何を基準にすればいい?永代供養のいい選び方

永代供養をお願いするにあたっての最低条件がわかっていれば、いい選び方が出来るはずです。

 

そのためには、お寺や納骨堂などで出している条件や決まり事は、一般的に消費者となる側に有利に作られているわけではありません。

 

その点は致し方ないとしても、最低ラインをこちらで決めておくと、選ぶときに失敗することがないのではないでしょうか。

 

重視するのはどんなところ?

選び方としては、供養をしてもらう状態がどのようになっているかを重視するようにします。

 

まず、供養してくれるところが業者ではなく、お寺の住職であることが挙げられます。

 

お寺がないところでは、しっかりと拝んでくれないことも考えられるからです。

 

永代供養の中で一番大事な部分ですから、これを第一条件とした選び方をする必要です。

 

場所も大事!

次に、納骨出来る場所やお墓の場所が本堂から離れすぎることなく、適切な場所にあるかどうかも重要です。

 

あまりにも場所が離れすぎた位置にあると、掃除などを業者などに頼んだりすることになります。

 

何かあったときにきちんと対処してもらえればいいのですが、そうでない場合も考えられあまり良くないと判断できます。

 

金額はさまざま

最後に費用の面です。

 

永代供養の費用は相場があってないようなものです。

 

あらかじめ、彼岸やお盆の時にどのくらいかかり、命日の時はどのくらいかかるのかを聞いておくと事細かな金額がわかるはずです。

 

それが、法外でない金額の提示をしてくるところを選びましょう。

 

選び方はさまざまありますが、以上の3点を基本にすれば、変なところにお願いして失敗することはなくなるでしょう。

 

永代供養先を選ぶ前に自分でも試算したり、見学に行ったりして目で確かめておくことも大切です。

永代供養ってどんなもの?費用はどれくらい?

永代供養の言葉は良く耳にしますが、さて具体的にはどんな仕組みになっていて、どうすれば利用できるのでしょうか?

 

また、気になる費用もあわせて検討していってみましょう。

 

永代供養、選ぶべきか他の選択もあるのか

とても便利の良い都会で生活をされていて、近くにお墓も持ちたい、と言うのでしたら予算はたっぷり必要です。

 

ですが地方での墓地探しは、場所によっては都会の半分以下のお値段で立派な墓を持てます。

 

地方で暮らし、見てもらえる親族縁者がまとまって暮らしているのなら地元にしっかりしたお墓を建てるのも選択肢の一つです。

 

永代供養の費用はまちまち

こういってしまうと参考にならない、と思われるかも知れませんが、永代供養料金はまちまちなのです。

 

とはいえ、平均とされるお値段はあります。

 

最初から、故人のお骨をまとめて土に還して一斉に供養をする「合祀」と言われる方法のお墓は10万円位から。

 

個々で棚を設けて、壺も分けて一定期間安置し、供養し、定められた年数が経過した後合祀する場合は30万から50万が平均的な相場と言われています。

 

で、前述の家墓ですが、地方の公営の墓地にシンプルな墓石を建てるなら、50万でも可能な場合がありますのでお参りできるなら費用上は併せて検討されても良いのでは。

 

永代供養も「供養」です

それぞれが定める回数、法要が行われます。

 

その際はお布施をお包みしますので、預けたまま、という訳ではありません。

 

また、生前に予約をすると

  • 入会金、
  • 年会費、
  • 別途入檀料金

の発生する場合もあります。

 

地方のお墓、誰も見れないので改葬して永代供養にしたい、とお考えの場合、もし墓の掃除などの管理面のみが気になるのでしたら墓参り代行業も近年増えています。

 

ざっと調べますと、1万ちょっとからで見てもらえるようです。

 

今ある墓をそのまま大事にするのも、個人的には一つの考えかなと思います。

 

勿論、永代供養の墓地もどんどん全国に増えていますのでこれから新たにお求めの場合は良い出会いがあるでしょう。

永代供養の中身、ちゃんと確認して選びましょう

永代供養と書いてあるからには、一度入金したらそのお金でずっと見てもらえるものだ、なんて思い込んで内容を確認しないと、後で予定外の出費につながる場合があります。

 

契約内容をよく確認しましょう。

 

不明確な点があれば、契約前にしっかり確認して選びましょう。

 

永代供養の選び方、そのポイントは

出来れば母体がしっかりした団体のものを選ぶ。

 

霊園の開発中に予約を募っていても、残念なことに施工途中で破産してしまっては大変なのでここは重要です。

 

出来るだけ安心できる、運用実績が長いお寺や団体を選びましょう。

 

立地も勿論重要です。利便性や環境など、しっかり確認して気に入ったところを選びましょう。

 

中身もしっかり比較してください

例えばパッと見で並べた時に目につく金額が安かったとしても、~年契約更新とか管理費別途~円などと書かれていて、よくよく比較したら一見安いところが長期的には高い。

 

なんてこともあり得ますので、内容はじっくり比較検討して、分かりにくい個所はしっかり問い合わせてから決めましょう。

 

生前は年会費なども定められている霊園もあったりします。

 

また、最初から合祀墓にするので安価な設定の永代供養プランと、一定年数個別に棚に収めて供養するので比較的しっかりしたお値段の供養プランの差もあります。

 

合祀墓に祭ってしまうと、もうお骨を返却して貰えません。

 

土に還すように最初からまとめて仕舞う方法だからです。

 

供養に求める形によって、最初からさっぱり合祀墓にしてしまうか、一定期間は個別の骨壺状態での供養をして貰うかは選択しましょう。

 

宗派は大丈夫?

このお寺の雰囲気が気に入った、と思っても永代供養の申し込みの為には入檀しなければならない場合などもあります。

 

また、説明に宗派問わずとあっても、それは「これまでの宗派は問いませんが、こちらに入檀してもらう」という内容であったりします。

 

希望するお寺の宗派が違う場合はしっかりと確認はしましょう。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


失敗しないための 選び方講座 関連記事

 

永代供養が始まった頃は、納骨堂という建物が建てられ、壁に納骨社の名前を刻んでいくというものが多くみられました。他にも、ロッカータイプと型式のものがあり、一人ひとり区切られたスペース内に納骨されます。また、地下に納骨し、地上に供養塔として建てているお寺も多くみられます。きちんと管理されて安心このように、永代供養はきちんとしたお墓があるわけではありませんが、納骨堂の中で他の人と一緒に収められているため...

 
 

永代供養は、お墓の管理や供養をお寺がまとめてやってくれるので、今までのように毎年みんなでお墓参りをするということまでは必要ありません。お寺によってさまざまお参りの時期や供養の仕方は、お寺によって違うようです。一般的には、春と秋のお彼岸と、お盆を合わせた年3回おこなうケースが多いでしょう。お寺の行事には、自由に参加出来ることもあるので、タイミングが合えば一緒に参加してみてください。また、お寺の行事以...

 
 

永代供養は、少子化の時代に相応しいものになってきました。自分でお墓を管理したり供養したりしなくても良いので、とても良いようにも思えますが、気をつけなければならない注意点もいくつかあります。そこで、永代供養をお考えのたかに、どんなドラブルが発生する可能性があるのかご紹介していきます。永遠に供養される訳ではないこれはよくあるトラブルですが、永代供養という名前から連想すると、「永遠」とか「永久」に亡くな...

 
 

お墓のことを考えなくてはいけなくなったときに、「永代供養」と「永代使用」についての話が必ず出てきます。言葉は似ているけどこの2つは言葉こそ似ていますが、まったく違うものです。必要になった時、その話をされても以外とピンと来ない場合が多いと聞きますので、今から少しでも知識として持っておいた方がいいでしょう。供養をお願いできる永代供養「永代供養」とは、子どもがいなかったり、お墓の面倒を見てくれる人がいな...

 
 

永代供養をお願いする場合は、必ずお寺などに費用を支払わなくてはいけません。その際に気になるのが、費用の問題です。永代供養は、個人個人で年数やプランによって金額が変わってきます。お布施は必要?お墓をすでに持っている場合、納骨堂に納骨するだけで収める場合、合葬墓の場合などによって永代供養料を収めます。ですが、ここにお布施を別途支払うべきか迷ってしまうこともあるでしょう。このような場合、基本的にはお布施...

 
 

一般的な法要には、さまざまな種類があります。人が亡くなってから通夜・葬儀があります。その後に49日の法要、亡くなってから初めてのお盆(新盆・初盆と呼びます)と続きます。そして、一周忌・三回忌・七回忌とあり、十三・十七・二十三・二十五・二十七・三十三・三十七・五十と続くのです。永代供養で行われる法要これはあくまでも一般的な埋葬をし、子孫が法要をしてくれる場合です。永代供養で行われる法要の種類は、通夜...

 
 

お墓を持たなくても遺骨を収めることができます。それが納骨堂を利用するという方法です。永代供養をお願いする場合は、納骨方法は3種類あるのでそこからどの形式がいいかを選ぶことになります。合祀の方法もある1つ目は、遺骨を全て骨壷から出し、一所にまとめて土に還す方法です。いわゆる「合祀」や「共同墓」または「合同墓」と呼ばれる収め方になります。まったく縁もゆかりもない人たちと一緒に埋められることになりますの...

 
 

永代供養は、現代の問題である晩婚化や少子化などでお墓の管理・供養で困っている人たちにとっては素晴らしいサービスとなっています。しかし、いくらいいものだと言っても、メリット部分もデメリット部分も存在します。その点を理解した上で、利用するかどうかを決めましょう。どんなメリットがある?メリット部分としては、次のことが挙げられます。・管理・供養をしてくれるのでお墓参りをしなくてもよくなる・宗教の面で問われ...

 
 

お寺や納骨堂などに永代供養をお願いしたいと考えている場合、申込み資格などのようなものがあるかどうかを疑問に思っている人もいることでしょう。故人のお墓などを管理・供養してくれる親族や家族がいる場合は申込みが可能で、独身者で親族が遠方にしかいないなどの場合は、申し込めないのでしょうか。依頼する理由は人それぞれ基本的に、どのような人でも申込みが可能です。例えば、子どものいない世帯や、承継者がとだえること...

 
 

一般的な供養の仕方と永代供養を比べると、格安でお願い出来ることは確かです。それは、墓石代がかからないという面だけではありません。管理や供養のために出向いたり、供物やお花の費用といった面などの総合面から見ての話です。かかる費用はどんなもの?永代供養をお願いする場合、下記のような料金がかかってきます。・永代使用料・永代管理料・永代供養料・納骨費用・遺骨引取料・開眼(新しい仏の霊を迎え入れることです)こ...

 
 

永代供養料の内訳の中に記載されている「管理費」とはいったい何を意味するのでしょうか。ほとんどの場合が、合同墓での供養となるのにいったい何を管理するのかと不思議に感じる人もいるかと思います。合同墓で供養されることになっても、その場所を時管理するためにはさまざまなものがかかってくることを考えてみましょう。必ず必要となる経費お墓でも納骨堂でも、供養するための場所を管理しなくてはいけません。永代供養の管理...