このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
最終更新:

 

熟年離婚の主な原因の一つとして挙げられることも多い「モラハラ」。

 

具体的には、夫婦間のどのような行為を指しているのでしょうか。

 

また、実際にそのような行為があった場合はどう対処すべきなのか。

 

話題の「モラハラ」について、熟年離婚という観点から考えてみました。

 

裁判所の調査によれば、熟年離婚の原因として「精神的な虐待」を挙げている方が多いようです。

 

これは、いわゆる「モラハラ」。

 

正式には「モラルハラスメント」のことで、夫婦間のみならず親子間などでも問題になることが多い行為です。

 

離婚原因で多い!「モラハラ」って何?

具体的にはこんな行為がモラハラに該当しますので、みなさんもご自身やパートナーの行動に思い当たるところがないかチェックしてみてくださいね。

 

  • 無視する
  • 不機嫌なふるまいをする
  • 人格を否定するような暴言を吐く
  • 嫌味を言う
  • 嫌がらせをする
  • 相手を否定してばかりで、認めようとしない
  • 平気で嘘をつく
  • 過剰に束縛する

 

女性の場合は生理前などはこのような態度をとりやすい傾向があるのではないかと感じますが、行き過ぎると「モラハラ!」と言われて熟年離婚の原因になったりしますので注意しましょう。

 

夫から妻へ。妻から夫へ。どちらもあり得る

モラハラは、力任せの暴力とは違って、非力な女性でも加害者になる可能性があります。

 

自分ではそんなつもりではなかったのに、相手はひどく傷ついていた・・・というケースもありますので、誰もが時々は自身のパートナーに対する言動を振り返ってみる必要があるでしょう。

 

例えば、「相手が失敗した時にため息をつく」とか「わざと大きな音を立ててドアを閉める」とか。

 

機嫌が悪かったりケンカ中だったりするとやってしまいがちな行為ですが、これも広い意味では「モラハラ」に含まれてしまう行為です。

 

そのほか、「人前で相手のことを悪く言う(「ウチの嫁は料理が苦手で」など)」というのもモラハラ。

 

見方によっては謙遜なのですが、それを言われたパートナーがどんな気持ちになったかが問題です。

 

このような「そんなつもりはなかった」が積もり積もって熟年離婚に発展する可能性もありますので、「パートナーは家族だけど自分の所有物ではない」という意識を強く持っておくことが大事です。

 

「これはモラハラだ!」と思ったらどうする?

パートナーからモラハラを受けていて、それが熟年離婚を考えざるを得ないようなヒドイものである場合。

 

離婚に際して慰謝料を請求できるかもしれませんので、弁護士や法テラスなど専門家に相談しましょう。

 

その際、モラハラの証拠となるような物があれば話を進めるのがスムーズです。

 

例えば以下のようなものを準備しましょう。

 

  • 暴言を録音したもの
  • 暴言や、物にあたっている様子を録画した動画
  • 人権を否定するような内容のメールやLINEのトーク履歴
  • モラハラの記録を残した日記

 

ただ、こういった証拠を第三者に開示するということは、ある意味ではパートナーを裏切ることでもあります。

 

相手の行動は本当にモラハラか?単なるじゃれ合いやケンカではなかったのか?自分には非はなかったか?・・・今一度、振り返ってみてから行動を起こすことをオススメします。

 

【まとめ】モラハラは、被害者にも加害者にもなり得る

ここ数年で一気にメジャーになった「モラハラ」という言葉ですが、人を人とも思わないようなその言動は時として相手の自尊心を深く傷つける凶器ともなり得ます。

 

熟年離婚で争われるテーマとしても認知度が高まっていますので、改めてその内容について確認し、「自分も気づかない間にもモラハラをしてしまっていないか」「自分が受けているのはモラハラではないか?」と我が身を振り返ってみましょう。

 

  • モラハラは熟年離婚の原因の上位にランクインしている
  • 夫から妻、妻から夫の両方のパターンがあり、場合によっては慰謝料を請求できる
  • 慰謝料を請求したいのであれば、証拠を残しておくべし

 

たとえ家族であっても、相手の人格を傷つけるようなことがあってはいけません。

 

モラハラがあるのであれば、熟年離婚という最悪な結末を迎える前にお互いにちょっと距離を置いたほうが良いかもしれませんね。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

永代供養の総合情報

スポンサーリンク