墓参りをするのが困難。墓じまいしなければならない時はいつ?かかる費用は?

私達は、お墓という時に更に次のようなことを考える時が来ます。

 

お墓という存在は、墓参りをする人たちがいて成り立つのです。

 

やがて、そのような人たちがいなくなってしまうかもしれません。墓参りをするのが困難な時、墓の管理者が墓じまいを行います。

 

墓じまいをし、永代供養。

 

その時再び費用について考える必要もありますし。

 

お墓の問題は、決して費用・お金とは無関係ではありません。

 

お墓の問題は、無関係な人たちには全然判らない問題です。

 

しかし、実際に無関係な人たちっているのでしょうか。

 

結構避けている人たちも多いのかもしれません。

 

しかし、そろそろしっかりお墓と向き合う頃ではないでしょうか。

 

墓じまいの問題

お墓を意識して、更に私達は、墓じまいのことを意識することになります。

 

墓じまいとは、お墓をもう守る人たちが誰もいないという場合、更に、遠くてなかなかお墓参りが出来ないと言う人たちもいるでしょう。

 

そのような場合、お墓を撤去して、近くの墓地や永代供養墓地に移転するという方法を取ります。

 

実際にお墓を作るときにも費用はかかるものですが、墓じまいという時も、再び費用を意識することになります。

 

何に対して費用を支払いしなければならないか

墓じまいという時、私達はどのようなものに対して、費用を意識しなければならないのでしょうか。

 

お墓の敷地は、寺から借用している状態です。

 

そのために、墓じまいをするという時には、全て撤去して、更地にしてお寺へ返す必要があります。

 

ここで撤去費用というものがかかることになります。

 

墓地の広さだけではなく、墓石の量や、撤去する作業のしにくさなどによって、お金は変動して行きます。

 

クレーン車や運搬車が入らないで、人の手によって作業をしなければならない場合は、よりお金が高くなる可能性があります。

 

遺骨の取り出し

そして、次にしなければならないことは、遺骨の取り出しです。

 

ここには、決められた儀式があり、僧侶がお墓に入っている「魂」を抜き、ただの物にするという意味で魂抜きという言い方をします。

 

そこでは2万から5万円程度を、お布施として支払いしなければなりません。

 

納骨堂の費用

そして、新しい引越し先でかかる費用です。

 

新しい墓地という場合では、墓地使用料や管理の料金がかかり、更に、建墓のお金や、開眼魂入れ・納骨法要のお金、改葬手続きのお金が必要となります。

 

納骨堂という場合には、 1体ごとに3万円前後が相場です。

 

更に納骨堂では、納骨供養という儀式もあり3万円から5万円の費用がかかることになります。

 

更に、改葬先に納骨するときのお金、墓じまいで「檀家」をやめるときに住職に支払いするお布施などがあります。

 

離檀料は、だいたい 3万円から10万円程度です。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


「墓じまい」に関する記事一覧

 

墓じまいとは、 墓を撤去したり処分したりすることを言います。墓参りをするのが困難になったり、墓参りをする人がいなくなるといった場合に、墓の管理者が行います。墓じまいをした後には、近所に新しい墓を購入するというのも方法ですが、永代供養してもらうというのも方法です。永代の供養とは永代供養とは、永代経を行って死者を供養することです。それは、お墓参りをする人たちも段々と年をとり、お墓参りをすることが出来な...

 
 

私達はお墓をもち、やがて、墓じまいのことまで考える必要があるようです。墓じまいって、どのようなことは理解出来ているでしょうか。手続きをしなければなりません。そのときどのような手続きをしなければならないかということをここでお話しをして行きましょう。私達にはまだまだただお墓を持つというモチベーションしか持っていないのかもしれません。実際にお墓を持つということも大変なことに間違いはない訳ですが。そして、...

 
 

墓じまいをしなければならないという人たちがいます。墓じまいをすんなりスムーズに出来る人たちがいます。そのような人たちはあらかじめどのようなトラブルが起こるか知っている人たちではないでしょうか。トラブルを知り、回避するモチベーションが大事なのです。私達はやがて墓じまいをしなければならない時が来るのかもしれません。その時のために、墓じまいにどのようなトラブルが起こるのか知るというのも大事なことではない...

 
 

墓という意識が生きている人たちにとって希薄なのです。しかし、死は必ず誰にも起こることであり、更に私達は、墓じまいを意識しなければならないときがあります。墓じまいとは一体なんなのでしょうか。いざという時に墓じまいの方法を知っておきましょう。現代社会の人たちのための墓じまいとは。墓じまいの方法を考えます。墓じまいとは、墓じまいの方法など、しっかり現代社会の人たちでも考えなければならない時がきっと来ます...

 
 

私もいずれ、墓じまいをしなければならない時が来るかもしれません。その時のため勉強する必要があります。墓じまいも、タダでは出来ないのです。どの程度かかるのか相場を知ることも大事です。撤去の方法・ルールと相場を勉強しましょう。墓じまいをする時、寺などにお墓があれば、離壇料を請求される可能性があります。それは檀家をやめるという時に、住職に支払うお布施の意味を持っています。その相場は、一般的には、3万円か...

 
 

墓じまいについて、いろいろ知識を身につけていただきたいと思いますが、そもそも、お布施とはなんなのでしょうか。どの程度のお金を支払いしなければならないのでしょうか。墓じまいの時、離檀料が必要と言いますが、それもお布施のようなものです。お墓のことが判らないという人たちは多くいます。私達は、普通に生活をしている上で、死のことを避けたいと思っているのです。でも、死というものは必ず周囲に起こるものであり、そ...

 
 

墓じまいという概念は一般的になって来ました。お墓を管理することが出来ない人たちが増えてきたためです。墓じまいでは、同時に私達は、以後のことについても考えていかなければなりません。納骨堂・共同墓地・樹木葬・散骨などいろいろな方法があります。共同墓地もいい方法かもしれませんが。私達は、そろそろ墓じまいについて考えていかなければならない頃かもしれません。高齢者になりお参りすることが出来ないお墓にお参りす...

 
 

大阪にお住まいの方々も、いずれ墓じまいを意識しなければならない時があるかもしれません。あわてず、墓じまいをするために、「知る」ことが大事です。死と恐れず元気な時に向き合っていただきたい。大阪にお住まいの方々へ、ここでそのノウハウについてお話ししましょう。大阪にお住まいの方々も、いずれ、墓じまいについて考えなければならない時が来るかもしれません。その時、あわてないで行動するためには、事前に知る以外方...

 
 

東京に住む人たちが東京にお墓があれば問題はクリア出来るのかもしれませんが、お墓が名古屋だったら。名古屋のお墓に対して、そろそろ墓じまいについて考える時かもしれません。お墓を作ることを考え、更に私達は墓じまいについて考える時期にいたったのかもしれません。東京と名古屋では距離が離れすぎ、例えば名古屋にお墓あり、無縁墓というものも大きな問題として段々とクローズアップされるようになって来ました。無縁墓は、...

 
 

私達はお墓を持つという意識と同時に、墓じまいという意識まで持たなければならない時にいます。私達の時代は超高齢化社会であり、お墓参りする人たちも、高齢化して簡単にお参りが出来なくなりつつあります。その時墓じまいが必要です。それはいくら程度かかるものなのでしょうか。ここでは、その「いくら」を勉強します。私達は高齢化社会を向かえて墓じまいについてそろそろ考える頃ではないでしょうか。しかし、実際に、墓じま...

 
 

お墓を持つと同時に、墓じまいという意識を別に持つ必要があります。死に対してあまり多くを語りたがっていないのです。墓じまいを意識した時、遺骨に対してはどのような方法が取られるのでしょうか。遺骨は最後まで大事に扱いたいものです。故人の遺骨がお墓に眠っている訳です。しかし、遺骨ってなんなのでしょうか。骨に対して祈りを捧げなければならないものなのでしょうか。現状、そのようなことをすることが、私達の風習なの...

 
 

墓じまいの際の「お供え」についての考え方、基本的なルールについて。「もうお墓を管理できなくなっちゃいました・・・。」という、ある種の罪悪感のようなものがついてまわる墓じまい。その懺悔の気持ちを込めて、せめてお供えも豪華に・・・?いえいえ、墓じまいは、見方を変えれば「神様に借りていた土地をお返しする」儀式。お供え物には、神様への感謝の気持ちも込めるというのが礼儀ですよ!少子高齢化の世の中ですから、こ...

 
 

沖縄で墓じまいをする場合に知っておくべき基本情報と、頼りになる相談先について。「仕事で」「結婚して」「二世帯同居のために」・・・と、様々な理由で沖縄を離れる方も多い昨今。管理する人がいなくなった無縁墓の増加が大きな問題になっているのだとか。自分が死んでしまった後のことも考えて、先祖代々続くお墓をそろそろ墓じまいしたい・・・という方のために、今回は、沖縄で墓じまいをする際に知っておくべき基本、相談先...

 
 

神奈川県内で「墓じまい」を専門とする業者を3社ピックアップ。管理する人がいなくなったらお墓をどうするか問題。神奈川県でも、「墓じまい」という選択をされる方が増えているようです。しかし、その費用相場はあってないようなもの。ケースバイケースと言っても過言ではありません。では、神奈川県内で安心価格な墓じまいをするならどこの業者にお願いするのが良いのでしょうか?墓じまいをして、骨は海に散骨、もしくは永代供...

 
 

京都府内内で「墓じまい」をする場合の相談先としてオススメの業者を3社ピックアップしました。墓じまいをして、京都から他のエリアへ、もしくは逆のパターンで遺骨を移される方も多いようです。改葬には法的なルールもありますので、素人判断では手を出せない分野・・・。だからこそ、親身になって相談に応じてくれる業者選びが大事です!京都で墓じまいをするなら、どこに相談するのが良いのでしょうか?ご先祖様の遺骨を動かす...

 
 

神戸エリアで「墓じまい」をする場合の相談先としてオススメの業者を3社選んでみました。墓じまいをして、永代供養を。もしくは、海洋散骨で自然に還す・・・等々、時代と共に先祖供養のカタチも変わりつつあります。神戸エリアで墓じまいを考えている場合、どんな選択肢があるのでしょうか。ここでは、いくつかのニーズに分けて神戸の専門業者に関する情報をまとめてみました。先祖代々続いているお墓ですから、できれば絶やした...

 
 

札幌市内で墓じまいをする場合に、相談先としてオススメの業者情報が欲しい!札幌から道内・道外の他のエリアへ、もしくはその逆のパターンでお引越しをされる場合、「墓じまい」という選択肢も出てくることでしょう。そんな時に頼りになるのは、地元の石材店。そこで今回は、墓じまいの実績が豊富な札幌市内の実力派石材店を2店セレクト!併せて、「海洋散骨」という選択についても考えてみました。墓じまいに際しては、なにかと...

 
 

墓じまいをして散骨する場合の流れや手続き上の注意ポイント、業者の探し方についてまとめました。墓じまいをした後、ご先祖様の遺骨をどうするか?いくつかの選択肢がありますが、海や山、川など自然に還すという「散骨」が注目を集めています。宗教にとらわれず、命の源である海に魂を還してあげたい。今回は、墓じまいをして散骨する場合の手続きや注意点についてまとめました。散骨・・・って、どこか遠い世界のことのように感...

 
 

墓じまいについて親戚の反対を受けた場合のトラブル回避方法について考えてみました。墓じまいをするに当たって、親戚から反対されてトラブルに発展した!というケースが非常に多いのだとか。一体、どうすればアタマの固い親戚を説得することができるのでしょうか。そもそも、どんなことがトラブルの焦点になっているの?墓じまいに合意していただくための説得テクニックについて考えてみます。先祖代々続いていたお墓を自分たちの...

 
 

言うまでもありませんが、人骨の取り扱いは時に法に触れてしまうもの。墓じまいをするに当たっては、その流れや必要な手続きをしっかり確認しておくことが大切でしょう。遺骨を取り出した後、それをどうするか?その選択次第で流れが違ってきますので、まずはそこを明確にすること!ここでは、墓じまいについて知っておくべきプロセスを一緒に確認します。お墓を撤去するということは、ご先祖様の遺骨が一時的に宙ぶらりんな状態に...

 
 

奈良県内で墓じまいをサポ―トしてくれるオススメ業者を3社セレクトしてみました。墓じまいに際して、なにかと煩雑な手続きが要るのはどこの地方でも同じこと。いろんなことをまとめて代行してくれる業者があれば良いのに・・・。奈良県には、そんなちょっと不謹慎にも思えるニーズに応えてくれる業者が充実!お得なパック料金を採用している業者もありますので、見逃せませんね。墓じまいを考え始めてから実際に一通りの手続きを...

 
 

新潟県内でお墓じまいをサポートしてくれる信頼のおける業者、お寺の情報を集めてみました。お墓じまいはよくわからないことだらけ。お墓の処分に始まって、取り出した遺骨をどーすりゃいいの!?墓じまいについて悩んだ時の相談先として、新潟県内で頼りになりそうな業者、お寺さんの情報を集めてみました。新潟県でのお墓じまいを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。石のことは石屋に聞け。先祖供養のことは寺に聞け。...

 
 

墓じまいをする場合の離檀料の相場や、トラブルを回避するための心得について。墓じまいをするにあたっては、お寺との間で「離檀料」を巡ってトラブルになるケースも多いとか。そもそも、この離檀料とは、なんのために支払うお金で、どのくらいの金額になるのでしょうか?今回は、墓じまいにつきもののお金を巡る問題について考えてみましょう。檀家とは、特定のお寺(菩提寺)のパートナーとなってそのお寺を支えていく人のこと。...

 
 

墓じまいに好ましい服装について調べました。お葬式や法事の服装は喪服がスタンダード。では、墓じまいは?経験がないことだからこそ、なにかと疑問もついてまわります。今回は、墓じまいにふさわしい服装や、意外と意識したことがない喪服の意味や歴史についてみてみます。墓じまいは、先祖代々続いてきたお墓を閉める大切な日。特別な日だからこそ、当日の服装に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?墓じまいの日にふ...

 
 

北海道で墓じまいの経験が豊富な業者情報をまとめました。ところ変われば、先祖供養についての考え方や姿勢も変わるもの。豊かな自然が残る北海道だけに、墓じまい後の供養のスタイルも「自然への回帰」を希望される方も多いようです。今回は、北海道で墓じまいをしようと考えた場合のオススメ業者を3社選んでみました。同じ北海道と言っても、網走から函館までお墓参りに通うのは大変でしょう。一つの選択肢として「墓じまい&お...

 
 

大事なお墓が無縁仏になる前に、自分達の代でお墓じまいを考えてみませんか?今、日本全国で増えている「無縁仏」。少子高齢化が加速する昨今では、どこのお宅にとっても他人ごとではありません。少しでもそうなる可能性があるのであれば、自分たちが元気なうちに墓じまいを考えるのが、そこに眠るご先祖様への礼儀です。今回は、無縁仏にまつわる問題やお墓じまいをする意義について考えてみましょう。お墓とは、その人が生きてい...

 
 

鹿児島県内で墓じまいをサポ―トしてくれる石材店&霊園の情報をまとめました。開放的な青い空と、きらめく海、心をも包み込むような温暖な風。墓じまい後は鹿児島県内に新しいお墓を構えたいと希望する方も多いようです。鹿児島県内で、そんなニーズを受け入れてくれる霊園や全国展開で墓じまいをサポートしてくれる業者を探してみました。墓じまいをした後は、新しくお墓を建てる、散骨する、樹木の根元に埋葬する、永代供養墓に...

 
 

岡山県で墓じまいをサポートしてくれる業者の情報をまとめてみました。古き良き、日本の伝統的な手仕事を今に受け継いでいる岡山。その土地柄は、供養に対する考え方にどう表れているのでしょうか。岡山で墓じまいをする場合、どんな選択肢があるの?今回は岡山でお墓じまいをサポ―トしてくれる優良業者の情報を集めてみました。「晴れの国」という、なんともポジティブなキャッチフレーズで知られる岡山県。しかし、県内27市町...

 
 

墓じまいをして永代供養墓に移行する場合の費用について調べました。近年は、自分が元気なうちにご先祖様の墓じまいをしてお寺に永代供養を依頼する方も多いようです。基本的には良心的な費用で受付けていただけることもあり、墓じまい→永代供養のニーズはますます高まっていくと予想されます。今回は、具体的な費用や知っておくべき注意点についてまとめました。生きている人間の介護問題も深刻ですが、亡くなった方のお墓の管理...