介護リフォームで、最初に手を付けたい階段

階段は家の中最大の障害物ですから、介護リフォームでも最初に手を付けたくなる場所です。

 

そして様々な階段のリフォームの方法があるのですが、役に立つのは介護リフォームの補助金。

 

上限は20万円ですから、ご利用は計画的に。

 

階段は屋内最大の障害物

加齢やケガのために、体が不自由になってしまうと、以前は何とも思わなかったものが、大きな障害になってしまう。

 

こんなケースはよくあるもの。

 

介護が必要な状態になって初めて、家の中は障害物だらけなことに気付くのです。

 

それらの障害物の中で、代表的なものといえば階段でしょう。

 

ですから、介護が必要な人でも階段を利用できるようなリフォームは、様々なタイプが用意されています。

 

最もポピュラーかつ、コストが掛からないリフォームと言えば手すりの取付。

 

今すでに、階段に手すりがついているのに、どうして介護リフォームで手すりを取付ける必要があるの?

 

こんな風に考えられがちですが、手すりで重要なのは使う人に合わせた設置が成されること。

 

介護リフォームで手すりを取り付ける場合は使う人。

 

そしてケアマネージャの意見を聞いた上で、適当な高さでの設置が必要となってきます。

 

階段の介護リフォーム色々

もっと大掛かりな階段の介護リフォームとなると、階段の傾斜をゆるくする。

 

こんなタイプのリフォームも近年は盛んです。

 

スペースに余裕があるなど、厳しい条件をクリアしなくてはなりませんが、傾斜が少し緩くなる。

 

これだけでも、ずいぶん階段が使いやすくなるもの。

 

スペースが充分にない、しかし階段は生活に必要とか、車イス生活になってしまったとか。

 

こんな場合に使われる介護器具が昇降機。

 

近年では昇降機もずいぶん進歩して、使わないときは収納できたりするコンパクトタイプも登場。

 

介護が必要な人のためだけでなく、それ以外の人にも有用な工夫がなされているのです。

 

もっと小規模な階段の介護リフォームならば滑り止めの取付けや、カーペットを貼る。

 

こんな介護リフォームもおこなわれています。

 

補助金の上限は20万円

さて、これらの階段のリフォームが、介護が必要な人のためのものならば、現在は補助金が用意されているもの。

 

要介護もしくは要支援の認定を受けていること、介護保険に加入していること。

 

そして介護を受ける必要がある人が、居住している家をリフォームすること。

 

などなど、様々な条件があるのです。

 

そして、これらの条件をクリアしていれば20万円までの介護リフォームが1割負担で可能になるもの。

 

非常にありがたい制度なのです。

 

ですから、階段の介護リフォームも助成金でおこなってしまえば、介護が必要な人も快適に暮らせる。

 

そんな、住まいが完成するということになります。

 

加えて、20万円を上限としている介護リフォームの費用ですが、これは数回に分けての利用が可能。

 

1回目は階段にすべり止めを付ける、2回目は階段に手すりをつける。

 

こんな風に、介護の度合いの進行に合わせたリフォームにも対応しているのです。

永代供養の総合情報

スポンサーリンク