お花代のお返しは必要?具体的にはどんな物を?

お花代をいただいた場合、お返しとしてはいくらくらいの・どんな物を選べば良いのでしょうか?

 

また、「返礼不要です」と言われた場合は、本当にお返しは要らないの!?

 

お花代をいただいた場合の常識的な対処法についてまとめてみました。

 

葬儀の際に、御花料を頂く場合があります。

 

香典返しという名前は知っていても、御花料返しとは言わないし、返さなくてもいいものなのかしら、と馴染みが無ければ判断に迷いますね。

 

送る際の注意点

結論から言うと香典と同じく返すものです。

 

会場にお花をそのまま手配された場合もお返しするものです。名札とそのお供えの花(お供えの花のことは供花と言います)の大体の価格は控えておき、香典のお返しの際にはその分もお返ししましょう。

 

手配すること、受け取るものが多くて通夜、葬儀は多忙なものですが、要領よく済ませておきましょう。会場の中の様子を携帯のカメラで一先ずメモ代わりに撮影してもいいでしょう。

 

家族葬などで、香典不要としていた場合は知らせを聞いた方がせめて気持ちのお花を、と手配されるかも知れません。その場合も、返礼不要と明記がない場合は受け取られた側はお供えと受け取りますので送る際には気遣いが必要です。

 

「返礼不要」と言われた場合は?

お返しは頂いたものの3から5割を目安にお返ししますので、あまりにも少ない金額を包むことはかえって扱いに困ってしまします。お花代を出すなら5千円は最低でも包んだ方が無難です。

 

もし返礼不要のお花代を頂いたとしても、落ち着いてから香典返しの際にお手紙で謝意を伝えるなどはされることをお勧めします。受け取って全くお返しは無い、でしたらちゃんと着いたのか手配された側は不安です。

 

連名でのお花代を受け取った場合はお礼に困りますね。職場や趣味の集まりの場合は代表の方に、皆で小分けして食べられる菓子などをまとめてお返しでいいでしょう。

 

お花代のお返しはどんな物にすべき?

香典返しの品物は葬儀会社に依頼しておくと、文面から包装まで手配して貰えますが、後日自分でもギフトショップで数百円のもの、数千円のお返し品をそれぞれ少しずつ用意しておいてもいいでしょう。遅れて花代や御仏前を頂いた時用に備えておくと安心です。

 

その際にはタオルなど、賞味期限のないものを揃えておくと便利です。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


お花代に関する記事一覧

 

お花代は一体いくら包むべきなのか?その金額には、故人との関係やその家の方針(供養の在り方)によって幅が出てきます。とはいえ、一般的な相場はあるはず。そこで、お花代はだいたいいくら包むのが常識的なのか、リサーチしてみました。お花代の目安金額や包み方は、実際にその状況になってみて初めて慌てるというケースが多いようです。オトナの常識として、基本的なルールは知っておいて損はありません!お花代の一般的な相場...

 
 

お花代は、いつ、誰に渡せば良いのでしょうか。また、法要でお花を届ける場合はいつ・どんな種類やアレンジのものを選べば良いのか・・・。お花代やお花についてのマナーのあれこれを解説します。お花代、いつお渡しすればいいのか悩みますね。葬儀の場は皆さん忙しそうですし、受付には香典を渡しますし。様々なケースを、それぞれの事例によって見てみましょう。お花代を渡すタイミングは?お花代は喪家が立て替えでまとめて支払...

 
 

お花代については、金額もさることながらそれを入れる封筒の選び方やお札のいれかたにも不安がつきまといます。いい歳をして間違ったいれかたをしていると恥をかくことになるかも!?そんなことにならないためにも、お花代の基本的なルールをマスターしておきましょう。いざ、お花代を包む段になって、あれこれ迷いが生じて手が止まってしまった。そんな経験はありませんか?こんな時、あんなケース、どう対処すれば良いのでしょう...

 
 

お花代はその名前の通り、葬祭の場に花を供える為お包みしてお渡しするものです。花輪一基の相場は大体1万2千円から1万5千円前後で花かごは1万円程度です。大体の金額で、季節によって花の種類が違ってきますのであくまで目安と考えてください。お花料は、香典だけでは足りないと思う場合に追加でお渡ししても構いません。また、遠方で参列できない場合に供花を手配することもお花代のお包みと同じです。この場合は、会場に花...

 
 

香典にお花代、お線香代・・・包むべきものが色々あってよくわからない!どんな方のために、それぞれの意味や相場金額について解説します。お花代とお線香代の違いを正しく理解し、常識をわきまえた対応を心掛けましょう。お花代とお香典代。何を基準にどのくらいの金額を包めば良いのでしょうか。お花代とお線香代、どう違うの?お花代は葬儀の際のお供え花代ですが、御香料(ごこうりょう)または御香奠(ごこうでん)はその名前...

 
 

お花代をいただいた場合、お礼としてどのくらいの金額のものをお返しすれば良いのでしょうか。連名だった場合、家族葬だった場合、ずっと後になってから届いた場合・・・等々、個別のケースに合わた対応が必要です。ここでは、お花代のお礼について、ケース別の対処法をご紹介します。お花代をいただいたからお礼を・・・と思っても、「誰に・どのくらいのものを」お返しすれば良いのかは非常にわかりにくい!こんなケース、あんな...

 
 

一口に「お花代」と言っても、実は様々な種類や意味があります。故人に対する供養の気持ちを示す意味でも、それぞれの意味を正しく理解しておくことが大切!意外と知らない、お花代の基本やお花の選び方、相場金額について解説します。そもそも、お花代を渡すことにはどのような意味が込められているのでしょうか。実は、葬儀の場面以外でもお花代を渡すシチュエーションがあるってご存知でしたか!?「お花代」にも色々ある花代と...

 
 

法事には、その家々のしきたりやルールがあります。一周忌の時のお花代に対する考え方も、様々。状況に合わせた対応が必要となります。例えば、筆者の実家と嫁ぎ先だけを例に取ってみても、一周忌のお花代に対する考え方はこんなに違います!!それぞれの家に暗黙のルールがある。それが、法事の怖いところ。「知らなかった」では済まないトラブルの火種になることもありますので、ご注意を!法事は思い込みで動くのが最も危険!葬...

 
 

お花代は、経費として扱うことができるのでしょうか?また、経費として落とす場合の科目は何に分類されるのでしょう?ここでは、一般的な会社と個人事業主の場合の2つのパターンについて解説します。お花代の扱いに困っている経理担当さんは要注目!お花代は、経費扱いにできるものです。ですが会社によっては扱いが少しずつ違ってきますので、経理担当の方に確認はしておく方がいいでしょう。気になる「科目分け」はどうなる?個...

 
 

葬儀の参列できない場合、お花代に手紙を添えて送るという形式が一般的です。でも、その場合、手紙は必須なのでしょうか?お花代だけではダメなの!?その理由や、正しい書き方についてまとめてみました。お花代に沿える手紙を書こうとしてペンを持ったけれど・・・何をどう書けば良いのやら!?そもそも、手紙はどうしても添えなければいけないものなのでしょうか。電話で伝えるのではダメ?なぜ手紙が必要なの?亡くなりごとの連...

 
 

お花代は、葬儀に参列する際に弔意を表すためにおくる花の代金のことです。遠方で葬儀に参列できない人、香典不要の葬儀で香典の代わりにおくる場合があります。通夜の場合はその日の昼までには、会場に届いていないとかえってご迷惑です。通夜の日の昼までに・・・と言われても、状況的にどうしても無理!という場合もありますよね。そんな時は、どうすれば相手側に失礼にならないのでしょうか。お花代が通夜に間に合わない!さて...

 
 

お花代の包み方に関しては、実際のところ「その場になって慌てる」というパターンが多いようです。しかし、オトナの常識として事前に知っておいて損はありません!ここでは、お花代の包み方や封筒の選び方、表書きの書き方に関する注意点などをおさらいしていきます。お花代はいくらの金額を・どのように包んで渡すのが正式なのでしょうか。家柄や地域性の違いもありますが、ここでは一般的に広く浸透しているルールをご紹介します...

 
 

お花代ってそもそもどんな時に、どんなタイミングで手配をするものなのでしょうか。名前だけ知っているけど結局どんな時に、どんな状態で送られるのか葬儀に関わったことが無ければ分かりませんよね。基本から順番に、お花代について調べてみました。自身も葬儀に関しての知識は改めて振り返ると持ち合わせていませんでした。漠然と、断片的な知識はあってもそれはどんな順番で手配するのか具体的にはさっぱりです。お花の手配で注...

 
 

自分一人ではなく、連名でお花代を送る場合には、何かとトラブルが起こりがち。具体的にはどんなケースが多いのか。また、トラブルを回避するには?ここでは、連名でお花代を手配する場合に覚えておくべきポイントをまとめました。連名でお花を手配する場合は、ちょっとした気遣いが必要です。一人当たり数千円の金額になることですし、お声がかかった時にはお返しは無いものとしてお渡しするのが気楽です。こんなケースはどうすべ...

 
 

日本人にはまだまだなじみの薄いキリスト教の葬儀。お花代を送る場合のルールはどうなっているのでしょうか?ここでは、キリスト教の葬儀に出席する際に覚えておくべきお花代のしきたりをご紹介します。他の宗派とキリスト教とでは、お花代の意味や金額はどう違うのでしょうか。「お花代」の位置づけは?キリスト教の葬儀の案内をいただいたら、なじみのない場合は戸惑います。一般的には他宗派では「御霊前」とするものが「お花代...

 
 

法事の回数が多過ぎてよくわからない!・・・そんな悲鳴もちらほら聞こえてきそう。例えば、三回忌とはどのような意味のある法要で、お花代はどのくらい包めば良いものなの?ここでは、三回忌のお花代の金額の目安やしきたりについてご紹介します。○回忌って一体いつまで続くんだろう?毎回、お金を包まなくてはいけないの?・・・そんな疑問をお持ちの方も多いのでは?地域性による違いも大きい問題ですが、一般的な目安をおさら...

 
 

一周忌、三回忌、七回忌・・・いろんな節目があって、よくわからない!七回忌の時のお花代ってどうすれば良いの?・・・そんなお悩みをお持ちの方も多いハズ。そこで、七回忌のお花代の相場やルールについて調べてみました。七回忌とは故人が亡くなられてから6年目の祥月命日の事です。お花だけを送り続けてこられたのなら、この節目までは手配をするようにしましょう。それでは、その花代の平均はどれくらいなのでしょうか。どん...