葬儀費用の相場は、189万円弱ってほんと?

全国的な葬儀費用の平均は189万円弱、このように相場は決まってますから、見積もりと比較して高い安いを判断すればよいでしょう。

 

葬儀費用を安く上げたいと考えることは悪いことではありません。

 

相場と比較して、削るべき所は削るべきなのです

 

全国平均の葬儀の費用とは?

日本消費者協会が実施したアンケートによると、葬儀費用の全国相場は188万9,000円となっています。

 

しかし、葬儀費用の相場が全国一律ではないのは御存知の通り。

 

結婚式にかける費用には大きな地域差があるのと同様、葬儀費用の相場にも地域差があります。

 

とりわけ高くなっているのが、関東北部や中部地方。

 

こちら場合、葬儀費用の平均は200万円を超えてきます。

 

一方で、葬儀費用の平均が低いのが、四国地方。

 

こちらでは葬儀費用の平均は134万円程度となっているのです。

 

葬儀費用の内訳と、それぞれの相場を考える

次に、葬儀費用の内訳はどのようになっているのでしょうか?

 

葬儀一式費用が122万円、飲食接待費用が34万円、寺院費用が45万円、これが葬儀費用の内訳です。

 

葬儀一式費用には、遺体の搬送や通夜、告別式、火葬に必要な費用などが含まれています。

 

これらの費用は相場がありますから、そう上下するものではありません。

 

大きく変わってくるのが祭壇料や装花料など。

 

葬儀社が用意しているプランは3通りほど、その中から選ぶことになるのですが、それが高いかどうかの判断はつかない。

 

そんな場合に頭のなかに合計で100万円強という相場が入っていれば、祭壇料や装花料で調節ができます。

 

葬儀の費用に糸目をつける、何となく後ろめたさを感じてしまいますが、実際にお金は無限にはありません。

 

相場以上にするのか、以内に収めるのか?その判断材料としても、葬儀一式の費用の相場が100万円程度。

 

この相場は覚えておくべきでしょう。

 

葬儀費用を節約するのは気が引ける?

次に飲食接待費用なのですが、こちらには通夜から精進明け(落とし)までの飲食費用一式が含まれます。

 

この場合、通夜にしても精進明けにしても、飲食1人1回あたり4,000円が相場。

 

全国平均から見ると40人ぐらいが、通夜から葬儀まで参列してくれたという計算になります。

 

後は寺院費用について。

 

日頃から付き合いがある、寺院があるならば別ですが、葬儀社に依頼するとこの程度の費用がかかってくるものです。

 

さて、大体の相場が把握できたならば、後は葬儀社から見積もりを取って選ぶことになります。

 

葬儀の費用を節約するというと、何となく後ろめたさを感じるものです。

 

しかし、葬儀費用に相場はあるものですし、割高な葬儀社も存在するもの。

 

それだけに、事前に葬儀社を決めるのに見積もりをとっておくというのは、決して悪いことではありません。

 

逆に、何の材料もなしに葬儀社を選ぶほうが相当なストレスとなります。

 

そのためにも、大体の相場を把握することは重要なことなのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


葬儀費用の相場は、189万円弱ってほんと? 関連ページ

葬儀の場で親戚としての服装に相応しいものって?
葬儀の服装アクセサリーはどこまで良いの?
葬儀の服装でシャツ選びに注意するべきことは?
葬儀の服装マナーを考えた女性のスーツ選びのポイント
葬儀の服装ですが、タイツはダメなんでしょうか
葬儀の服装ですが、ハンカチはどんなものを持参すれば良い?
葬儀の服装に合う髪型はこちら。髪型のNGポイントなどもご紹介
葬儀の挨拶など喪主が気を付けることアレコレ
葬儀の受付を任された時、または受付を済ませる際の注意
葬儀の時間はどれくらいかかるもの?
葬儀の服装にエナメルパンプスはダメと言われます。
葬儀の際に喪服以外で気にすべきはエプロンの色。白?黒?
葬儀のお車代ってどれくらい?そもそもお車代って必要なの?
葬儀で必須お布施の金額の本当のところはどうなの?
葬儀のお別れの言葉は大切です!弔辞を頼まれた時に注意すべき点
葬儀に着ていけるスーツが無い!グレーでも大丈夫なの?
葬儀のスーツは黒っぽければ少しストライプが入ってても良い?
葬儀をしてはダメな日があるとは知りませんでした。
葬儀業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。
葬儀でトラブル!問題回避の為に事例を知ろう
葬儀の場でネイルは駄目と分かっているんだけれど。
葬儀でのネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点
葬儀の「よくある質問・疑問」に答えます
葬儀社ランキング見極めのコツをご紹介します
葬儀の場の装いワンピース着こなしのコツ
葬儀の挨拶状を出す際の注意点は?
葬儀の案内文はどんな内容を書くもの?
葬儀の引き出物をどうしようか迷ったらすぐに葬儀社へ相談を
遠方の葬儀に参列できない場合の香典について
葬儀に数ある花の種類と手配は基本的には葬儀社に任せる
葬儀の開始時間として、一般的な時間帯は?
葬儀に欠席する場合の失礼にならないマナー
結婚指輪は葬儀の場でもOKとされているのですが
葬儀と結婚式のマナーで例えば喪中はどうするの?
葬儀と告別式の一連の流れが知りたい。
葬儀といえば黒真珠という考えは基本的には間違っていないのですが
マナーを気にしだすとキリがない、葬儀への参列
葬儀も多様化!参列の断り方で悩む必要はなくなった?
どんな範囲まで葬儀に参列してもらうべき?参列するかは気持ち次第
白いハンカチは葬儀以外でも活躍します
数珠など葬儀の持ち物は、あらかじめひとまとめに
それほど深い付き合いがない取引先の葬儀への対応方法
葬儀の手伝いには、それにふさわしい服装を選ぶ
手土産も供物も、葬儀の際には不要です
葬儀の受付の挨拶といっても特別なことはない
葬儀から初七日という流れが一般的
葬儀の上着に、チェスターコートを1枚
身内だけの葬儀、家族葬は事前の準備が大切です
葬儀社の選び方は、口コミや見積もりを参考にして