知っておきたい条件とは。介護保険は、介護が必要な世代をみんなで支え合いましょうという互助の仕組み。40歳から所定の保険料を納めていれば、介護が必要になった時にその費用の大部分を保険でまかなうことができます。もちろん、老人ホームでも利用可能!ただし、誰でも・いつでも使えるわけではありません。介護保険を利用するには満たすべき条件があり、利用できるサービスの種類...

 
 

老人ホームと介護施設の違いは?よく混同される言葉として「老人ホーム」と「介護施設」があります。両者にはどんな違いあるのかご存知でしょうか?同じ意味として使われることもありますが、入居の対象者や目的をハッキリと分けて使われている場合もあります。改めて、老人ホームと介護施設の違いを確認しておきましょう。年齢的な条件はクリアしていても、「介護施設には入れるけど、老人ホームには入れない」というケースがあり...

 
 

老人ホームの給食の内容や一ヶ月の食費についてご存知ですか?子供たちが給食の時間を楽しみにしているように、老人ホームに入居している方々も食事はお楽しみの時間。だからこそ、給食の献立や雰囲気が気になるところです。老人ホームを比較・検討する場合は、食事の充実度チェックは外せないポイント!次の食事を楽しみにできることは、明日を生きる生命力にもつながっていくのです。「食」は生きることの基本。人は生きるために...

 
 

老人ホームの献立ではどんな工夫が施されているのでしょうか?老人ホームの食事の献立は、施設によってはホテルの食事並みに豪華!「食」は人に生きる力を与えるものですから、食事の時間をどう捉えているかは老人ホーム選びで無視できないポイントです。献立を見て、明日が待ち遠しくなるような・・・そんなささやかな幸せを大切にしてくれる老人ホームに入れたら最高だと思っています。老人ホームの食費は、月に5~6万円が相場...

 
 

短期で入所できる老人ホーム、ショートステイについて、私の経験から注意点などをまとめてみました。在宅で介護をしていると、自分が体調不良でダウンしてしまうこともありますよね。そんな時に心強い助けとなってくれるのが、短期で利用できるショートステイです。費用もリーズナブルで内容も充実しているとあってニーズも高い!・・・ですが、ショートステイといっても一種の老人ホームであることには違いありません。利用の際は...

 
 

生活保護で老人ホームに入ることについての誤解や偏見をなくすためにはどうすれば良いのか。老いて働けなくなって、誰も頼れる身内もいなくて・・・という場合は、生活保護で老人ホームに入居することが可能です。しかし、生活保護受給者に対する世間の目は厳しいもの。実際に受給している人、老人ホームに入っている人たちは、それをどう受け入れているのでしょうか。みなさんは、生活保護で老人ホームに入居することをどう思いま...

 
 

どこの老人ホームでも、本契約の前に「体験入居」というお試し期間を設けているもの。これは入居者と老人ホームがお互いの相性をチェックするために欠かせないプロセスです。老人ホームの体験入居でわかること、ぜひ確認しておきたい要チェックポイントを私なりに考えてみました。ハイ、あなたは今日からココで暮らしてくださいね!・・・と、いきなり全く知らない場所に連れて行かれても困りますよね。老人ホーム選びも然りで、ま...

 
 

「介護を要する高齢者」という共通点だけで赤の他人が同じ空間で一緒に暮らすわけですから、老人ホームにはトラブルがつきもの。その中でも、特に多いトラブルを3つピックアップ!誰もが通る道ですから、イザという時に慌てないためにもあらかじめ対処法を検討しておきましょう。どんな事態になっても、入居するご本人の気持ちや立場を尊重して対処してくれる老人ホームを選びたいものです。大きなお金が動くからこそ、老人ホーム...

 
 

老人ホームの人気の決め手はコスパの高さ、次に立地。こう考えると老人ホームも人気マンションも条件自体はあまり変わらないようです。しかし老人ホームならではの条件といえばサービス。コスパ、立地、そしてサービス、この3つが人気を決める要素と言えそうです。なぜあの施設が、人気の老人ホームなのか?「なぜその老人ホームを利用しているのか、その理由とは?」老人ホームに家族を入居させている人からとったアンケート結果...

 
 

老人ホームの評判ほど集めにくいものはありません。レストランなどと違いWeb上に評判が出回っているわけでもありませんから、一軒ずつ候補の老人ホームをたずねて回り、雰囲気や職員の態度から様子を推し量るしか手はないのかもしれません。知り合いの評判頼りの老人ホーム選びどこに食事に行こうか?そんな場合には「食べログ」を頼ったりできるのです。しかし、老人ホームにお世話になろうなんて考えた場合には、本当に困って...

 
 

夫婦で老人ホームに入居する場合、部屋を分ける、同じ部屋にするなど様々なパターンが考えられます。長年連れ添ってきた夫婦にあるのが適当な距離。老人ホームに入って距離感がおかしくなるのは避けたいもの。数多くチェックして適当なものを選びたいものです。夫婦一緒に年を取るのが理想なのですが急速に進行する高齢化社会、夫婦で年老いていくというのは理想のケースです。しかし、それは双方元気ならばという、条件付き。片方...

 
 

様々なタイプの老人ホームがあり、それぞれにメリット・デメリットはあるものです。もっぱらネックとなってくるのは経済的なもの。費用が高い民間の老人ホームはメリットだらけである反面、費用の高さがデメリットとなってきます。様々な種類がある老人ホーム一口に老人ホームと言っても、実に様々な種類があり、入居者の身体的・経済的事情で、利用可能な老人ホームも違ってきます。そして、それぞれにメリットとデメリットが存在...

 
 

「老人ホーム人気ランキング・2017」こんなムックが販売されていますが、現実とはかけ離れた内容で使えなかった、こんな声を耳にします。情報が少ない老人ホーム。2017年度版などランキングに頼りたくなるのはわかるのですが、やはりほどほどにすべきなのです。何かと難しい、老人ホーム選び老夫婦や老人の一人暮らしでは、この先、日常生活を送るのが難しい。そうなると、必要になってくるのが老人ホームなのですが、いざ...

 
 

連帯保証人や身元引受人は、ほとんどの老人ホームの入居条件となっています。連帯保証人は主に金銭面、身元引受人は健康などの面において入居者に代わって責任を負うもの。今では連帯保証人が不要という老人ホームは増えていますが、やはり必要と考えておくべきでしょう。老人ホームの入居に連帯保証人は不可欠賃貸住宅に住むならば、連帯保証人は絶対に必要、ずいぶん長い間そう考えられてきましたが、最近はそうでもありません。...

 
 

老人ホーム、特に初期費用は手痛い出費。そんな場合に備えて、最近では高齢者向けのローンも各種登場しています。老人ホームに入居するにもローンを組む?例えば、リバースモゲージ型のローン、一度検討する価値はありそうなのです。老人ホーム、初期費用をどうやってまかなうの?人間は一生、お金の呪縛から離れることは出来ないのか?老人ホームについて調べていると、こんなことが頭をよぎります。月々の利用料はもちろんなので...

 
 

病気になった場合、すでに病気を抱えている場合。それぞれに相応しい老人ホームがあるのです。しかし、老人ホームによって設備や対応は様々。入居者にピッタリあったものを探す努力が必要となってくるのです。病気のせいで老人ホームを退去する?病気にかかり、長期で入院しなくてはならなくなったので、老人ホームを退去しなくてはならない、こんな話を聞きました。老人ホームに入居することで、生活環境が変わることが心配なのに...

 
 

数を増やしつつある、病院併設型の老人ホーム。持病や突然の体調不良時の安心感は、病院併設の老人ホームならではのもの。しかし、部屋に空きがないことや、費用の高さが大きなネックとなっているのです。できることなら選んで入居したい老人ホーム高齢化社会、そして来るべき「超」高齢化社会に向けてでしょう、老人ホームの数がずいぶん増えた印象があります。しかし老人ホームの数が多いことと、入居しようとしている人たちにと...

 
 

全国に先んじて高齢化が進む青森県だけに老人ホームの件数は非常に多く、人口あたりでは日本一費用もそれほどかからないという印象です。費用がかかるとされる有料老人ホームが多い割には、優秀な青森県、老後を過ごすには幸せな地域になりそうです。高齢化がいち早く進む青森県年齢別の人口分布がひと目でわかる人口ピラミッド、青森県で最も多いのが65?69歳。東京都の場合、ボリュームゾーンが40?44歳に来ていますから...

 
 

費用が低めな公的な老人ホームの占める割合が高い、これが茨城県の傾向。ですから、費用面では非常に恵まれているといえるでしょう。ただし、茨城県では老人ホームの絶対数が豊かとはいいがたいもの。この点が改善されれば、更に有り難いですね。公的な老人ホームが占める割合が高い都道府県別・65歳以上の人口に対する老人ホームの定員数、こんなデータを見ていると各地域ごとの傾向がよくわかるもの。茨城県は全国の平均をやや...

 
 

公的な老人ホームが多く、件数も多い岩手県。ですから岩手県は老人ホームの費用の面で見ると、非常に恵まれた環境にあるといえるでしょう。費用が低くても評判が良い老人ホームが集まっているのが岩手県ということもできるのです。老人ホームの環境に恵まれている岩手県人口の分布を年齢別にグラフにした、人口ピラミッド。これの岩手県版を観ていると、やはり東北地方の例に漏れず、65歳以上の高齢者の数が非常に多いことに気付...

 
 

費用面でも入居待ちの状況でも、石川県の老人ホーム事情は恵まれている。全国のデータと比較してみると確かにそうなのですが、石川県の在住者にとって老人ホームの費用は決して軽いものではないです。石川県の老人ホーム事情とは?老人ホームの定員の総合計と、65歳以上の人口を比較する。これが、老人ホームの数が足りているかどうかを判断する一つの方法となります。石川県をみてみると、65歳以上人口10万人当たりの老人ホ...

 
 

老人ホームの環境が比較的良い愛媛県、費用がかかるとされている有料老人ホームでも、費用が抑えめに設定されている所に注目です。しかし、そんな愛媛県でも、人気の施設に空きがないのはよくあること。いち早い改善が望まれるのです。比較的恵まれている愛媛の老人ホーム事情老人ホームの種類や定員数を、都道府県別にまとめたデータを見ていると、色々なことに気がつくのです。一般的に費用が高いとされる、有料老人ホームの占め...

 
 

大阪で評判の良い老人ホームを見ていると、他の大都市圏同様、費用の高さが目立ちます。一方で、費用を抑えた公共の老人ホームでも空きを見つけることができるのが大阪。立地などに目をつむる必要はあるのですが、それは妥協ポイントなのです。パナソニックの老人ホームが好評です老人ホームの人気ランキング、大阪版。これを見ていると、SOMPOケアネクストなどおなじみの運営会社に混じり、上位に顔を出す。これが「パナソニ...

 
 

沖縄の老人ホームの費用は、文字通りピンからキリまで。とんでもない費用が必要になるリゾートホテルのような老人ホームがある一方で、非常にリーズナブルなものもある。そんな風になっているのが沖縄の老人ホームの環境なのです。沖縄の老人ホーム事情は悪くはない老人ホームに入居したくても空きがない、これは非常に深刻な悩みです。1,000人を超える人々が入居待ちをしている、人気の高い老人ホームだと、こんなケースも珍...

 
 

大分県の老人ホームは件数も多く、かかる費用もバラエティに富んでいる印象。ですから、大分県は他と比べて恵まれています。老人ホームも費用がかかる分だけ、ケアが充実している、そんなところが集まっているのです。大分県は老人ホームに恵まれている?65歳以上の人口・10万人当たり、どの程度老人ホームの定員があるか。これは非常にわかりやすい指数、この数が多ければ多いほど、老人ホームに余裕があるということ。老人ホ...

 
 

大手が進出する岡山県の老人ホームは費用が高めのところが多いもの。公的な老人ホームも充実しているのですが、比率で言うと岡山県はまだ手薄。恵まれた環境ながらも、費用の面がネックになる印象です。本拠地だけにベネッセの老人ホームが強い全国300カ所以上の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅を展開する、ベネッセスタイルケア。名前からもわかる通り、進研ゼミなどを展開する教育産業の最大手、ベネッセグループ...

 
 

老人ホームでかかる費用が少ないのは特養なのですが、帯広市でも空き待ちという状況は変わりません。そこで利用すべきなのが有料老人ホーム、費用は高めですが地元密着の企業など、多くが帯広に施設を展開しているのです。特養の老人ホームは順番待ち十勝地方の中心地である帯広市は、人口17万弱という中規模の都市。他の地方都市同様、人口は減少傾向にあり、年齢別で見ると人口分布は60歳の近辺がピークとなる。こんな具合で...

 
 

公的な老人ホームも足りており、有料老人ホームの費用も低め。鹿児島県の老人ホーム事情は、恵まれているといえます。公的な老人ホームが多い分、費用も下げなくてはならない。そんな鹿児島県内の様子がうかがえますね。鹿児島の老人ホーム状況とは?人口が集中しがちな都市部では老人人口も多くなりがちだから、老人ホームの需要が高くなる。加えて、都市部だけに地価も高いことから、老人ホームの費用も高くなる。そして、費用が...

 
 

神奈川県の老人ホーム事情を費用の面だけで見ると、最悪といって良いでしょう。非常に費用が高い有料老人ホームが占める割合が日本一。お金持ちにとっては恵まれているのかもしれませんが、普通の人にとっての神奈川県の老人ホームは非常に厳しいものです。有料老人ホームの構成比が高い神奈川県神奈川は老人ホームに置ける有料老人ホームの構成比が日本一。老人ホームの約3割を費用がかかる民営の施設が占めるという、非常に得意...

 
 

京都の老人ホームを見ていくと、中心部とそれ以外で費用面など、随分条件が異なることに気付きます。京都中心部の老人ホーム事情はかかる費用も最悪に近い、一方で少し離れればそうでもないもの。範囲を広げた老人ホーム探しが必要でしょう。中心部とそれ以外で大きく異なる老人ホーム事情老人人口あたりの老人ホーム数を見た場合に、絶対数が足りていないのが京都府。全国平均を下回り、ワースト5にランキングされるほどの状況は...