どんな範囲まで葬儀に参列してもらうべき?参列するかは気持ち次第

どの範囲の親戚まで、葬儀に参列してもらうか?

 

明確な決まりはありませんが、目安となる範囲は3親等、そこから調節をして参列して欲しい人に声をかければいいでしょう。

 

では葬儀に参列しなくてはならないのはどの範囲か?

 

こちらにも正解はないのです。

 

どこまでの範囲に声がけするかの決まりはない

葬儀の日取りが決まったら、近しい人々に連絡を入れるもの。

 

では、近しい人々とはどれぐらいの範囲なのか?と考えると結構難しいものです。

 

まず親族なら3親等以内、亡くなった方の子ども、孫、叔父・叔母、甥・姪、これが一応の範囲の目安。

 

これらの顔ぶれの中から、生前の親しさの度合いを考えて範囲を広げたり、狭めたり。

 

そんな風に考えながら、葬儀の参列者を決めていきます。

 

どこまでの範囲に声をかけなくてはいけないとか、これ以上の範囲に声をかけてはいけないとか。

 

そんなものはありません。

 

自分が故人だったなら、誰に参列してほしいか?

 

そんな想像力を使って、葬儀に参列してもらう人に連絡を入れるのです。

 

これに加えて故人の友人や勤務先、近所の人にも連絡を入れる。

 

友人については特に仲良くしていた数人、勤務先ならば上司、近所の人ならば自治会長。

 

こちらは非常に限られた範囲だけで良いもの。

 

なぜなら、友人や勤務先といった人たちは、それぞれ自分の範囲で声がけをしてくれるもの。

 

これで、葬儀の参列者が決まります。

 

一方でよくある家族葬の場合、こちらは葬儀の参列者の範囲がぐっと狭いのが特長。

 

声掛けの範囲は、親族のみとなるのが一般的です。

 

どの範囲まで参列するかは、気持ち次第

では、どこまでの範囲で葬儀に参列すればいいのか?これも結構難しい問題です。

 

これも、参列しなくてはいけないという決まりは特にないもの。

 

基本的には、自身の気持ち次第ということになります。

 

資料によると参列する・しないの差は、故人と面識があるかどうか、もしくは故人が友人の親などの場合。

 

これらがそれぞれ30%強となっていますから、一般的にも参列者の気持ち次第とされています。

 

他にデータにあるのが、連絡が来たときのみ参列というケースが20%強。

 

推測となりますが、これは増えつつある家族葬に参列するという場合でしょう。

 

そもそも、家族葬の場合は連絡が来ない限りは葬儀に参列しようがないという性格のもの。

 

ですから、参列する側の気持ち次第という参列の原則はここでも有効と見ることができます。

 

どこまでの範囲の人たちの場合だったら、葬儀に参列すればよいのか?

 

これについては、気持ち次第、故人をしのびたいならば参列するという考え方で良さそうです。

 

明確な答えもタブーもないものだから

以上のように、葬儀に参列する人の範囲をどこまでにするのか?については明確な答えはありません。

 

そして、参列すべきではないというタブーもないのです。

 

個人の立場で考えて、参列してほしいと思うならば声がけをする。

 

自身が参列すべきと考えるならば、足を運ぶ、これでいいのでしょう。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク


どんな範囲まで葬儀に参列してもらうべき?参列するかは気持ち次第 関連ページ

葬儀の場で親戚としての服装に相応しいものって?
葬儀の服装アクセサリーはどこまで良いの?
葬儀の服装でシャツ選びに注意するべきことは?
葬儀の服装マナーを考えた女性のスーツ選びのポイント
葬儀の服装ですが、タイツはダメなんでしょうか
葬儀の服装ですが、ハンカチはどんなものを持参すれば良い?
葬儀の服装に合う髪型はこちら。髪型のNGポイントなどもご紹介
葬儀の挨拶など喪主が気を付けることアレコレ
葬儀の受付を任された時、または受付を済ませる際の注意
葬儀の時間はどれくらいかかるもの?
葬儀の服装にエナメルパンプスはダメと言われます。
葬儀の際に喪服以外で気にすべきはエプロンの色。白?黒?
葬儀のお車代ってどれくらい?そもそもお車代って必要なの?
葬儀で必須お布施の金額の本当のところはどうなの?
葬儀のお別れの言葉は大切です!弔辞を頼まれた時に注意すべき点
葬儀に着ていけるスーツが無い!グレーでも大丈夫なの?
葬儀のスーツは黒っぽければ少しストライプが入ってても良い?
葬儀をしてはダメな日があるとは知りませんでした。
葬儀業界を改革!ティアの挑戦に驚いた。
葬儀でトラブル!問題回避の為に事例を知ろう
葬儀の場でネイルは駄目と分かっているんだけれど。
葬儀でのネクタイ選び、色や柄、締め方、気を付けるべき点
葬儀の「よくある質問・疑問」に答えます
葬儀社ランキング見極めのコツをご紹介します
葬儀の場の装いワンピース着こなしのコツ
葬儀の挨拶状を出す際の注意点は?
葬儀の案内文はどんな内容を書くもの?
葬儀の引き出物をどうしようか迷ったらすぐに葬儀社へ相談を
遠方の葬儀に参列できない場合の香典について
葬儀に数ある花の種類と手配は基本的には葬儀社に任せる
葬儀の開始時間として、一般的な時間帯は?
葬儀に欠席する場合の失礼にならないマナー
結婚指輪は葬儀の場でもOKとされているのですが
葬儀と結婚式のマナーで例えば喪中はどうするの?
葬儀と告別式の一連の流れが知りたい。
葬儀といえば黒真珠という考えは基本的には間違っていないのですが
マナーを気にしだすとキリがない、葬儀への参列
葬儀も多様化!参列の断り方で悩む必要はなくなった?
白いハンカチは葬儀以外でも活躍します
数珠など葬儀の持ち物は、あらかじめひとまとめに
それほど深い付き合いがない取引先の葬儀への対応方法
葬儀の手伝いには、それにふさわしい服装を選ぶ
手土産も供物も、葬儀の際には不要です
葬儀の受付の挨拶といっても特別なことはない
葬儀から初七日という流れが一般的
葬儀の上着に、チェスターコートを1枚
身内だけの葬儀、家族葬は事前の準備が大切です
葬儀社の選び方は、口コミや見積もりを参考にして
葬儀費用の相場は、189万円弱ってほんと?
葬儀の場にふさわしい、男性用バッグはない?
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第
通夜、葬儀と進むの告別式の流れは葬儀社次第